ホリパッドFPSプラス for PlayStation4 を買ってみた

注文するまではウキウキだった私です、ども。

いやー注文するまでは、ほんとウキウキだったんですよ、Dragon’s Dogma Onlineで連射機能があると幸せになれるなーって思っていたので。そのDragon’s Dogma Onlineは一気に興醒めしてしまいましたが、品物は届いてしまうっていうね。キャンセルしようにも、Amazon Primeなもんだから、発送が早いのなんの。

というわけで、今日は連射機能を搭載したホリパッドFPSプラスについて書いていこうと思います。

純正より安いが

お値段は純正PS4DSコントローラよりも安い5000円弱の定価に設定されていますが、アマゾン価格で4000円弱ってところです。まぁー今に始まったことではないですが、ホリのコントローラはどうしても純正に比べるとちゃっちー作りになっていて、そのあたりはいつになっても改善されませんね。

wired一択

純正のPS4DSコントローラはBTによる無線通信が基本ですが、このコントローラはUSBによる有線のみです。従ってPS4/PS3/PC以外では利用できないと考えていいと思います。Macにはさしてないからよくわからん。あとPCにはさす予定もないので、設定のめんどくささとかもよくわからん。まぁー使えるでしょうけども。

思いのほか大きい

純正のPS4コントローラに比べると、どうもサイズが一回り大きいと感じます。比較すると、だいたいXBOX 360コントローラと同程度の大きさです。まぁー360のコントローラには慣れているので、さほど問題ではありませんけども。

レースゲームなんかには向かなそう

触ってみて気が付いたことは、L2/R2がほぼデジタルスイッチと変わらんような感じになっていて、レースゲームでシビアなアクセルワークを要求されると、非常に厳しいと思われます。

連射機能はボチボチ使える

これ目当てで買ったわけですけど、連射機能については○△□×のいずれか1つを、連射設定にできます。

連射モードと連射ホールドモードが設定でき、連射速度切替は秒間約5/12/20回の3段階で設定可能です。

まぁーその設定方法がレバーをいじったりで、面倒なんですけども。

純正との私的な比較まとめ

Pros

  • 連射機能
  • 価格
  • 右スティックの感度調整(FPS向け機能)

Cons

  • 作りはちゃっちー
  • 耐久性(おそらく)
  • L2/R2ボタン
  • 十字キーが若干押しづらい
  • イヤホンマイクジャックがない
  • 有線オンリー

と言ったところで、今日はここまで。