カテゴリー別アーカイブ: civilization

Civilization VI ファースト・インプレッション

最近の世間では麻薬はいかん、大麻はいかんなんて話題で持ちきりですが、ついに麻薬に手を出してしまった私です、ども。

麻薬っつーても、法律に触れるようなやつではなくて、Civilizationシリーズの最新作、Civilization VIなんですがね。(以下、Civ6)

というわけで、今日はCiv6の印象を書いていこうかと思います。

横になりながらMacでこのエントリーを書いているんで、SSは無しなんです。
ま、AARってわけじゃないし。 続きを読む

本日発売のCivilization V 日本語版 がどうも怪しい件について

本日10/29はCivilization V 日本語版について

日本語版なんだから、日本語リソース搭載で販売されるわけだけども。
どうやらいろいろとおかしなことになっているらしい。

impressさんのレビューっつーか紹介記事
http://game.watch.impress.co.jp/docs/review/20101029_403232.html

まず気づくのはフォントが汚いということ。購入した上で中身を解析していないので、SSを見ただけの判断だが、どうもフォントテクスチャの調整が不十分である気がする。もしかするとフォントテクスチャ使ってない?

で、最大の肝である、翻訳の質であるが、これがまたレベル低いっつーか、なんつーか。
全体の文調が整っていないようで、外注に出した翻訳のレベルが知れる感はある。
明らかに日本語としておかしい単語であったり、本来の意味を変えてしまう誤訳であったりと、これは正直マズイと思うレベル。

本気で日本のCiv界では「日本語版に日本語化MODを導入する」のが常識になりそうな気配すら漂う。

ちなみに、噂レベルの予測として日本語版には最新パッチが当たらないorリリースされないorものすごく遅れてパッチが当たるという話が飛び交っているが、私の予想ではそれは間違い。
言語リソースは他のデータと分離しており、実行バイナリを含む他のデータと互換性が確保されているので、パッチは順当に英語版と同じタイミングで当たることになるはずだ。というのが私の予想。
なので、サイバーフロント時代の「最新パッチまだかよっ!」っつー話は出てこないと思われる。

Civilization Vの日本語化MODがすごい件について

今年の5月にCivilization Vの日本語版についての予測記事を書きました。
Civilization Vの日本語版についての予測

だいぶ外れている感がありますが、当たっている部分もあったりで、なんとも。
Steamで日本から買えなくなるよ!ってのは当たっていたけど、サイバーフロントじゃなくてイーフロンティアからの販売。ローカライズ担当はTake-Two Japanで、希望で書いた有志のローカライズ公式採用はなし。
会社の規模を考えたらまーそうだよなってところに落ち着きました。
英語版購入者は日本語版のリソースにアクセス出来ないよっという部分は、日本語版が出てみないとなんとも。

日本語版のリリースは今月末なのでその頃にはいろいろと判明するでしょう。

で、だ。
9/22にCivilization Vの日本語化MODについて技術的な課題はパスできそうだよって話を書きました。
と思ったら、翌日ぐらいには日本語フォントキットが出てきたと思ったら、翻訳プロジェクトが開始されちまって、あっちゅーまに翻訳が進んで行くじゃありませんか。私も翻訳に参加しましたが、共同作業の効率化という面で見ると、他のゲームよりも人が集まりやすく、4以前の翻訳サンプルみたいのがあるようなもので、ある程度は翻訳しやすい環境が整っているとはいえ、今回の翻訳スピードを見ていくとGoogleのSpreedSheetを使った翻訳作業は非常に効率的で、今後の主流になっていくのではないかと思う次第です。まだプロジェクトとしては作業が完遂していませんが、このペースなら日本語版が出るまでに完成してしまうでしょう。

たびたび海外ゲームの翻訳プロジェクトが立ち上がっては、人が集まらずに翻訳が進まないケースや、人は集まったがマネージメントに問題があって人が離れていくケースが度々見受けられました。今回のCivilization Vの日本語化に関して言えば、今までのプロジェクトのなかで最高ランクに位置できるほどの成功事例として扱ってもよいのではないでしょうか。

このサイトではアフィリエイトが掲載されているので、お約束としてCivilization V日本語化プロジェクトにはリンクを張りませんが、必要な人はググッてください。どうせ上の方に出てきます。

Civilization V始まったな

個人的に今年一番の期待作Sid Meier’s Civilization Vが北米で昨晩リリースした。
日本はおそらくRest of Worldに入っていると思われるので、24日にリリースされる予定。
ちなみに私はVPNでアンロックしました。アンロックが終わったと思ったら1GBのダウンロードが始まって軽くびっくらこいたけども。

チュートリアルをプレイした感覚だと、Civ4とCivRevの間にいて、どっちかっつーとCiv4よりという印象。うまく説明できないがそんな感じを受けた。

チュートリアルは一応終わってるので、この後本番という事でAARを書きながらプレイしようかと思ってる。
※ただしヘタレかつ手探りなので、難易度はイージーで・・・w

日本語版および日本語化MODについて

ざっくり調べた結果、DLCに日本語リソースを発見する。このことから、日本語版がリリースされるのはほぼ確実と言える。しかしまったくアナウンスがされていないので、どこからいつ出るのかということはまったくもって不透明であるから、気長に待てる人は日本語版を待てばいいと思う。

では日本語化MODはどうか。
リリースから12時間程度しか経っていない時点でだが、日本語化に関する目処はいちおうたっている。
前作の英語版のようにマルチバイト文字が通らないということはないようだ。
日本のCivコミュニティは、やっかいなのもたくさんいるが、規模が大きいのでまーなんとかなるだろう。優秀な人もいるしね。