カテゴリー別アーカイブ: 社会

民主党代表選があまり盛り上がらない件

このエントリーは、民主党代表選投票前に書いてます。

本日の昼頃に、民主党代表選が実施されるわけですけど、正直盛り上がってませんね、というお話。
素直に考えると、新しい民主党代表が次の内閣総理大臣になるわけですけど、国会で内閣総理大臣を指名する党代表を指名しない説をぶちあげてる人もいたりと、何か不穏な空気もなきにしもあらずであります。でも、それは可能性は現時点で低くて、実際には物事はそのまま素直に進むんでしょう。

で、次の内閣総理大臣を決める選挙であるわけですけど、盛り上がりませんね。
頻繁に内閣総理大臣が変わっている昨今ですから、まー飽き飽きしてる感があるのでしょうね。

事前の世論調査というかアンケート結果を見ると、前原が頭ひとつ飛び抜けてるデータが出ていましたが、このエントリーを書いている現時点での票読みでは、小沢グループの支持を得ている海江田がリードしているような状況らしい。

まず、世論調査というかアンケートについて言及しておくと、結果から見ると、知名度調査に過ぎないのではないかという印象を受けるわけです。
「鹿野って誰だよ?」的な。要するに中身についてよくわからないから、とりあえず知ってる人を選んでおけばいいかなという結果ではないでしょうか。
結局その程度の関心しかないという事でしょう。

さらに盛りあがりに欠ける要因は、選挙が3日間しかないということで、政策議論がほとんどなされていないことでしょう。
政治の切り替えの時間も惜しいという気もわかりますが、政策議論なしに選挙をやるという事で、盛り上がりが見えないという事ではないでしょうか。

一部で人気がある?馬淵という人。
民主党内では、数の論理で最下位っぽい馬淵ですが、自民党サイドからすると評価が高い(あくまで候補者の中でですが)ようです。
最近では八ッ場ダムがらみで自民党から問責つきつけられて、副大臣を辞任したわけなんですけど、それでも評価が高い感じですね。
今回はダメでも、次以降に注目したいと思います。

さて、ちょっとだけ民主党代表選から話は離れますが、こんな話もちらほらと。

内閣総理大臣は国民が直接選ぶべきであるという話。まー以前からこの手の話は上がりますが、本気でそのように変えようと思ってる人をみたことがないわけです。国会議員だけで内閣総理大臣を選ぶのに不満があるらしいのですが、なぜかそういう人たちは「直接選挙で内閣総理大臣を決めるために、憲法を改正しよう」と言わないのか不思議でなりません。
議院内閣制を否定したいのかしら?とも思えるわけですけど、私は議院内閣制で構わないと思いますよ、ええ。
内閣総理大臣の指名は、日本国憲法第67条に規定されているように、「内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。」とあるわけです。
ですが、自民党でも民主党でも、党のトップが内閣総理大臣の指名を受けるという慣例になっているわけで、「与党のトップを決める選挙=内閣総理大臣選挙」という事になってるわけですね。実際には選挙じゃなくて、密室で数合わせだったりするわけですけど。

毎回、党代表選挙(自民党だと総裁選挙)の実施方法が変わったりで、ちゃんと決まったルールがないんじゃないかと思ってみたりするわけなんですけど、民主党だとサポーターと呼ばれる人に投票権があったり、今回は無かったりと、いちおう一般人にも投票権がある場合もあるわけです(ちなみに、民主党では外国籍の人でもサポーターなら投票権があったりしましたが、今はどうなんでしょう?)。
自民党の最近の総裁選だと、一定の要件を満たした党員にしっかり投票権があったりします。

が、党員だったりサポーターだったり。あまり政治に熱心じゃない人はまずならないでしょう。

内閣総理大臣直接選ぶ論をぶってる人は、是非とも政治形態のグランドデザインを描いた上で、まっとうな意見を出していただきたいものであります。

ちなみに投票は2時間後ぐらいかな?

以上、投票後にまた何か書くかも。

放射能の恐怖とガイコクジン

もう1本、社会ネタのエントリーをしておこうかと。

福島第一原発のニュース関連で海外の記事を見ていると、どうも海外では過剰に反応しているという印象です。同じように外国政府も過剰に反応している印象があり、インドでは日本産の食料品全てを輸入禁止措置に踏み切ったそうです。

一方で、日本国内は海外に比べると落ち着いているというか、混乱はあるものの、まー(自分は)大丈夫でしょう的な反応が強い印象です。ネット界隈を見ていると、逆に騒ぎ立てている人に対して、「今のところ安全なんだからガタガタ騒ぐな」というメッセージが届いていて、ある種混乱を抑制する動きが活発化している印象です。

さて、日本人と外国の人々とのこの温度差は一体なんだ?と考えたときに、放射能に対する理解度の違いがあるのではないかと思うわけです。ここで言う理解度とは、学術的な原子力に対する理解度ではなく、経験的に放射能に対する恐怖を知っているという意味です。

日本は1945年以降、放射能というものを何回か経験しています。広島、長崎、第五福竜丸、最近ではJCO臨界事故もそうです。放射能に対する恐怖は、実体験としてあり、実際に体験した人々は現在も生きていたりするわけです。またその体験談は、教育や情報となって蓄積されているわけで、いざ事故が起こった場合、日本人は程度について考えるわけです。

一方で多くのガイコクでは、放射能を経験したことがありません。すなわち、ガイコクの人々にとっては放射能は未知の恐怖となるわけです。未知の恐怖は無限に膨張していきます。なので、程度を考えるよりも「有/無」で考えがちであると思うわけです。

私は、3.11以前まで核と放射能に対して、世界で一番恐怖しているのは日本人なのではないかと思っていたわけですが、今回の福島の事故を見る限り、まったく逆であった。そう思います。

大連立は不成立の様相だけども、大連立という選択肢も悪くないのではと思う今日この頃

珍しく政治ネタであります。

本題に入る前に・・・
だいぶ以前は、政治ネタをいくつかエントリーしておりましたが、政治ネタを別ブログ(絶賛放置中)に移行してからは、このブログでは政治ネタを扱うことはまずありませんでした。このブログに政治の色を付けたくなかったというのが主な理由です。今後は、ちょこちょこと書いていくかもしれませんが、ちゃんとしたエントリーを書くには、裏をとったり、事実誤認がないか下調べがだいぶ必要で、物凄く時間がかかるため、あまり頻度は高くないと思います。ま、一国民の戯言ですよって。

では、本題です。
震災以降、大連立というキーワードが出てきてます。一度は消え去ったわけですけど、予算成立後に再度話が持ち上がってきました。今日の情勢を見る限りでは、大連立は成立しなさそうではあります。

大連立に前向きな姿勢を示しているのは、民主党執行部と自民党派閥首領クラスという感じでしょうか。逆に若手などは、大連立に否定的な立場をとっているというように見受けられます。

ここで私の立場を明確にしておくと、民主党よりも自民党支持層と考えてもらってよいです。もちろん、自民党の全てを是としているわけではありませんのでお間違い無く。

官邸サイドが考える大連立は、マスコミが言うには、復興担当をする大臣ポストを3つほど用意して、そこに野党議員を入れるという考えのようです。穿った見方をすれば、野党に責任を押し付けてしまえというふうにも見えるわけです。それだと、自民サイドも嫌がりますね。

でも私は、それでも受けるべきだと思っています。
理由は、「どうしようもない法案に対して、閣議決定で署名拒否をすべし」というものです。
復興に関して、いろんなダメな法案が出されるでしょう。それを党に持ち帰って吟味し、ダメなら署名拒否してしまえばいいのです。
もちろん、総理大臣は大臣を罷免する権利を有していますから、場合によっては罷免することもあるでしょう。
しかし簡単に罷免が出来るかというと、そうではないでしょう。(形式的にでも)自らがお願いした立場ですから、罷免を決行した場合、同時に内閣不信任案をたたきつけられるという事になるでしょう。
与党側からすれば、爆弾を抱えるようなものですがね。

まー1次補正まで連立の話は成立しそうもないので、自民党が野党としてどのように活動できるのかを見守りたいと思います。その前に、統一地方選挙がありますね。統一地方選挙に関してはまた今度。

震災で名を上げた人/下げた人

3.11の大地震からもうすぐ一ヶ月を迎えようとしているが、落ち着きは取り戻しつつあるものの、福島第一原発に関して言えば、まだまだ予断を許さない状況が続いている。福島第一原発はしばらくこのような状況が続くのだろう。

福島第一原発の報道とその反応を見ていると思うことがある。
どうやら東京電力も政府も関係省庁も、国民に情報を隠していると考えている人が多いようだ。
そう感じる人はどうしてそう感じるかということを考えるに、いくつか要因があると思う。

  1. 好転しない状況に対しての苛立ちからくるもの
  2. 小出しに出される断片的な情報
  3. 情報を隠していると宣伝して回る一部ジャーナリスト

私が要因として考えたのは、この3つ。他にもあると思う。

確かに原発に関する情報は報道ベースで不足しているとは思う。
原発の今の状況はいったいどうなっているのか、それが情報として十分にもたらされることがないため、不安を煽る結果になってしまっている。それは私も認める。
だが、その情報不足は情報隠蔽が原因かというと、私は違うと思っている。

原発の対処に当たっている作業員は、さぞお疲れでしょう。そして現場は混乱しているでしょう。想定していなかった事態に対して手探りで作業を行わないといけないわけなわけだからだ。
混乱とは、得てして情報が錯綜するものである。いや、情報が錯綜するから混乱していると言ったほうがいいだろう。

福島第一原発では1号機から4号機まで問題を抱えている。それぞれ違う状態であるわけで、それぞれに対して情報を入手して対処を考えなければならい。そりゃ、混乱もするさ。
現場と東京電力本店とどのように情報共有を行っているかわからないが、おそらくそこも上手くいっていないだろう。

一方で、東京電力とすれば、不確かな情報を垂れ流すわけにもいかず、出せる情報も自然と限られてくると私は見ている。
すなわち、情報を隠しているのではなくて、確定的なちゃんとした情報がないと考えるほうが自然だろう。

まぁー東京電力側の情報を整理する能力が劣っている感は否めないが。

さて、本題であるが、twitterのTLを見ていて思うことは、情報隠蔽だと騒いでいるジャーナリストが目立つ。誰だとは言わないが、なかなか異様な光景であることは確かだ。
彼のツイートとリツイートを見ていて、今回の件で一気に名を下げたと感じる。一方で、彼を絶賛するツイートを自らリツイートするものだから、彼を絶賛する者とそうでない者の温度差が激しくなる一方だ。

それから名を下げたと思うインテリ人として、社会学者の人がいる。最近はおとなしいが、一見反原発的なスタンスをとっているかのようだが、訴えたい事以上にウザさのほうが目についてしまう。
彼はスタンダードポジションをとっているつもりなのだろうが、私からみるとかなり反原発的なスタンスに見える。彼のリツイートを見ていると、特にそう感じるわけだが、困ったことに非公式RTを多用するというか非公式でしかRTしないため、数日前に回ったツイートが何度もその社会学者の人からリツイートして回ってくるという、なんともしつこい状況になっていて、本気でリムーブしようかと思ったほどだ。
恐らく本人も条件反射的にリツイートしていて、以前にリツイートしたということは把握していないのだろう。非常に迷惑な話だ。

一方で名を上げた人もいただろう。全て挙げていたらきりがないので、一部紹介するにとどまるが、例えば大前研一氏の分析はしっかりしたもので、非常に納得のいくものであった。
救援物資を届けた芸能人やら、高額の義援金を送った人たちもそうだろう。
でもやはり一番気になったのはこの男だ

2011年初の朝生が久しぶりに活性だった件

いつもより長い放送時間(約4時間)で、やってた朝生を全部見ましたが、新たな試みもあり、新たな発見もあり、なかなか楽しめるものでした。今回は、「激論!萎縮する日本~行き詰まりからの脱却~」をテーマに議論がされたわけだけど、記憶の範囲で感想を書くとにします。
続きを読む

ネット世論と記者クラブメディアと – 今日もゲンダイは元気です

あまりこのBlogでは政治のことを書かないと決めているので、やれ政局とか、民主党代表選の勝敗について触れるのではなくて、それらに関する報道について言及していきたい。

民主党が代表選やる、そして小沢が出るという時点で、私は「はぁ?」という感じで見守っていたわけだが、結果としては地方票の圧倒的な差で菅直人が勝利した。しかしその報道過程において不思議な現象を見ることとなった。
新聞・テレビでの支持は圧倒的に菅直人によっているが、ネットメディアは小沢一郎に支持がよっていたのである。もう少し視野を広げると、週刊誌などの非記者クラブメディアを見る限り、小沢一郎支持の声が大きい。であるから、分けるとするとネット世論or新聞・テレビではなくて、記者クラブメディアor非記者クラブメディアという構図が正しい。

熱烈な小沢応援団を紙面から醸しだす日刊ゲンダイ

こんなに応援したのに

最悪だー

本日もネタを提供していただき、ゲンダイさんには感謝の念が絶えません

なぜこのような現象を生んだのかの考察は長くなるので more
続きを読む

twitterがちょっとだけ面白く感じるようになってきた

twitterに@ricomaruなるアカウントをとってはや10ヶ月。
ほとんど放置してきたわけだが、昨日「博士の異常な鼎談」を見ていて、もうちょっと触ってみようかなという気が湧いてきたので、ぽちぽちとtweetしてみた。

ようやく面白さが理解出来きてきた。

140文字という制限があって、当初twitterの名を聞いたとき、どこが面白いんだと思ったわけだが、使い出すと面白さがわかってくる。逆に言えば使わなければ面白さが分からないっつー類のものなんだろう。

ジャーナリストの津田氏曰く、「つまらないと言う人の殆どが、いくつか虚空につぶやいていて、そこで止まってしまう。それではつまらないのは当たり前。とりあえず最初は100人ぐらいtweetしてみるのがいい。」とのこと。

本格的に使い出したのが昨日なので、twitterペーペーもいいところなのだが、twitter側もぽちぽちとつぶやいて行こうかなと思っている。blog側との兼ね合いもあるのだが、このblogからは政治色を極力排除している。一時期、政治色が強くなってきて、これはどーいうblogなんだと自問自答したことから、政治に関する事は別blogに移す事にしたわけだが、現在そちらは絶賛更新停止中。

理由はというと、政治色が強いエントリーを書く場合、ちゃんと事実関係を把握した上で記事を書かないと行けない。そして論理的に話をまとめ上げた上で、自分の意見を書く必要がある。そうしないと、ただの理解していないお馬鹿さんの妄想垂れ流しとおなじになってしまうからだ。結果として、1エントリー書くのに1時間、下手すると2時間とか3時間とかかかってしまう事がある。これでは重荷になって長続きしない。文章を書くのが仕事の人なら、継続運営できるかもしれないが、一般人にはまず無理。それでも出来ている人はいるが、その人はすごいとしかいいようがない。

twitter上では少し政治色を高めようかと思っている。140文字という制限があるうえに、twitterの性格上、前段を必要としないこともあるから、気軽なのだ。

できればtwitter上で地元政治家と対話してみたいと思うが、如何せんtwitterやっていない。いや、バカのほうはいちおうアカウントあるのか。政治家とオープンな場で一般市民が対話できるってのは実に素晴らしい事だと思うんだ。

羽田-品川間に新幹線構想?

時事通信の配信にて
前なんとか国交相が27日のフジテレビの報道番組で、「品川から羽田へ新幹線を通せないか?」とJR東海に打診したが、現時点では無理と回答されたという。

この前なんとかさんは、馬鹿なの?

品川-羽田間はすでに京急が繋がってるわけだが・・・
なんでそこに新幹線?どうやって通すのさ。。。
新幹線通しても、十分加速できる距離でもないし、新幹線を通すメリットが殆どない。

羽田へのアクセスを改善したかったら、京急に直通運転を打診するとかすればいいじゃない。
思いつきで言ったんだろうけど、誰だってすぐに無駄じゃんって気づくのに、こんな人が国交相の大臣なの?

品川-羽田間に新幹線を通したかったら、来年にリリースされるA9でもやってれば?