Fishing Planet – day 1

若かりし10代の頃、釣りを決行やっていた私です、ども。

昔から釣りのゲームは幾つも出てはいますが、本格的な釣りシミュレータと言えるタイトルはほとんどありませんでした。

まぁーわりと単調なゲームになりがちなので、仕方ないのかもしれませんがね。

そんな中、SteamのSaleでEuro Fishing Simulatorなるものがセールであるじゃないですか!早速ぽちーっとしようとしたら、既に持っていた件。

というわけで、さっそくEuro Fishing Simulatorをプレイしてみたわけですが、非常に操作性が悪い。そしてわかりにくい。
そんなわけで、Euro Fishing Simulatorの代替のなるタイトルを探してみました。

すぐに見つかりました、その名も”Fishing Planet”

釣りの惑星ですって。

そんなFishing Planetですが、F2Pタイトルとして出ているものの、なんかDLCがすげーたけー。全部買ったら7万円近いじゃないですか、やだー。
そしてレビューを見ると、課金させようとドンドン酷くなっていくというのが多いですね。

ただ釣りゲームとしては、評価高いみたいなので、早速プレイしてみました。

ルアーフィッシングと浮き釣りが楽しめる

基本北米の淡水フィッシングのゲームなようで、スタートというかホームエリアはテキサスの池です。
他のエリアはレベル開放が必要で、さらにプレイにインゲームマネーがかかる。ゲーム内では、旅費って扱いになってますけども。

魚を釣り上げることで経験値が入り、魚を持ち帰ることでお金が手に入ります。

そのお金で、新しい釣り具を買ったり、修理したり、旅費に充てるってわけです。

しかしならが、遠征しても釣果がなければ赤字。わりと資金繰りが厳しいゲームなのかなーと思う次第。

釣りは大きく分けて、ルアーフィッシングと浮き釣りに分かれます。

最序盤は、最初から持っている浮き釣りセットで、ブルーギルなんかを釣り上げて、バスフィッシングセットを揃え、spotted bassを狙うのがセオリーなんですかね。私はそうしました。
そして、お金を貯めてレベルを上げて、遠征に出かけて敗北感を味わい、テキサスに戻るというのが様式美な気がします。

時間はかかれど、まったり遊ぶには課金が必要なような

遠征の費用も高いのですが、そのエリアで釣りをするにはライセンスが必要になるんですね。このライセンスがお金を払わないといけません。
要するに漁業権みたいなもので、1日、3日、7日、30日、そして永久と分かれてます。
永久ライセンス以外は、インゲームマネーで支払えますが、永久ライセンスは課金をしないと難しいです(課金通貨が必要)。

ライセンスはインゲームの1日単位ではなく、リアルな1日単位で計算されるため、遠征の黒字を目指すとなると、ある程度まとまったリアルな時間を使って釣果を稼がないといけません。
逆に言えば、遠征してちょっと釣りして帰ってくると、大幅な赤字になってしまいます。
その赤字を緩和するための永久ライセンスになるので、まったりプレイをするには永久ライセンスだけでも押さえておいた方がよいのかもしれません。

私はしばらく無課金で戦うつもりですけどね。

というわけで、今日はこのへんで終わり。

次は、もう少しゲーム内のことを詳しく書いていくつもりです。
それでは。