むしゃくしゃしてWindows 10にアップグレードした(前向きな)話

どうも私です。

先日のE3でMSが頑張っていた印象をうけております。
Games for Windows LiveじゃないPCゲーミングにも力入れてきてるなーという感想ですね。

まぁーその恩恵に与るには、Windows 10じゃなきゃいかんよねっつー事で、Windows 10に衣替えしてみました。

速攻で後悔しましたが、ここは前向きに考えないといけません。(戒め)

何に後悔したかというと、アップグレード後いくつかのアプリケーションが動きません。まぁーそれは想定内と言えばそうなんですが、動かないアプリケーションの中に、SSDキャッシュ用RAIDドライバが含まれてしまっています。

あ、これ致命的。Steam用のディスクだったりするので、ゲームは全部そこに入っています。アップデート後、エクスプローラからディスクが見えないでやんの。

というわけで、このディスクを救済しないといけませんね、というのが今日のお話。

Adrenaline停止す

まず問題なのは、WindowsからSSDキャッシュで使っていたHDDが見えないことです。
管理ツールのコンピュータの管理を立ち上げて、ディスク管理でディスクを見てみると、該当するディスクは1GBの領域と約1800GBの領域に分かれています。

恐らく1GBの領域がSSDキャッシュの管理に使っていた領域なんだと思います。
で1800GBの領域がWindowsから見えるべきNTFSの領域になるわけですね。

SSDキャッシュを最有効化すればいけるんじゃないかと思って、調べてみたわけですが、まずSSDキャッシュを実現するために使っていたのが、Crucial Adrenaline 50GBという製品です。その管理ソフトがDataplexというソフトらしいんです。このDataplexのWindows 10版をまず探すわけですが、ここで悲しいお知らせが。

【緊急】さらばDataplex(ダウンロードはお早めに)
http://kusup.cocolog-nifty.com/pasores/2015/05/dataplex-3e99.html

配布してないどころか、閉鎖しとるらしい。確かに、URLで示されるサイトにアクセスしても、返事がない。

というわけで、SSDキャッシュの最有効化は諦め。別の方法でデータを救出しなくては。

testdiskでデータを救出する(失敗)

先日のファイルサーバ騒ぎで覚えた(ってか、先日のファイルサーバ騒ぎはブログに書いてなかった気がするな…)testdiskというツールを使ってファイルを救出しようと思います。

ここで大事なこと。救出されるデータは基本的にゲームだけです。ほぼ全てのゲームはSteamを通じて再ダウンロード出来ます。なので、死ぬほど大事なデータではありません。ただ再ダウンロード2TBとかしたくないだけです。はい。

救出元のデータが保管されているHDDは、割と古いWestern Digitalの緑です。あ、これは捨てよう。なので、未開封のWD赤3TBを突っ込んで、そちらにデータを移す作戦に変更です。

testdiskでは、MBRの修復やらパーティーションデーブルの修復、そしでデータのコピーなんかが出来ます。これすごいね。

で、データ救出の方法として、データコピーを選択したわけですが、上手くいきませんでした。理由は、デターコピー先を指定する際に、コピー先のディレクトリを指定するんですが、ドライブの変更方法がわかりませんでした。

前に使ったときは、ubuntu linuxだったので、ドライブレターの概念がありませんから、問題なかったんですが、困ったものです。

testdiskで出力先ドライブレターの変更方法を知っている方がいたら教えて下さい。なんとなく、出力先のディスク上から、testdiskを立ち上げれば済むような話っぽいですが、試していません。

testdiskでパーティーションデーブルの修復を試みる

testdiskの本来の使い方はこっちなんですかね?CUIですが多機能で好感が持てます。

今回の問題では、ディスクそのものは壊れているわけではないので、パーティーションテーブルを再構築することで、問題解決も出来そうだなということで、パーティーションテーブルを再構築することにしました。

パーティションの構造はわりと単純になっていて、2つの領域に分かれていて、必要なのはデカい方。こちらのパーティーションをパーティーションテーブルに書き込んであげれば、さっくりOKっぽかったので書込後、再起動。

無事、Windows 10から該当のディスクの領域をマウントできました。

まぁーこのあと、何時間もかけてデータをコピーしていかないといけないわけなんですが、それまでゲームはお預けですね。

と言ったところで、今日はここまで。