Fishing Planet – day 3

どうも私です。
赤字が過ぎるので、金策を考えないといけません。

Texas Lone Star LakeでTrohpy Blugillを狙う

とりあえず最初のエリアで小魚乱獲はどうだろうって事で、Trophy Bluegill狙いで浮き釣りに勤しんでみました。

タックル

竿: TeleFloat 450
リール: CallistoXS 1400
ライン: Braid 0.12mm
針: Hook #8
餌: Red Worms
タナ: 50cm

このゲーム、天候が変化するんですけど、Texasは1日目は必ず晴れるんですかね?
晴れの日の場合、BluegillのTrophy級は11時〜15時に釣れやすいそうで、10時から釣りをスタート。

Red Wormを使っているせいか、Bluegill意外の魚がよくひっかかる。まぁーいいんですけど。

なお、当初ラインはMono 0.12mmを使ってみたんですけど、2回ほどラインを切られたので、Braid 0.12mmに変更してます。

10時〜15時の釣果は63匹。利益は1149-151.2(餌代)で、997.8。経験値は425ほど。

内訳は、
・Trohpy Blugill 5
・Smallmouth Buffalo 2

ってところで、Trophy Blugillが思いのほか少ないですね。攻めるポイントが悪いんでしょうか。

Smallmouth Buffaloがかかるとは思わなかったので、ちょっとビックリしました。

金策って意味では、バス釣りのほうがいいですね。

Missouri Mudwater Riverのリベンジ (鯰釣り編)

先日、なんの準備もせずに挑んだMissouri Mudwater River。
今回は、ちゃんと準備して挑んでみました。

狙うは、Channel Catfish。鯰だそうです。

タックルはこんな感じ

竿: Omni Float 450
リール: CalistoXS 1400
ライン: Mono 0.2mm
うき: Chubby
針: Hook #2/0
餌: Small Cutbait

タナは200cmとってみました。

fish netのサイズがまだ小さく、Total 20Kgまでしか入らないので、そこまで稼げませんが、一応は2日間で黒字にはなりました。5日間プレイすれば、だいぶ黒字になるのかなーとは思います。時間取られますけども。

そんなこんなしてたら、レベルが14になったので、Oregon Falcon Lakeに行けるようになったんですが、旅費が4000+1000/dayとお高いんですよね。2daysだと6000なので、そこまで稼げるのか?疑問なところです。とり、情報収集ですかね。

New York Emerald Lakeでwalleye釣り

NYがわりと儲かるって聞いて、ちょっくらEmerald Lakeへ行ってきました。

狙うはwalleyeっていう名のパーチ系の淡水魚です。

で、問題が。このwalleyeは雨の日によく釣れるらしいのですが、雨の日は4日目。なので4日目まで別の魚を狙う事にしました。

わりとお金がよいらしいのが、Chain Pickerel。Emerald Lakeの桟橋から左側にいるらしく、時間帯が合えばUniqueクラスの巨大なChain Pickerelが上がるそうです。まぁーこちらはそんな上等なタックルではありませんので、かかってしまったら諦めるしかないんですが。

walleye用にタックルをそろえてしまったら、金欠でChain Pickerel用のタックルをそろえられなかったので、Casting Spoon #1/0を投げる事を前提に適当に組んだタックルで臨んでみました。

結論から言うと、結構稼げました。途中、大物がかかってラインが全部もっていかれて、ラインブレイクしちゃうこと3回。もう少し大物用のタックルで再戦考えないとなー。

2日目の途中、Fishing Planetの動画を見てたら、walleyeを夜釣りで釣り上げている動画を発見。ってか、天候が雨じゃねーし、めっちゃ晴れてるし。と言うわけで、2日目の途中ですが時間を進めて、初の夜釣りです。

桟橋から右側がwalleyeがいるところらしく、そちらに向かってNarrow Spoon 7g #1/0を投げつけてみると、あっさりwalleyeがかかるじゃないですか、やだー。

3日目は曇りで、早朝からwalleye。で、外道が結構多く、食いつきも悪い。
うーん、これも夜に切り替えた方が良いのか。というわけで、夜に時間を進めてみると、walleyeの入れ食い状態。あっさりトータル20kgを超える。

4日目は当初狙っていた雨の日。こちらも早朝からwalleyeを狙ってみるも、あれ?夜のほうが食いつき良いし、外道もかからないし、夜のほうがよくね?

というわけで、NYのwalleyeは天候に関係なく、夜に狙うのがよいらしい。

と言ったところで、今日はここまで。