Dragon’s Dogma Online 第3話

変な時間に起きてサッカーを見て、さぁー仕事したくないでござる状態の私です、ども。

DDONのプレイ再開から1週間ほど経過しました。この一週間で見えてきた、DDONの粗といいますか、あまりよろしくないところについて書いていこうかと思います。

実はコンテンツ不足

わりとたくさんのダンジョンがフィールドに配置されているけども、その多くがコピペされたような、同じレイアウトのダンジョンだったりで、探索してる気が起きないところが、実にもったいない。

周回必須なCOOPゲー的な雰囲気

レベル62〜の装備クラフトは、材料を自力で掘ってこないといけないわけですが、その材料を集めるために、同じダンジョンを周回する必要があり、なんとも言えない作業感に包まれます。

チャレンジングではなく、ファーミングであるからなおさら。

アップデートと課金ガチャ装備と

今もやっているが、課金ガチャで現在のバージョン2.1での最強武器の1つ下のランクに位置する装備が出るとのこと。

防具の方は最強装備になるとかなんとか。

どうやら今までも、アップデートと共に、1つ前の最強装備を陳腐化される課金ガチャ装備が実装される流れが続いているらしく、苦労して最強装備を作っても、すぐに陳腐化、しかも課金で。それでよいのか?という疑問が。

クラフト素材のインベントリ圧迫問題

バージョンが上がるにつれ、新たなクラフト素材が追加実装されるようだけど、インベントリ枠は増えていかないので、倉庫内の整理と称してアイテムを処分していく必要がある。

ゲーム序盤のクラフト素材は共通化などの変更を行うべき。

この問題は、経験上で言えばDiablo IIIのlow grade gem問題にも似ている。

と言った愚痴

Dragon’s Dogma DAの新規続編とDDONをとらえれば、もったいないなーという印象が強い。

と言ったところで、今日はここまで。
はぁー、働きたくないでござる。