Final Fantasy 15をトロコンしたので総評

FF15は一旦終了の私です、ども。

前回のエントリーでFF15のトロコンが完了したので、FF15の総評・感想をまとめておこうかと思います。

ボリュームは膨大も中身は薄いか

まず触れたいのが、ゲームのボリュームについてです。一般的にオープンワールドゲームでは、プレイ時間は増える傾向にありますが、このゲームに於いてもその傾向から外れることなく、プレイ時間は延びます。

参考までに私のプレイ時間を書いておきます。討伐依頼やらサイドクエストをそこそここなしつつ、メインクエストが終了した時点で49時間ちょっと。

エンドゲームコンテンツに手をだし(全部じゃない)、トロコン完了までに要した時間が110時間(放置プレイの時間も含む)。

それでもまだ未消化のコンテンツが結構あるので、シングルRPGとしてのボリュームは十分すぎるぐらいだと思います。

トロフィー難易度について

トロコンまで110時間を要してはいますが、トロコンだけを目指した場合は、もっと短く済むかと思います。少なくとも50時間程度でも可能だと思います。

でもまー、オープンワールドゲームだし、寄り道とかしちゃいたくなるよね。

難易度ですけど、時間はかかるけども、それぞれのトロフィーの難易度自体は高くありません。取り逃し要素もないですし。

というわけで、私のような人間でもトロコン可能でした。

そういえば、このゲーム。難易度設定がありますが、EASYとNORMALですかね。私は終始、NORMALでプレイしておりましたが、トロフィーに関わる難易度の部分は、1つだけで、それ以外はEASYでプレイしていても問題ないようなので、ゲームが難しいと感じたらEASYでプレイしても問題ないと思います。

ただ私個人としては、NORMALでも結構ぬるいなーと思っていたので(サイドクエストをプレイしていると、メインクエストに対してレベルが過剰に上がってしまう)、NORMALの上の難易度HARDがあっても良かったんじゃないかと思います。

ストーリーはほんと糞、だけどもムービーゲーからの脱却?

ムービーがないわけではありません。ですが、FF7以降のFFタイトルではムービーが多用され、ゲームをしてるのか、ムービーを見せられているのか、わからないっていう状況が、おっさんゲーマーには辛いプレイングになっていました。

しかし、今作においては、ムービーは控えめな印象で、プレイングの大部分でキャラクターを操作している思い出しかなかったので、今作に於いてはムービーゲーではないと感じています。この点については、評価したいです。

ですが、基幹となるストーリーについては、糞であると言わざるを得ません。いろんなところで、ストーリーの考察なんかされてますけど、どこを見ても酷評または酷評に近い評価を下していて、私から見ても全面的に同意しかありません。

戦闘について

FF15になって、ついにバトルにアクション要素がもたらされました。従来のFFシリーズでは、コマンド選択型のシステムの枠内でいろいろと工夫をしておりましたが、コマンド選択型システムの枠からはみ出すことは当然出来ず、結局はキャラクターを強くして「たたかう」コマンドを入力する事を目指すことになり、ついには○ボタンを連打でさっさと終わってくれないかなという願望にまで到達するに至ります。

これが私が従来のFFシリーズをだめだなーと思う要素の1つだったりします。

人によってはコマンド選択型のほうが好きという人もいるでしょうが、私個人としてはアクションRPGに近づけて行った方が嬉しい、そう思います。

そういうなかでのFF15の戦闘はなかなか楽しいものでした。

1人称視点のゲームの場合、剣を振るという動作は、敵との距離感が感覚的に掴みにくいという特性があるため、個人的には1人称視点のmeleeは相性が悪いと思っています。Skyrimとかそうですけど。

一方で、3人称視点のゲームの場合、敵との距離感が掴みやすいので、やはりmeleeなアクション要素がアルゲームは、3人称視点が望ましいと思います。

FF15の場合は、そういった理由で3人称視点の戦闘というわけではないでしょうが、ゲームの特性を考えた場合、マッチしていると思います。

また剣を振る動作などは、○ボタンを押し続けることで、連続して攻撃が可能になっていますが、これは好みが分かれるところですかね。いわゆる無双シリーズのように、C3とかボタンでコマンドを入れていくようなアクションではないですけども、私は悪くないと思います。

E3とかで発表されていたプレイムービーを見たときは、戦闘つまらなそうだなと思っていましたが、実際に出来上がった作品をプレイしてみると、なかなか楽しい戦闘だったので、良い印象を受けました。

不満が残るロードの長さ

オープンワールドゲームとしては、そこまで広いマップでもないと思いますが、結構ロードが長いです。PS4がへたってきてるのか?とも思いました、他のプレイヤーの意見を見るに、やっぱりロード時間は長い傾向にあるのかなと。

このロードの長さの影響で、ファストトラベルがファストじゃないなと思うこともしばしば。またロードを挟むような行動を慎むようなプレイを選択している私がいましたので、ロードの長さがプレイに影響を与えるという面においては、評価を下げざるを得ません。

完璧ではないが良作、ただしストーリーは糞

ストーリーを除いて不満がないわけでもありませんが、このゲームは良作に分類されるゲームだと思います。点数を上げるとすると80点ぐらいですかね。

比較的最近プレイしたAAA級のRPGタイトルと比較すると、The Witcher 3は超えないけど、Dragon’s Dogma: DAは超えたかなって具合ですかね。

The Witcher 3は実に素晴らしかった。

大型タイトルということで、国内でも販売は期待されていたようですけども、実際には期待されるほどの売上げには至っていないのか、結構在庫がだぶついているようで、大幅な割引がされて販売されています。中古だともっと安いんでしょう。

私が購入した時点で、定価の半額でしたから、十分満足感が得られました。

今後もアップデートやら、ストーリーを補完するようなDLCやらがあるようですが、とりあえずFF15はここで一旦うちどめって事で、終了です。

と言ったところで、今日はここまで。