作成者別アーカイブ: rico

TextEditorに思う昨今の事情 2017年版

どうも私です。

私は仕事柄、テキストエディタを使用することが多いのですが、主な用途は以下の通り。

  • メモをとる
  • 数百MB〜数GBのSQLファイルの置換
  • プログラミング
  • テキスト形式のファイルを開いてクリップボードへコピー

テキストエディタは用途によって使い分けしますが、先日メインPCのWindows環境を再構築したので、テキストエディタについても少し環境を変えようかなと思った次第。

用途メモを取る

メモは構造化されたものに限りませんが、ちゃんと考えればmarkdownで構造化していったほうがいいと思うのです。なので、最近はmarkdownのプレビューが可能なatomあたりのエディタを使う事が多いです。

巨大ファイルのオープン

これが今回頭を悩ませている事の最大の問題です。数GBに達するテキストファイルを編集する必要があったりするんですが、今まではEmEditorを使っていました。

が、EmEditorは短期間にバージョンアップを繰り返し、過去のライセンスが使えなくなったり、高額なサブスクリプションモデルに移行したりなど、ハッキリ言って他に優れたテキストエディタがあるなかで、これに固執する必要性が感じられなくなったと言わざるを得ません。ソフトは確かにいいものなんですけどね。

数GBのテキストファイルを編集すると言っても、基本的には置換処理をするだけなので、軽量プログラミング言語をワンライナーで駆使してしまえば、済む話です。その場合は、Windows環境ではなく、linux環境で作業することになりますが、大元のデータはlinux環境下にあるので、大した問題ではありません。

プログラミング環境

こちらはIDE環境だったり、開発向け、開発に強いテキストエディタでいいです。ちょっとした修正ぐらいなら、vimでさっくり終わらせますし。

EmEditor、秀丸エディタの悲哀

インターネット黎明期から存在するテキストエディタですが、ビジネスとして考えたときに、シェアウェアとしてのビジネスモデルには限界があるという事でしょうね。ライバル製品として、優秀なソフトがフリーで使えてしまう昨今、テキストエディタという土俵で有料ソフトとして戦っていくというのは、非常に厳しいと言わざるを得ないでしょう。

それ故に、EmEditorはサブスクリプションモデルを導入したのでしょうが、価格設定を大幅に間違えていると思います。

大昔にシェアがあった、MIFESというテキストエディタがありますが、今ではマニア向け、そう親指シフトキーボードに固執しているような、柔軟性のないジジイ向けの製品に成り下がってしまいました。決してメジャーではない、ごく一部の人向けの製品に。

秀丸エディタの話は最近聞きませんが、EmEditorも同様な道を辿っていくんじゃないかと思うのです。

残念だなーと感じつつも、時代の流れかなーとも思います。

と言ったところで、今日はここまで。

小説家になろう 「無職転生」を読んで

最近ゲームをまったくしていない私です、ども。
じゃー何してるかというと、本を読んでます。小説(ラノベ)を読んでいます。

最近読んだ小説だと、「ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」ですが、面白かったですね。そもそもアニメ版が好きで、原作も読もうと思ったわけ何ですけど、よかったです。

このゲートの感想を書こうとも思ったんですが、まぁー長いこと長いこと。アニメは2クールだったんですが、原作で言うところの3巻まで(文庫版だと6巻?)が映像化されています。原作は本編5巻+外伝5巻の計10巻で、文庫は倍。そりゃ長いよねってもんです。

あらすじなんかはwikiなり調べてもらうとして、特徴的なのは

  • 異世界と現代日本が接続される
  • 異世界はいわゆる中世ファンタジー
  • 異世界の帝国を自衛隊がボコボコにする

っつーところですけども、重要なのは最後の部分。中世レベルの軍隊相と自衛隊が交戦するというところで、ほぼ一方的に自衛隊が勝利を収めます。これがゲートの導入部分になるわけなんですけども。これが昨今にある、異世界モノ+チート属性の走りなんじゃないかなんて言われていたり、言われてなかったり。

あ、今日のエントリーは、まだ前段です。前置きです。

でですね、いわゆる異世界転生・異世界転送モノでも読もうかなと思ったところで、「なろう系」の存在を思い出したんですね。

小説家になろう
http://syosetu.com/

このサイトで、本編完結している「無職転生 - 異世界行ったら本気だす -」をepub形式に変換して読んだんですが、なかなかよかったです。流石にランキング1位ってだけはあります。なお、加筆・修正されているのがISBNついてる本として、リリースされてるようです。そっちは読んでませんけど。

あらすじとしては、34歳無職ひきこもりが、家を追い出されて、途方に暮れたところで、事故に遭い、異世界に転生するところから始まり、優秀な魔術師となって、一生を終えるという感じなんです。いわゆるラスボスを倒して、グッドエンドっていうのではなく、あくまで主人公の一生がメインで描かれています。(と言っても、一生のうち半分。ぐらいまでしか描かれませんが)

主人公は優秀な魔術師とはなりますが、いわゆるチート属性成分は少なめです。そして、転生による知識チートは特段あるわけでもなく、転生によって2回目の人生を歩むことで、1回目の人生を後悔するぐらいです。

ハーレム要素はありますが、まぁーそれはいいでしょう。

ざっくり行ってしまえば、「死んだら、異世界に転生しちゃったんで、2回目の人生がんばります」って事ですかね。
ただ本編の最後を読まないと、「このストーリー、転生って設定いらんのじゃなかろうか」と思うばかり。いや、本編の最後もとってつけたようなものなので、やっぱ転生という設定じゃなくてもよかったんじゃないかと思うところです。

なかなか面白かったので、お暇な方は読んでみるといいです。

なお、Webで読むより、PDFで読んだ方が縦書きだしいいんですけど、非公式サイトでepubに変換して読んだほうが幸せになります。
私は、iBooksで読んでますが、非常に快適ですわ。ありがたや。
「小説家になろうをepubで読む」ってのはググればすぐに見つかります。

と言ったところで、今日はここまで。

仁王 -東北の龍ーについて一言二言

ブログの更新は久々な気がする私です、ども。

最近は相変わらずneverwinerなんですが、少し忙しくなってきたので、neverwinterのほうはペースダウン気味です。
neverwinterの事をブログに書かないといかんよなーと思いつつも、書くこと多すぎてまとまりきらない状態で、2度ほど下書きを破棄して今に至ります。

で今日はというと、仁王です。仁王のDLC第一弾です。というよりは、アップデートに関することを書いていくつもりですが。大きなアップデートがありましたんで、その感想について書いていこうと思います。
続きを読む

Alienation

月末は朝まで仕事をしている私です、ども。

いろいろモニタリングしながら、バッチはしらせたりしつつ、この記事を書いています。

最近は、xbox oneでneverwinterをプレイしているんですけども、その前に書いておかないといけないなと思うタイトルがあるので、今日はそのタイトルについて書きます。

そのタイトルは、「ALIENATION」です。PS4専用タイトルですかね。

2月だかにPSNフリープレイにきてたやつで、私もフリープレイ勢でした。はい。

続きを読む

Dinosaur Huntの感想でも

ども私です。最近、Steam Controllerを手に入れたんですが、まったくもって未使用な状態でした。Steam Controllerを実践投入すべく、なんかゲームがないかなーと探していたら、ありました。糞ゲーが。

というわけで、本日はDinosaur Huntというマイナーなゲームについて書こうかと思います。20170312093259_1

と言っても、そんなに書くことないんですけど。プレイ時間は30分だけですし。

まずこのゲームの特徴から言うと

  • 安い (本体価格98円)
  • トリガーハッピー
  • 実績が1081もある (今日2017年3月現在)
  • そのくせ実績取るのは難しくはない
  • 頻繁にアップデートがあるけど、何がアップデートされてるのか正直わかんない

という感じなんですけども。まぁー安いだけあって糞ゲーです。ただ1つ100円ぐらいのDLCが10個ぐらいあるんですかね?セール時は、そのDLCを全部含めて100円ぐらいで買えちゃうぐらいの、安さ爆発。

ゲームそのものは、だだっ広いエリアに放置されて、襲ってくる恐竜を撃滅するっていう、非常に単純なゲームです。

ゲームそのものは気持ちいいものでもないんですが、右下に表示される実績解除の通知がポコポコ現れるのが気持ちいい。そんな糞ゲーです。

Dinosaur Hunt Special Editionなる似たようなゲームを含むDLC全部入りのやつが、購入時に120円でした。全部で3000ぐらいの実績があるぞ。Steamの実績厨にはお勧めです。

Murdered: Soul Suspect のXB1版をクリアした件について

ども、わたしです。仁王はいちおうトロコンして、アプデ&DLC待ちって事で、いったん寝かせてみることにしたんですが、じゃー次に何すっかって事で、先月のPSNフリープレイであった、Alienationっつー、トレハン要素の強いツインスティックシューターをプレイしていました。

で、こちらも一通り進めて、ファーミング状態になってきたので、別のゲームを探していたんです。トレハンが熱いゲームがやりたいなーと探していたんですが、なかなか見つからない。

ふと、ゲームライブラリを見てみると、xbox oneの中に、Murdered: Soul Suspectがあるじゃないですか?Games with Goldで手に入れたんですかねー。以前に一度クリアして、全実績解除しているので、感想なんかはそちらを見てもらうとしてですね、

http://rico.waterblue.biz/2015/02/murdered-soul-suspect%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%82%E3%81%AE/murdered_head

まぁー、xboxの実績稼ぎでもするかっつーことで、プレイしていましたが、ワゴンに積まれるだけはありますね。ボリュームが残念無念。

それでも、前回プレイした時と同様に、8時間ぐらいかかってしまいました。なんでかなー?

と、内容はないですが、今日はここまで。

仁王のトロコンめざして

仁王はいいゲームなのに、あんまり売れてなさそうなのが残念な私です、ども。

さて、前回のエントリーで、仁王をクリアしたぞって書きましたが、引き続き仁王を遊んでいます。トロコンめざしていますが、トロコンまでの最短ルートを考えると、作業プレイになってしまうので、最強装備を目指しつつトロコンを狙う方針で遊んでいます。

というわけで、今日はトロコンと最強装備について書いていこうかと思います。 続きを読む

仁王をクリアしたので感想でも

ども私です。

前回のエントリーでFF15を終わらせて、さて次に何をプレイしようか考えていたところ、KOEI Techmoから仁王なるタイトルがリリースされていたので、どうしようか1日悩んだあげく、DL版をポチってしまいました。リリース直後は評判が安定していない感じだったんですが、わりと高評価を得ているとの情報だったので、購入に至ったわけです。

というわけで、本日は仁王について書いていこうかと思います。

続きを読む

Final Fantasy 15のトロコンめざして 第5話

1週間にわたりFF15をプレイしてきましたが、ようやくトロコンした私です、ども。

結局最終的に残ったトロフィーはスキル関係のトロフィー

  • ノクティス → 釣り
  • グラディオ → サバイバル(徒歩)
  • イグニス → キャンプで料理
  • プロンプト → 写真

上記のスキルだけども、プロンプト以外は意識しないとなかなかスキルレベルが上がらないですね。

まずノクティスの釣りに関しては、ゲーム攻略と直接的に関係がなく、まったく釣りをしなくても、攻略自体に問題が出るわけでもないので、意識して釣りをしないといけません。

次にグラディオのサバイバルスキルですが、フィールドやダンジョンなど歩くことでレベルが上がっていくため、意識しなくてもレベルは上がっていくんですが、それでもレベルマックスに到達はしませんでした。まぁー移動に便利な車だったりチョコボだったりを使うよね。というわけで、気がつけばレベル9でしたが、コントローラを輪ゴムで固定しての放置プレイ6時間で、レベル9から10に引き上げました。

で、イグニスですが、キャンプで料理をしないといけません。しかし、ゲーム攻略中は、キャンプへ寄るという選択肢をとりにくく、宿を利用したくなってしまうわけです。経験値ボーナスも入るし。メインクエスト終了時には、スキルレベル4ぐらいでした。キャンプでの料理はバフボーナスがあるので、攻略するのにも有利に働きますが、メインクエストを攻略する過程において、料理バフが必須か?と言われれば、それはNoです。サイドクエストやら討伐依頼をそれなりにこなしていれば、キャラクターのレベルも上がるってもんで、攻略に問題が発生しにくいんですよね。というわけで、釣りで集まった魚を素材にして、料理をする作業でレベルマックスまで引き上げました。

プロンプトは、勝手に写真撮るだけなんで、ほっといてもレベルカンストします。

このスキル関係のトロフィーは実に作業感にあふれるものでした。

アダマンタイマイ討伐

前回のエントリーから、残っていたトロフィーにアダマンタイマイ討伐のやつがありましたね。

結論から言うと、思いの外弱かったというのが正直なところ。

的の攻撃力はさほどでもなく、ただ硬いという印象で、さほど準備しなくても、倒すだけなら誰でも出来るって感じなんですね。

もっと早い段階で倒してもよかったかな。

と言ったところで、今回はここまで。次回はFF15の総評を書こうかと思います。