カテゴリー別アーカイブ: 社会

NHK 時論公論 「がれき受け入れ”拒否”の理由」 を読む

いや、いい記事ですね。

時論公論 「がれき受け入れ”拒否”の理由」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/113992.html

よくまとまっている記事だと思います。

で、記事中で気になった点を引用しますと

町内会長などは、知事と大楠地区の人たちだけで話し合いたいと希望していましたが、ほかの地区や市外からも大勢の人が詰めかけました。予定の倍以上の人であふれ、肝心の地元町内会長たちは会場に入れませんでした。説明会では遠くからやってきた反原発や政治活動のグループが、知事の説明や質疑応答に野次や怒号を浴びせ、地元の人たちが止めてもおさまりませんでした。

ここです。大楠地区というのが、横須賀で瓦礫受け入れ先となる処分場がある地域になります。やはりそうなのかと思うのが、地元当事者以外の連中が騒ぎ立てるという動きですね。

この件に限らず、得てして住民反対運動の参加者の多くは、外部の人間であるというパターンです。横須賀という地域で他の例を挙げるならば、米軍基地の反対運動が挙げられるでしょうか。

横須賀では、米軍基地の撤去を求める人は、ほとんどいないです。土地柄、軍港があるのが当たり前というか、軍港の街として発展してきた歴史もあり、軍港に嫌悪感を示す人はほとんどいないのです。

一方で、米海軍の原子力空母が寄港するとか、原子力潜水艦が寄港するとか、そーいうイベント事が発生すると、基地の付近で反対の声を上げる人たちが出てくるのです。

「あなたたちは、どこの方ですか?」と問いたい気分にさせられますが、関わり合いを持つと面倒くさいので、当然声をかけることなどしませんが、いったいどこから湧いてくるのでしょうかね。

過去を顧みると

昔からこの手の反対住民運動で、政治的な絡みが出てくると、「正義の味方」面したお方がどことなく現れ、頑張っちゃうケースが多いのかなと。

以前、成田に住む方と車のオフ会的な場で、成田の話をしていたときに出た話ですが、成田は空港建設の際に、成田闘争なる大規模反対運動があったわけですね。

現在の成田住人は、もやもやした気持ちを持ちつつも、地元経済は成田空港の依存度が高いので、今更成田空港がなくなっても困るっつー話でした。それでも反対運動をしている人ってのはいるのだけど、地元住民というよりは他所の人がやってるって話でした。

彼らは何処からやってくるのか

かつての住民運動とか、反対運動ってのは、いわゆる活動家と呼ばれる人たちが、当事者の周りを囲むようにいたという印象をもっています。そして彼らは、片手間で活動をしていたわけではなく、活動そのものを専業としてたようです。

彼らも生活があります。飯を食う必要があれば、雨風をしのぐ居住空間も必要です。では、彼らの活動資金はどこから?という疑問も出てくるわけです。

いろいろと考えてみたものの、全体像としてまとまらないので、私の結論は「よくわからない」というところで終わってしまうのですが、こんな本を読めばわかるよー的なポインタを誰か教えてください。

zynga.com open ただしbeta

海外のソーシャルゲーム界隈で、多くのユーザーを抱えるzyngaが、自前のプラットフォームである zinga.com をオープンさせたっていう話

ジンガの独自プラットフォーム「Zynga.com」のβ版がオープン

[GameBussinessJp]
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=5597

zingaはいままでfacebookを中心にサービスを展開していたけど、独自に自分でプラットフォームを作るよっていう話は前からあったけども、結構作るの早かったなーという印象。

zingaのもつサービスは、FarmVille、CityVille、CastleVille等いわゆるビルディング系のソーシャルゲームが多い。この手のタイトルは実に類似品が多いのだが、そもそもzingaの名を知らしめたFarmVille自体が他のパクリゲーであるので、そのあたりはパクってなんぼというところなんだろう。実際にCEOはかつて、「金をかけて開発をするよりパクったほうが手っ取り早い」という趣旨の発言もしている。ソーシャルゲームの世界は、まったくどうなってんだか。

{Farm|City|Castle}Villeに共通するのは、何かをするたびに、行動力ポイントとでも言うか、エネルギーというか、そういうのを消費する。たとえば、木を切ったり、税金を回収したり、畑を世話するごとにだ。そのポイントを回復させる方法が、課金アイテムだったり、時間だったりする。

要するに、時間をかければ無料でも、なんとかなるが、さっさとやりたければ、お金を払ってねという設計なわけだ。

もうひとつ、ゲームを進める上で、隣人と接しなければならない。facebookでお友達と一緒にプレイしてねっていう事なんだが、これが非常にやっかい。zinga.comがまだないときは、フレンドはfacebookのフレンドと同義であるため、まわりに同じゲームをプレイする人がいないと世界が広がっていかないのだ。本当にこれが気にくわない。

ゲームぐらいひとりでさせろよ・・・と思うわけだ。

そもそも、ゲーム性は非常に低く、自分の作った街でも見てニヤニヤ眺めてね、お友達の街をみてうらやましがってね、っていう感じでこれはゲームなのか?と思うこともしばしばである。

ゲーム性を持たして、シングル向けに調整をしたものがあれば、私のツボに入ってくるのだが、そもそものビジネスモデルがソーシャル前提だからなぁー。

今一度思うのが、ソーシャルゲーム界隈に私の楽園はないということだ。

角川グループとAmazon.com 電子書籍の配信契約を締結

これでやっと消費者側から動くタイミングが出てきたかな?

角川グループ、Amazon.com(アマゾン)と「Kindle(キンドル)」向け電子書籍の配信契約を締結
http://www.shinbunka.co.jp/news2012/03/120301-01.htm

電子書籍に価格競争?

確固たる日本のコンテンツプラットフォーマーというものが、電子書籍マーケットで出てこないという現状でとうとう角川グループがアマゾンと契約するに至った。以前から交渉は続けていると公の場で発言していた角川会長であるが、詳細な契約内容は不明ながら記事中には「価格決定権」はアマゾン川が持つと明確に書いてある。この価格決定権について、苦渋の思いで契約に至ったのかは不明であるが、これによって価格破壊が起きそうな雰囲気は出ているのではないかと感じる次第。

ここで疑問に思わなければならないのが、角川がサービスしているBOOKWALKERとの兼ね合いだろう。BOOKWALKERは国内サービスとしては、かなりいいせんをいっていると個人的には思うのだが、価格面で言えばそれほどのインパクトはない。同じ商品(厳密に言えば違うのだろうが)が同じ価格で販売されるのか、価格競争が行われるようになるのか、ここに注目をしたい。

Kindleでの価格決定権をアマゾン側が持つとなると、私の想像ではKindle側のほうが安く価格設定がされると思う。そうなると、BOOKWALKER側で対抗措置として価格改定が行われる可能性も十分出てくる。

正直、大丈夫なのか?という印象を拭いきれない。

あまりの落差によってBOOKWALKERがサービス中止になる事も視野に入ってきてしまう。そこまでBOOKWALKERの状況がひどくなれば、Kindle向けの契約を破棄するという選択肢も出てきてしまうかもしれない。

端末はどうする?

アマゾン側からすると、日本でKindleの正式サービスはまだ行っていないが、どの段階でKindleのサービスを始めるかに注目したい。

そのときのサービスの展開の仕方だが、Kindle Fireのようなアマゾン謹製端末を中心に攻めていくのかという、必ずしもそうではないのではないかという思いも拭いきれない。日本ではサービスの遅れ、代替となる端末がえらく急速に普及している現状で、わざわざKindle Fireのような端末を購入することになるだろうか?それは苦戦するのだろうと予測する。むしろ、Kindleをスマホやタブレットのアプリとして、そちらをメインにサービスを展開していくのではないかと思うのだが、どうだろうか。

他の出版社はどうなる?

角川グループはこのあたりは迅速に動いている印象はあるが、他の出版社はどうだろうか。もちろん、他の大手出版社とアマゾン側との交渉は行われているという話は漏れ聞こえてくるが、この発表により他の大手出版社も流れ込むような動きにはならないのではないか。そんな気がしている。

もちろん、アマゾンが日本での正式サービスを開始するにあたり、「角川グループだけです」ということにはならないだろうが、小規模出版社がいくつか参加という具合で、不十分なボリュームでの見切り発車になるのではないか。というのが、私の予測。この予測は是非外れてもらいたいものである。

クラウド時代と< クール革命> (角川oneテーマ21)
クラウド時代と<クール革命/> (角川oneテーマ21)” /></a></td>
<td valign=角川 歴彦 片方 善治

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-03-10
売り上げランキング : 159021

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2012年2回目の朝生の感想

昨晩の朝生の感想を書いていこうかと思います。なんか朝生の感想を書くの久しぶりだなー。

激論!絶望の国若者の幸福と夢というテーマ。今回のパネリストは若者中心。一部、若者・・?って人も混じってるが、そのへんは考えないでおこう。

東浩紀(早稲田大学教授、40)
井戸実(エムグラントフードサービス代表、34)
猪子寿之(チームラボ代表取締役社長、34)
荻上チキ(評論家、「シノドスジャーナル」編集長、30)
熊谷俊人(千葉市長、34)
宋文洲(経済評論家、ソフトブレーン創業者、48)
高橋麻帆(ピースボート災害ボランティアセンター、32)
千葉麗子(実業家、元女優、37)
夏野剛(慶応大学特別招聘教授<政策メディア研究> 46)
古市憲寿(東京大学大学院博士課程、27)

全体を通して、番組の構図は田原総一郎が「おまえら若者世代はこのままじゃ今以上に貧乏で不幸になるけど、現状に満足しちゃっていいの?」って提起に、「10年20年先は当然不安だけど、目の前の事考えると、けっこう現状に満足してるし、幸せなのかなって」っつーところ。

絶望の国の幸福な若者たち
絶望の国の幸福な若者たち 古市 憲寿

講談社 2011-09-06
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る by G-Tools

前半は古市憲寿さんのこの本をベースに、議論を進めようとしていたのは見えたが、「幸福の定義って何よ?」「ってか、若者はあきらめてるよ」的な、gdgd感満載でお送りしてしまったこと、非常に残念な事に。なんか古市さんは、朝生呼ばれて出てみたけれど、別に言いたいことそんなにあるわけじゃないしー、幸せと思ってるなそれでらよくね?的な投げやり感が80メートルラインを突破し、メダル確定して安堵の表情がなんとも現代の若者らしい感じに包まれていて、ま、こんなものだよねーなんて思う次第です。

MVP 荻上チキ

今回の朝生でのMVPは間違いなく荻上チキでしょう。四方八方に議論が飛ぶあの朝生で、荻上チキの整理力はとても光るものがあります。過去に荻上チキが朝生に出たことあったか記憶が定かではありませんが(たぶん出たことなかったんじゃなかろうか)、次回以降も確実に若手論壇の代表として呼ばれるでしょう。ただ若干残念な気がしたのは、一回り以上年上になる宋文州さんに対してもタメ口であしらう姿が何度もの見受けられ、今回のように若手中心であればなんとなく許される空気の場ならよいでしょうが、(まず出ないけど)三宅久之や金美麗といった御老体にあれをやってしまうと、言論以前に、礼節がうんたらと説教食らう事請け合い。テレビで見ている私が気になったんだから、その場でアレをやられると、桜島のように噴火してしまうのではないかと心配になってしまいます。素なのか、意図的にやっているのかわかりませんが、素であれば気をつけたほうがいいのかなと思います。

ベストアシスト賞を挙げるとしたら、東浩紀。なんか言う、荻上チキに振る、最後にまとめておいしいところ持って行く的な。どうも番組始まる前からずいぶんとお酒を飲んでいたようで、顔がまず赤い。そしてやる気がない。だが、田原総一郎の無茶ブリに対しても仕事を全うする。すてきです。ってかお酒を飲んで朝生に望むとか、過去に聞いたことがありません・・・。大丈夫なのか?

残念な方向にMVP 千葉麗子

あえてワーストと言わない。番組前にパネリストを見た瞬間から、「あ、これはだめだわ」と思ってしまうほどのインパクトを持つ、(元)我らがインターネットアイドル千葉麗子であります。

インターネット黎明期に、千葉麗子の本でホームページとやらの作り方を学んだ人は多いはず。

4893693662 千葉麗子とつくるインターネットホームページ―世界一やさしいHTML入門
千葉 麗子
ビーエヌエヌ 1995-08

by G-Tools

そうでない人にとっては、ナコルルですかね、南君の恋人ですかね、恐竜戦隊ジュウレンジャーですかね。

そんな千葉麗子ですが、株式会社チェリーベイブの代表であり(まだ存続していたんだな)、最近は山本太郎と同じく反原発活動に忙しいお方であります。

昔の千葉麗子(10代の頃)を知る者にとって、時は残酷であると教えてくれる千葉麗子ですが、なんでまーあんなに酒焼けしたような声になってしまったのでしょうか・・・

そんなことは、まーおいといて。朝生でもいろいろと残念な事になっていました。相槌1つとっても、非常にうざいことこの上なく、急に福島の話をしだしたり、人を指さし笑い出すは、いすの上でくねくねして、じっとしてられんのかと画面に突っ込みたくなる動きをふんだんに見せてくれます。

発言1つとっても、馬鹿さがにじみ出ていて、非常に近寄りがたいオーラを発していることが、画面を通してでもわかります。そのあたり流石に思います。

また胸元の開いた服を着ていたためか、千葉麗子がしゃべっているわけでもないのに、なぜか千葉麗子がカメラに抜かれるという、「スイッチャー仕事だぞ!ちゃんとやれ」と言われんばかりの深夜のショットを披露してくださいました。37歳・・・お引き取りください。

まとめ と 次回の展望

今回素直に見れば、荻上チキ回だったねというところでしょうか。ネット論壇、ラジオ論壇では、ある程度の地位を確立している荻上チキですが、とうとうテレビにも足場を固めていくのかと考えると、感慨深いものがあります。

基地探しの観点で見れば、千葉麗子がぶっちぎりすぎて、他を圧倒してしまいました。ピースボートの人にも期待したのですが、こちらは期待外れもいいところです。別のテーマなら力を発揮出来たかもしれませんが、残念でたまりません。

猪子さんは平常運転。

さて、次回ですが細野原発担当大臣を中心に原発の話をまたやるそうで。山本太郎は高確率で出てくるものと想像しますが、セットで千葉麗子が出てきたらほんとどうしよう。そして福島瑞穂とならんでフィーバーしないことを切に願います。

横須賀にも震災瓦礫受け入れを認める人はいるんだよ

震災がれき、処分済みは5%=広域処理進まず-環境省 (時事通信)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012022100650

予想通りというか、実に困ったことです。このニュースを最初に見たのは、Yahooでなんですが、そこについていたコメントも実にアレな感じで、なんでも政府批判のネタにしたいというか、短絡的な人が多いというか。

時事通信の配信では、触れられていませんが、広域処理が進まない理由は、「瓦礫受入れに反対する住民によってなかなか進められない」というのが正解でしょう。私の住む神奈川県は横須賀市もそうです。黒岩県知事が瓦礫受け入れに手を挙げ、横須賀の芦品にある処分場に持って行くと表明した瞬間に、地元住人から大反対コールです。何度か対話の場というのが設けられたようですが、完全に対立する2極が対話をすると言っても、双方の言い分を投げっぱなしジャーマンなだけで、論争にもなりません。双方に理解する意欲がまったくないのですから。

私は広域処理は大いにすべきだし、横須賀に受入れてもなんら文句もないし、受入れるべきだと思っています。ですが、瓦礫受け入れ反対に対する反対活動をしようというモチベーションは持ち合わせていません。

積極的に瓦礫受け入れ賛成活動をするというモチベーションの原動力は何かと問われれば、正義感であるとか、負の共有であるとか、場合によっては利権という言葉に集約していくのだと思います。しかし私はそれらを何ら持ち合わせておりません。そしてそれは大部分の人がそうなんだとも思います。

一方で瓦礫受け入れに反対する人のモチベーションを一言で言い表せば「いやだ」に集約されていくのだと感じています。

その「いやだ」という意識はどのように形作られていくのかを考えたときに、「大型ダンプがぶんぶん走っていくから危険である」「環境汚染による健康問題」等の理由が挙げられる場合がほとんどだと思いますが、それは「いやだ」という感情が先行して理由は後付けなのではないのかと思うことが多々あるのです。こういうのって難しい言葉で表現出来たと思うが、ボキャブラリーに乏しい私には表現できませんでした。はい。

この「いやだ」という感情は、モチベーションの源泉としては十分すぎるほど強力なんだと思います。私も「いやなものはいや」ということもありますから、それは理解できます。

そうすると、「モチベーションの薄い人たちvsモチベーションの濃い人たち」の戦いになったとき、モチベーションの薄い人たちは早々に戦意喪失しますよね。もともとの士気が低いんですから。

そしてもうひとつ問題を挙げるとすると、この手の反対運動というのは本当に声がでかい。声がでかいから、問題意識を持っていない人にとっては煩わしいし、真っ向勝負などしない。はいはいと受け流し、そしてお任せします状態になる。

横須賀“がれき焼却灰受け入れ困難” (NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120221/t10013173481000.html

このニュースではなくて、数日前のニュースでは地元町内会は全会一致で瓦礫受け入れを反対を決めたとあるが、その場に参加していたわけじゃないから想像の範囲でしか言えないが、全員が全員積極的に反対したものとは思えない。が、地域コミュニティの半数ぐらいは鮮明な反対の立場だったとして、残りの人はどうでもいいか、賛成になるはずだが、全会一致です。これは反対じゃない人も反対に回らざるを得ない「空気」に支配されたとのではないかと危惧しています。

今日のところはここいらで締めるが、最後に「横須賀にも瓦礫受け入れを賛成する人がいる」と言うことは記憶にとどめておいてください。

自由報道協会の理想と現実

 先日、自由報道協会が一周年を迎え、それを記念してか顕彰発表があった。(http://fpaj.jp/?page_id=2143)発表は途中まで見ていたのだが、なんだかなーというイメージが先行して途中で見るのを辞めてしまったわけだが、発表後に受賞者一覧を確認するとやはりなんだかなーという印象を強める結果になってしまった。

 なぜそういった印象を受けたのかを、自由報道協会へ対する違和感を交えながら考えていきたい。

 まず、自由報道協会とは何なのかを説明が必要なのかもしれない。簡単に言ってしまえば、日本の報道の大部分は記者クラブという新聞・テレビといった大マスコミで作られるサークルを経由して伝えられる。この記者クラブは、警視庁なら警視庁記者クラブ、国会なら国会記者クラブ、地方へ行くと県の記者クラブという具合に、各々の組織に密着する形で存在する。
 警視庁で記者会見を行う時、主幹は記者クラブの持ち回りで、参加者は記者クラブのメンバーのみで構成される。フリージャーナリストや、新興のネットメディア、週刊誌などの記者はこの記者会見には参加することが出来ないという問題がある。
 民主党が政権を取る前、マニフェストに記者会見をオープン化するという項目があったのだが、実際に開かれた記者会見が実現することは少なかった。
 フリージャーナリストや新興ネットメディアが中心となって、昨年に自由報道協会が設立されることになる。

 自由報道協会の設立趣旨にあるように、理念として自由報道協会はメディアではなく会見の場を提供するだけで、自由報道協会として政治的なメッセージを投げるような組織ではない。また、取材・報道目的であれば誰でも参加することが出来る、とある。実際に、参加は誰でも可能なようだ。もちろん、大マスコミである新聞記者なども参加可能だ。

 だが、自由報道協会に対してマイナスの感情を持つ一般市民も少なくない。軽いジャブ程度に例を挙げると、会見に参加する者のレベルは玉石混淆であり、下のレベルの者が行う質問はものすごくレベルが低い。記者クラブで行われる質問は決してすべてレベルが高いとは言わないし、アホな質問も多々あるが、自由報道協会で行われるアホな質問に比べるとまだましな方だという印象がある。
 基本的に記者クラブはバックの組織をもとに行動しているわけで、上司からこれは絶対に聞いてこいという指令が出ているのは用意に想像できる。一方で、自由報道協会での会見の場合は、フリーだったり新興メディアで経験が浅い者が目立ち、的外れな質問を投げてしまう事が多い。
 代表の上杉隆は、この問題に対して「それは問題ではない。場が与えられ、経験を積んでいけばそのうち解決されていく。」という趣旨の発言をしている。それは確かにそうなのだが、もう少し入り口の所でなんとかならないものかと思う事が多い。だが、私にもその解決策というものが思い浮かばないので、上杉隆が言うように時間での解決を待つしかないのだろう。

 ジャブのつもりで書いたつもりが、ちょっとだけ長くなったが本稿の趣旨からは外れている。そろそろ本題に入っていきたい。

 自由報道協会設立後すぐに、東日本大震災が起こる。そして、福島原発事故が起こるわけだが、そこから自由報道協会がおかしくなったというか、おかしく映るようになったと私は感じている。

 原発事故以前から、原発や放射能に関する話題というのは、イデオロギー色が色濃く出てくる問題である。福島原発事故以降はイデオロギー色は若干薄まった印象を受けるが、イデオロギー色が消え去ったわけではない。
 むしろ今まで関心がなかった人達を、反原発活動に誘う役割を自由報道協会がしてしまっている事に、理念はどこへ言ってしまったのかと感じるところである。

 ここをもう少し掘り下げていきたいのだが、自由報道協会そのものの原発に対する考え方は、「反原発であろうと、原発推進であろうと、喋りたい人がいれば喋ってください」というもので、誰でもウェルカムであると言っていて、そこに嘘はないだろう。
 だが、自由報道協会発の情報を眺めている限り、反原発活動に勤しむ方々の話ばかりが目につく。
 事、原発や放射能まわりの話に限ると、自由報道協会は反原発活動の広報的役割を担っている側面が事実としてあるということだ。これは意図的にこうなっているというわけではないと思う。残念ながら、結果としてそうなってしまっているという事だ。

 その原因について考えるに、皆が考えるほど放射能は危険ではないという立場をとる、例えば池田信夫のような人がいるとする。そのような人は、自由報道協会で会見しづらい空気のようなものが出来上がってしまっていると、感じているらしい。

 実際には数の面で言えば、自由報道協会での会見で反原発的な会見は多くはない。もちろん、池田信夫のような立場をとる会見ははるかにすくないのだが。

 会見の数は多くはないけども、自由報道協会が反原発色に染まってるという印象をうけるのはやはり、自由報道協会の中心的人物の活動が、外から見ると色濃く反映しているように見えてしまうからだろう。今後もこの傾向は続くと思われる。

< <追記>>
まとまりのない文章で申し訳ない。
なかなか考えが整理できていないのが原因なのだけども、今書いておかないと、より整理が出来なくなってしまう事を懸念して、今回書かせてもらった。

自由報道協会の功罪を考えると、ちゃんと功もある。画一的な報道からの脱却という点では、素晴らしい功績であり、賞賛に値する。

しかし、罪も同時に生み出してしまっている事も確かだ。
例を上げれば、バズビーのような人物を宣伝してしまった事だ。

設立趣旨にある理念をいかに守りぬいていけるかが、今後の自由報道協会の評価に繋がっていくのだと思うわけです。

沖縄の米軍基地問題に置ける歪な言論空間

昨日のニュースで新聞紙面だと今日のニュースであるが、twitterだと旬が過ぎた感が出てきたのでblogで書くことにしようかと。そのネタはこれ。

市民団体100人以上がクロネコヤマトなどの配送車を取り囲んで配達を妨害…沖縄
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1686811.html

沖縄の基地移設にからむ環境アセスメントの評価書を政府が沖縄県庁に発想したんだけど、市民団体が運送業者(クロネコヤマト)を妨害して配達を阻止したというお話。

どう見ても「威力業務妨害」です。本当に(ry

ってか普通に犯罪でしょう。なので、犯罪者組織が業者の営業活動を妨害した。とも読める記事であるわけです。

すごいね沖縄。
自らの正義のためなら犯罪すら厭わない。
それがまかり通る沖縄。
そしてそれがおかしいことだと非難しないマスコミ。
いろいろとおかしいね。

基地移設のプロセスにおいて時期尚早との批判もあろうかと思いますが、それに対する反対意見として犯罪行為を行うのはルール違反であるとはっきり言えばよろしい。

イデオロギー的に左右へ分けるのもあれかなとは思うわけですが、どちらかと言えば左向きの方々は何十年経っても成長しないと言うか、アホなんだなという印象を強く感じるわけです。

さて、話を基地問題にフォーカスしますと、沖縄県民の大多数が沖縄の米軍基地に反対をしているかというと、まったくそんなことはないというのが正解です。どちらかというと、反対している人のほうが少ないというのが現状であり、現実であるわけです。ところが、本土の人たちから見ると「沖縄県民のほとんどが米軍基地に反対している」という印象を持っているのも事実としてあるわけです。この現実との乖離は「知っている人は知っているが、あまり関心のない人は現状をよく知らない」というかんじで、多くの人は「関心が薄い」傾向にあるので、結果として「沖縄県民のほとんどが米軍基地に反対している」というのがメジャーな認識となっていると考えられます。

ではどうしてそのようになってしまっているかを考えるに、沖縄の現状をどう知るか?というアジェンダを設定することにしましょう。
マスコミの影響力は年々低下していると言われていますが、それでも現実的にはまだまだ影響力は巨大であると言わざるを得ません。いわゆる全国紙と呼ばれる主要5紙とキー局と呼ばれる在京テレビ局の間に意見の差異はほとんど見られれず、言ってみれば横並び報道が当たり前の状態です。彼らの伝える沖縄の現状は「基地に反対する声」が圧倒的であり、それを見ている人は「ああ、そうなんだ」と思ってしまうわけです。
では、「基地に賛成する声」というものがあるのかというと、「心のなかでは賛成するが、声には出せない」という意見がかなり多くネットで散見できますが、それが主要紙に乗ると言う事は珍しいというか、紙面比率で言えばあっという的に少ない印象です。
まとめると、マスコミは声なき声をちゃんと拾えてなくて、現状を正しく伝えられていないよね。というところでしょうか。

さて、より歪な事になっている沖縄について考えてみましょう。
まず把握して置かなければならないことは、沖縄において(地方だとけっこうそうなんですが)、いわゆる全国紙と呼ばれる新聞は読まれていないという事です。これはFACTAの2007年の記事ですが、都市部に住む人からすると以外なデータが出ています。

朝毎読日経 VS 地方紙のシェア争い
http://facta.co.jp/article/200707008.html

沖縄の新聞シェアは、琉球新報と沖縄タイムスの2社でほとんどを占めていて、5大紙はほとんど部数を稼げていません。沖縄に置ける言論空間で、この2紙が占める割合はどの程度なのかはっきりとはわかりませんが、少なくないと見るのが妥当ではないでしょうか。
この2紙は、明らかに反米軍基地の態度をとっており、いわゆる左翼系の論壇とも近いところにいるわけです。そして多くの沖縄の知識人層に支えられているという構造があるわけです。
また沖縄で米軍基地に反対する意見の人は組織化されており(例えば日教組)、組織で活動をしているわけです。米軍基地賛成の意見をもつ人は、それほど組織化されておらず、声の大きさで言えば圧倒的に小さくなってしまう。逆に大規模組織化されたほうの声の大きさたるや、全国に響き渡るわけです。

さらにマズイことに、政治的な立場が沖縄の経済活動に影響を及ぼす事もあるわけです。
例を挙げて説明すると、A社とB社があったとします。A社はB社よりも上の立場で取引をしています。A社の社長さんは米軍基地には反対です。B社の社長さんは米軍基地による仕事もあるので、反対の立場と言うよりもどちらかといえば賛成側という事にしましょうか。ここで、B社の社長さんは米軍基地に賛成する人たちから署名のお願いをされました。B社長は署名ができるでしょうか?署名したことがA社の社長にバレたら取引停止されてしまうかもしれない。かといって米軍基地がなくなってしまうとそれも困る。悩んだ末にB社の社長は署名をしたわけですが、結局A社の社長にバレてしまい、取引がなくなってしまった。こんな1例があったりするわけです。

また、企業の採用活動にも影響が出ているという話もあります。基地賛成派は採用しませんというケース。逆のケースもあろうかと思いますが、そのケースは目にしたことは、少なくとも私はありません。

こういうこともあって、沖縄ではある意味では基地問題はタブーになっているという現実があるわけです。
こうした歪な言論空間が是正されないかぎり、沖縄の問題ってのはいつまで経っても解決しないと思うわけです。

自炊代行提訴についての雑感の雑感

 先日7人の作家が自炊代行業者に対する提訴の会見を行なっていて、ニコ生でも中継されていたわけですが、タイミングが合わなくてタイムシフトでもまだ見ていない状況な私です。こんにちは。

 twitterの私のタイムラインでは、どちらかというと作家さんの方に否定的な意見が多かったように見受けられます。このブログでも何度か電子書籍周りの話は書きました。twitterでもたまにそんなことつぶやいてました。ですが、今回の提訴にあたり特にツイートをするわけでもなく、ブログになんか書くという事をしておりません。なにせ、会見見てないから、何を行ったのか伝聞で伝わってくるだけで、正確なところを把握してませんので。なので今回の提訴については、特にコメント無しを貫こうかと思います。(今さら会見見ても、タイミングがズレてるよね感が強いので)

 そんな私ですが、なんでまたこのタイミングで自炊代行の話を書こうと思ったかというと、アゴラに面白い記事が出ていたからなんです。それがコチラ

自炊代行提訴についての雑感 — 玉井克哉
http://agora-web.jp/archives/1416605.html

そんなに長い文章でもないし、要約する必要もないので、各自アゴラに見に行って下さい。
感想としては「なるほどな」という感じ。

法的な部分の問題点は福井先生が仰っている通りで、そこに反論の余地はないでしょう。
権利者が正当な権利として、権利を主張するのも間違いではないでしょう。
(会見の中で、装丁がどうのこうの言った人がいるらしいが、自炊代行業者の問題の本質はそこではないし、会見見てないからどういう流れで言ったのかよくわからんから、その点はスルー)

さて問題は(法的な部分を抜きにして)自炊代行業者がビジネスになるとふんだと言う事は、そこに需要があるからとふんだわけです。その需要を支えている欲求はつまるところ、「読者が制約なく本を読みたい」というもので、ここで言う誓約とは読む際に端末が固定されていたり、引用したいのにコピペ出来ないとか、そういう類のものと考えて下さい。

今年は電子書籍元年と言うことになっていますが、蓋を開けてみると「始まる前から終わってた」「で、いつはじまるの?」という状況じゃないかと思います。つまり、品揃えとか、制約が厳しいとかと言った消費者の要求するレベルに、出版社を始めとするコンテンツホルダー側が答えられなかったという現実があるわけです。

消費者欲求として、「PCでもiPadでもiPhoneでもandroid端末でも端末に依存せずに購入したコンテンツを見たい読みたい」というのは決してなくならないでしょう。そして現実として端末依存を避ける最適な解が自炊という事になってるわけです。

「違法な自炊代行業者を無くすには?」の問の答えは「消費者が満足するサービスをコンテンツホルダーが提供する」になります。

では、私が満足するレベルの電子書籍サービスとはどの程度のものでしょうか。ここからは個人的なサービスレベルの話ですので、一般の人との乖離が見られるかもしれませんがあしからず。
※ 雑誌といわゆる書籍では、求めるレベルが異なりますので、ここはいわゆる書籍に限った話になります。雑誌のほうは求めるサービスレベルがぐっと下がります。

1.端末非依存は必須
 iPhoneアプリ形式とかもってのほかで、馬鹿じゃなかろうかと思うわけです。購入した端末でしか読めませんなどとほざくサービスもうんこ過ぎます。PC→androidへの移行は有料ですとか言われると、靴を脱いで投げつけたくなります。PC→PCへの移行が有料という例もありましたね。あほかと。

2.サービスの続く限り再ダウンロード保証
 購入したコンテンツのダウンロードに期間設定されていると、なんだかなーって思うわけです。再ダウンロードが必要な場合を想定したとき、端末のデータが吹っ飛んだとか、端末が壊れたとかそういう事態に陥ってたりするわけですが、それはすぐにやって来るわけではなく、忘れた頃にやってくるわけです。

3.サービス停止の心配をしなくていい
 これはちょっと語弊があるかもしれませんが、どんなサービスでもいつかは終わるものです。それが近い将来なのか遠い将来なのかという話で、遠い将来の話はとりあえず置いておきます。
 一方で今年立ち上がってきたサービスの潜在的利用者を見ていると、「いつ終わってもおかしくない」と感じている人がほとんどに見受けられます。私も同意見です。そんなサービスにお金を払うのはリスクが高すぎます。

このあたりがクリア出来てくると、始めて電子書籍元年が始まるのではないでしょうか。

GALAPAGOSが終わる日(2)

シャープ担当役員、「GALAPAGOSは決して撤退しない」
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1109/16/news150.html

でも終わってると皆感じている。いや、始まる前から終わってると感じている。

まだまだ、新製品を出す気持ちでいっぱいのようだが、サービス側が良くならない限り、苦戦は必死だろう。

前のエントリーで(時間的都合で)かけなかった部分を今日は書いていきたい。

始まる前から終わっていたと思っているのは、ガジェット好きが中心だと感じるのだが、そのガジェット好きがGALAPAGOS購入に動いたかというと、首を捻る。一部のガジェットマニアは、コレクション目的か、応援の気持ちなのかわからないが、購入したという話を聞くが、そんなに数が出ていったという話でもない。

GALAPAGOSは、あくまでGALAPAGOSのストアから購入した書籍を見るだけの端末としてスタートした。
その後、Androidの汎用Tabletになったわけだが、事遅かったとも言える。
それ以外のことを言えば、汎用tabletはiPadの一人勝ち状態が、日本だけではなくて全世界的な傾向であり、tablet市場でシェアを獲得するのは、かなり難しい。
さらに日本独自端末であるから、当然ながら世界的な市場に比べるとマーケットボリュームは小さくなり、開発コストがその分端末価格に厚く乗ってしまう。

ここまで書いてきて、なぜか腹がたってきたので、ここいらで終わりにするが、GALAPAGOS事業を続けるのであれば、入れ物である端末に力を注ぐよりも、ソフトであるサービス側の改善を強く求めたい。

GALAPAGOSが終わる日(1)

 シャープがGALAPAGOS端末の販売を中止するそうだ。

「ガラパゴス」進化せず シャープ、9月末で販売終了 「iPad」に対抗できず
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110915/biz11091510310007-n1.htm

 始まる前から終わってたとも言えるGALAPAGOSであるが、最近はすっかり存在を忘れていてニュースを見て「ああ、やっぱりね」というのが最初の印象であろうか。
 一応、他の販売ルートは残ってるようであるが、近い将来他の販売ルートも終わるであろうし、新たに端末が出てくることもないだろう。

 現時点で、GALAPAGOSは失敗であったと言えるだろう。では、なぜ失敗したのか。このあたりを考えてみたい。

 思い当たる節を列挙してみるとこんな感じだろうか。

  • 紙から端末へのシフト需要を創りだせなかった
  • 電子書籍としてのインセンティブがなかった
  • ガジェット好きが食いつかなかった
  • コンテンツ不足と流通の問題
  • ユーザー独自コンテンツが作れなかった

多くの人は本を紙で読む

 まとまった文量のテキストを読むのは、紙の本で読むのが当たり前。という大前提があり、多くの人は子供の頃からそういう訓練を意識しなくても受けてきている。
 ネットの発達した現在では、ウェブでテキストを読むという行為は一般的になってはいるが、200ページを超えるような新書のような文量のテキストをウェブで読みたいという人は、あまりいないだろう。
 目が疲れるし、栞のような機能があればよいが、ウェブの1ページに本一冊分のテキストが書かれていたら、さぞ読むのは大変であろう。

 PDFといった紙に近いフォーマットを持った形式であろうとも、紙の本に慣れている人からすると、PDFですら長文は厳しい物がある。

 電子端末で長文テキストを読むという行為自体が、「本をよく読む人=本をよく買う人」にとって苦痛なのだ。

 ちなみに私はどちらでもいい派であるが、夜は部屋の明かりをつけたくない性分で、夜間だと端末の光だけで読書が出来るという点で、電子書籍のほうが読みやすかったりするのだが、私の場合ははっきり言って異端であろう。

 GALAPAGOSのような電子端末のターゲットは本をよく読む人であり、そもそも本をあまり読まない人にとって、メリットがあまりない。むしろ端末代の負担が大きくのしかかる。一方で、本をよく読む人には電子化はあまりありがたみがない。
 そもそも需要がなかったのだと言ってしまっていいだろう。

電子書籍のインセンティブとは

 電子書籍が登場しだした頃言われていたのが、電子書籍なら本では実現しなかった事が出来る。例えば、音声ガイドを載せるなり、動画をつけることが出来るとか。目次からチャプターへのジャンプだとか。
 後者は便利であると言えるが、前者ははっきり言って需要がない。

 本の未来をテーマに語るといったカンファレンスを見ていても、本そのものの形態が変わっていくという考えを示したのは、出版業界の先進的な人たちであった。が、実際には変わっていくというムーブメントも作り出せなかった。
 これは、読者がついていけてないとも言える。本を読みたい読者はあくまで「本が読みたい」のであって、音声がついてるとか正直どうでもいい。

 では代わりに別のインセンティブを与えるにはどうしたら良いか。安直ではあるが、価格面で普及を促すという方法が挙げられる。

 現在流通している電子書籍の価格は、同じ紙の本と価格を比較するに、同額もしくは若干安い程度。ほとんどは、若干安い程度になるだろうか。整理すると

紙の本(新品)≧ 電子書籍 > 古本

という具合。古本で手に入るなら、古本のほうが安いわけだ。

 電子書籍の価格設定については、ちと難しい所がある。海外に比べ、日本の(紙の)本は価格が低めに設定されている。これは昔からそうで、業界全体での企業努力と業界のシステムによる所が大きい。
 海外での電子書籍と紙の本の価格比率と日本での価格比率を比べると、海外に比べ日本での価格比率に差が少ないのは、日本では紙の本が安いからというのが理由の1つである。このあたりは以前にも書いた。

 もう1つ理由を上げるとすれば、意外と電子書籍にまつわるコストが掛かっているという点。本を出版するコストを考えると、紙の本では印刷する数に応じてコスト全体が変動するが(印刷費が)、電子書籍の場合ほとんどが固定費である(編集費用)。だが、その固定費があまりに大きく掛かっているそうだ。このあたりは伝聞であるし、なんでそんなに掛かっているのか不思議でならないのだが、そういう事らしい。
 このあたりはまたの機会に再度整理したいと思う。

 この節で何が言いたいかというと、ユーザー側は電子書籍になれば、同じ本でも電子書籍ならば価格面で有利になるだろうと思っていたが、実際にはそうではなかった。ユーザー側のガッカリ感はわかってもらえるだろうか?

コンテンツ不足感に対する訴求力の弱さ

 GALAPAGOSに限らず、他の電子書籍マーケットでも同じであるのだが、「この本屋に行けば、なんでもある」という場所が存在しない。あの本はどこで売っているのだろう?それを自分で探し当てなければならないという残念さ。マーケットが乱立したら、まーそうなるよね。ということだ。

 電子書籍を購入するという行為を考えるに、決算の問題からクレジットカードが必要だったりして、若干の敷居が高くなるのは事実である。だいたい同じような操作で、紙の本をネットで購入することだって出来る。むしろ、ネットで紙の本を探したほうが早いという現実もあるわけで、電子書籍マーケット全体の本の数とamazonが抱える本の数を比較するに、amazonのほうが多いであろうという現実には代わりがない。

 結局のところ、amazonにしてやられるという状態になってしまっている。

 エントリーがまとまっていないが、ちょっと時間がなくなってきたので、続きを近日中に書くとして、今日はここまでとさせてもらいます。