Skyrim Special Edition for Xbox One の全実績解除を達成した件について

かれこれ前回のエントリーから数ヶ月が経ってしまった私です、ども。

先日The Elder Scroll VIの発表がありましたね。ディザームービーが公開されただけですけど。リリースはいったいいつになるのやら。舞台はどこになるのかなー。

と言うわけでTESシリーズを遊びたくなったので、現在の最新作であるThe Elder Scroll V: Skyrimをプレイすることにしました。プラットフォームはXbox Oneで、Special Editionです。いつの間にか持っていました。いつ買ったんだろうか……。

VanillaのUIは辛いぜよ

久々にSkyrimをプレイするにあたって、Xbox One(やPS4)でもMODが入れられると聞いて、MODを導入しようとしたんですけど、MODを入れると実績解除出来ないって話で、まぁーそりゃそうかと納得の上で、Vanilla環境でプレイすることにしました。

まぁーわかっていたことですが、skyrimは画面上にゲームの情報を限りなく少なくして、ゲームに没頭させるという当時の流れに沿った作りなわけですけど、おかげで情報を把握しにくいと言ったらありゃしないです。

例えば病気になったとしても、それが画面を見ただけじゃわかりづらい。それが非常に強力なデバフであっても、魔法選択画面から効果一覧を確認しないとわからないわけで、もう少しわかりやすくプレイヤーに伝えることは出来なかったのかと思うわけです。

あと中盤ぐらいからアイテム欄が酷いことになっていて、PC版のSkyUIがうらやましく感じます。CS版だとSkyUIはMODでも出てないんですよね。あれはMouse&Keyboardを前提としてますから、仕方ないのですけども。

膨大なコンテンツは消化するのにどれだけの時間が必要なのだろうか

いちおうVanillaプレイの目標は全実績解除に据えてプレイしていたので、実績に関わるクエスト関係を優先的にプレイしていたわけですけど、膨大なサイドクエストを残したまま全実績解除を達成してしまいました。

全実績解除までのプレイ時間は、トラッキングデータを見る限り130時間です。

PC版は既にプレイ済みで、以前のプレイから大分時間が経っている事から、どれだけ覚えているのか不安でしたが、以外と覚えているもので、今回プレイしていて「あーそうだったなー」と思い出すことも多々ありました。

しかし、テクニック的な事や実績にまつわる注意事項については、あまり覚えていなかったので、そのあたりはwiki頼りというのが正直なところです。

それなりに効率的にプレイしたつもりですが、それでも全実績解除に130時間かかっている事から考えると、全てのクエストを攻略していくと、一体どれだけの時間がかかるのか、恐ろしいほどのコンテンツ量だと思います。

やっぱり面白い

久々にプレイしたわけですけど、やっぱり面白いです。現状、これ以上の出来のオープンワールドRPGは、Skyrimにmodを入れたものしか存在しないと思う次第です。

Skyrimよりも後に出たThe Witcher 3: Wild Huntとか、Horizon Zero Dawnとかありますけど、好みの問題にもよるのでしょうが、個人的にはSkyrimがNo.1です。少し間を置いてから、Modバリバリでまた遊びたいと思います。

と言ったところで、今日はここまで。