カテゴリー別アーカイブ: 突撃

変な餃子を食べに行った お食事編

変な餃子を食べに行った 旅立ち編の続き

餃子を求めて行く先は、千葉県柏市
目的の店は、柏駅の比較的近くの場所。
その名も、餃子小舎(ぎょうざごや)

餃子パフェ、とまー聞きなれないパフェがメニューに並ぶちょいと風変わりな餃子屋さんです。
もちろん、普通の焼餃子などもあるようですが、メニューを見る限りスイーツ系の餃子がいっぱいw

とりあえず、柏へお店へ向かいましょう、ということでお店近くのコインパーキングに車を止めて、いざお店へ。

土曜日の夕方という時間帯だったので、ちょっと込んでるのかなとも思ったけど、外は小雨が降っているためか、店内には女性二人組みがいるのみ。
すいてました。。

店内のテーブル席に通され、いざ注文。
どんなメニューがあるかは、、お店のサイト「餃子小舎(ぎょうざごや)」を見てもらうとして、あたしがオーダーしたのは餃子パフェ。
やはりこれを食べないと始まらない。

一緒に行った、→とゆ。よくばり餃子セットAとBをそれぞれオーダー

しばし店内にある雑誌を手に取り、ブツが出てくるまでおとなしくしている。
お店には、ヤングマガジンが一冊だけ置いてあって、それを手に取ってみたんだけど、なぜか今週のではなく、数ヶ月前のもの。
what’s? why?
よく見ると、、ヤンマガには奇食ハンターというレポート漫画が掲載されていて、この餃子小舎(ぎょうざごや)さんが紹介されているとかで、お店に置いてあるっつーことらしい。
店内を見渡せば、はなまるマーケットで紹介されました、とかTVや雑誌で取り上げられましたっつー張り紙が多数ある。
こういう自慢は好きじゃないんだよなぁー。。。。
とまー、ブツが運ばれてくる間に、奇食ハンターを読んでしまったわけですが、なんかネタバレされたような感じだじぇwww
後から読めばよかった・・・

えーさて、そうこうしてたら餃子パフェが運ばれてきました。
見よ!これが餃子パフェだ!!って、写真を掲載すればいいんだけど、携帯で撮った写真がですね、携帯に不都合なことがあってですね、写真がですね、なんていうか、あれなんですよ、ええ、結論を言ってしまうと、写真が貼れません><

なんてこったい・・・orz

というわけで、写真は奇食界?では有名な奇食の館さんのところで見てね♪

いざ、実食

見る限り、普通のパフェである。一点を除けば。その一転とは言うまでもなく、餃子である。
餃子の中身が気になるところだが、どうやって食べようかとまず悩む。
スプーンはちょっと違う気がする。箸で食べればいいのだろうか、しかし箸でパフェを食べるのもどうかと思う。
といっても、ほかに適合したものがないので、パフェに盛られた餃子だけは箸で食べることにしよう。
箸でパフェ本体から切り離し、餃子を口へ運ぶ

なんぞこれ?

一瞬、口を疑った。舌から伝わる感覚が今まで経験したことがないものだ。
もっとも近いものをあげるとすれば、クレープの類だろう。
生温い餃子の中身と、すこし歯ごたえのある餃子の皮。ちょっとクレープを硬くした感じか。
しかし、餃子の中身はいったいなんだ?
やわらかいものであることはたしかで、どっちかというとネチャっとしている。
これは、、、バナナか。
生暖かいバナナがなんとも微妙な食感をかもし出している。

まずくはないけど、美味しいかというと、素直には答えられない。
何せ、未知の食感だからだ。脳が混乱する。

スプーンでパフェ本体のほうに侵攻すると、「あ、これはパフェなんだな」と脳が判断する。

全体を通して言えば、美味しい。
だが、餃子という響きを忘れないと、頭が混乱してしまう。餃子ということを忘れて、こういう食べ物があるんだぐらいの事を考えれば、美味しく食べられると思う。きっと慣れれば美味しいものだ。

ちなみに、この餃子パフェはセットでアイスコーヒーがつくのだけど、正直アイスコーヒーじゃなくて抹茶が欲しくなった。
抹茶と非常に合いそうだ。

このお店、まだまだ気になるメニューがいっぱいあるので、また行こうと思います。

変な餃子を食べに行った 旅立ち編

しばらくぶりです、Blogを更新するのも。

今年のGWは連休がとりにくいっつーこともあって、微妙な感じではあります。
まー、そこはよしとしよう。
でGWの後半戦に、遠出しようかなーと。

GWの渋滞?そんなもの裏道でぶっちぎってやんよ

でまー、金曜日にその作戦会議を行っていたわけですね。
とある飲み屋で。

でまー、なんつーか。大体の方向性は見えてきたものの、詳細が見えてこないから、次回の宿題ということにしましょう。ということで、会議終了。
行く方向は、新潟方面です。テーマは郷土料理になってます。

とまー、会議はそこそこに終わったわけですが、外は雨。
帰るのかったり~、っつーことで、→の家に泊まってしまったわけです。

次の日、作成会議の続きを始めたわけですが、出るわ出るわ、怪しい食べ物が。
で、一際目を引いたのが、餃子。チャオズじゃないです、餃子です。

神楽坂飯店の巨大餃子でもなく、どっちかっつーと、スイーツ(笑)

場所も千葉県柏市と、そんなに遠くはないので、今すぐ行くっ!と強行軍です。
このへんのフットワークが軽いのが、愛すべき馬鹿達たる所以です。

面子は、いつもの馬鹿達。
あたし、ゆ。、→

まずは、あたしの車を取りに、あたしの家へ。
(ついでに着替える)
横浜から柏方面に行くには、、、、、とりあえず湾岸線で千葉へ行ってしまえということで、首都高湾岸線から羽田を目指す。
K1に乗り換えて、羽田で降りる。で、羽田空港からR357を13号地を通って、進むってことを考えていたわけです。

羽田あたりで迷った(;´Д`)

レーンの罠にひっかかり、羽田空港の循環ルートをぐるり一周してみたり、大井埠頭のあたりをぐるぐるしてみたりで、なんだかんだで時間を費やしてしまったw

市川あたりからカーナビに目的地を投入して、いざ柏へ・・・

めっさ渋滞してる(;´Д`)

あまりにも渋滞してるものだから、時間がかかるわでなんだで、トイレ休憩をコンビニで取ることに。
ついでに、携帯の電池がそこを尽きそうだったから、車のシガーソケットから充電できる充電器を購入。
これで、携帯対策も万全!

そして、また渋滞の中へ旅立っていくのだった

・・・ってところで、→が
「あれ、あたしカバンどうしたんだろ?」
とか言い出す。

今までの行動をさかのぼっていくと、コンビニのトイレに置き忘れてしまったらしい。
土地勘のない地域のコンビニであるけど、カーナビのルート履歴をさかのぼっていくと、大体の場所がわかる。
大体の場所を把握->104でコンビニの電話番号を調べる->お店に連絡->カバン発見される
という流れで、ひとまずカバン問題は解決。

そんなこんなしてたら、時間はすでに17時とか。

つづく

ひさびさの突撃ネタ 宇都宮編

そうだ宇都宮に行こう。ここ数日、思っていたのだけど、ついに実行。
宇都宮、そう餃子の町です。が、狙いはそこじゃないんだな。

とりあえず移動

WoWのRaidを終えた後に出発。
時間にして午前1時半

首都高に乗って、東北道を通って宇都宮を目指すのだけど、途中で眠くなったんで、SAで仮眠を取ることに。
お盆ということで、ちょっと混んでるかなと思ったけど、深夜ということもあり、そこまで多くはなかったけど、SAは半分ぐらい埋まっていたかな、午前3時過ぎの段階で。
普段ならトラックがいっぱいのところだけど、さすがにお盆シーズンということもあってか、一般車両が多いこと。

アイドリング全開で、しばし仮眠。
午前6時に目を覚ましたら、SAは満杯状態。。。w
これはやばいと思ったところで、本線は車でイパーイだろうな・・・なんて思ってたらやはり渋滞気味。
やっちまったと思ったけど、1kmも進めば、すんなり動く。SAで渋滞がおきてたんだな。

で、栃木は宇都宮に到着。
栃木県庁の周りをうろうろしながら、とりあえずコンビニへ行ってみる。この時点で午前7時。

とりあえずパッと入ったセブンイレブンで今回のターゲットを探す。
そう、今回のターゲットは「レモン牛乳」。栃木県民ならなつかしの味らしい。
なんでも、学校給食では牛乳の変わりにレモン牛乳が出されるぐらい、地元には定着しているらしいが、他県の人は存在すら知らない人がほとんど。
いわゆるご当地モノであるが、これは飲んでおかないと!!!!

つーわけで、レモン牛乳を探すわけだけど、牛乳の横にしっかりいました。
関東栃木レモン」が。
関東栃木というのが製造会社の会社名で、商品名がレモンかと思ったら、商品名は関東レモンらしい。なんか複雑なネーミング。
4つほどおいてあったので、4つとも買占め。

栃木で流通しているレモン牛乳はもうひとつあって、針谷乳業と言うところが出している、「針谷おいしいレモン」というのもあるらしいのだが、見つけることが出来ず断念。

関東レモン4つと、冷却用に氷を購入して、いざ帰宅。

午前8時だから、餃子とかたべてらんないw

R4をひたすら東京方面に向かって、首都高上野線から首都高に乗って帰宅。
約300kmの突撃というか、おつかい。

さて、関東栃木レモンを飲してみる。
これがまた甘い。あまい。あまーーーい。
いちおう乳飲料ということだが、レモンの風味とかどこにあるんだろうか・・・
少なくとも酸味は感じられず、事実無果汁
なんとなく、コーヒー牛乳に通ずるものがあるきがする。
へんな飲み物だ。

2007年初走行-初日の出

午前1時に自宅を出発。
この日も、アイドリングに時間がかかる。。。ま、正月だしいいよね。

R357を東に進もうかとも思ったけど、正月っつーことで交通量が多い、っつーか日曜日の昼間ぐらいの車の量。
つーわけで、首都高湾岸からさっくりアクアラインを通って、木更津へ。

なんかしらんけど、ETC車載機の調子が悪いのか、ETCカードがいかれてるのか、アクアラインを通るとき、決済が出来ずにバーが開かない。
すぐに人がきて、カードを渡してゲートのところで決済してもらったけど、やっぱETC車載機がわるいのかなぁー。。。。
出したり入れたりを何度か繰り返して、やっと認識する状態。。。
保証書はあるはずだから、修理に出そうかなとも思ったけど、修理に出すには引っこ抜かないとだめじゃん!
つーわけで、とりあえず放置だな。これは。

木更津からは国道を通って、午前3時ごろに道の駅きょなんで休憩。
このときの気温、-1度。。。さみぃーよ。
毎年元旦あたりには、深夜の時間帯のテレビは朝生が長いことやってるので、ナビは朝生をつけていたけど、このあたりからもう画面が砂嵐状態。
しかたないから、ナビには地図を出してもうラジオ状態ですよ。。。

20分ほど休憩をしたら、館山方面に進む。
で、なんだかんだ進んでいると、館山を通り過ぎて気がつけば勝浦あたりに。

日の出は、日本で一番早く見られる犬吠崎でと思っていたけど、犬吠崎は勝浦からだいぶ距離があり、微妙なところ。

九十九里をひたすら、銚子方面に進んでいるんだけど、日の出の時刻に近づくにつれ、交通量が増えてくる。
おかげさまで、ペースが上がらない!

そうするとどんどん、海側が赤みを帯びてきて、、、こりゃ間に合わないっつーことで、刑部岬とかいうところの手前で日の出を見ることにしますた。
時間にして、6時ごろ。距離にして295km。

なんかここ、海岸まで車で降りることが出来て、すでに日の出を待ち構えている人たちが多数いました。

外は寒いだろうな、と思いつつも勇気を出して車の外に出ると、案外寒くなかった、と思うのは一瞬で、1分も外にいればやっぱり寒い。

というわけで、日の出まで車内で待機。

さー、そろそろ出るか!と思って車外に出て、コンデジ片手に写真撮影。
(まだPCに取り込んでいない)
太陽の頭の部分が見えてから、全部が見えるようになるまではほんの数分。
さっさと撮り終えて、車内へ帰還。

さて、房総半島一周を目標に家を出たわけだけど、ここから銚子方面まで行くのはいいんだけど、テレビを見る限り、銚子方面。。。。人が多い。。。。
銚子からは利根川沿いに西へ戻ることが可能だけど、深夜の時間帯ならまだしも、こうも人が多いとあそこはけっこう込むうえに、ミラーに燦々と輝く太陽がまぶしくて、運転しづらいわけで。。。
さすがに眠気もそろそろ出てきそうだ、っつーことで、東関道目指して帰宅のルートにつくことに。

東関道をめざしなんだかよくわからないところをひた走っていたら、あれです。
なんつーか、チバラギ仕様の族車っつーんでしょうか。
時代は80年代前半なのか!っつーような変体じみた車を多数見かけました。
あれはなんとかならんもんかねぇ・・・・

そう、チバラギといえば、あれです。
利根コカコーラが誇る、あの飲み物。
ジョージアMAXコーヒーを飲まないといけないよね!

というわけで、コンビニで朝食を買うついでに、MAXコーヒーを購入。

この甘ったるいコーヒーがなんともいえない。
1本飲んだら、2本目はもういらない、そう思えるほど甘いこのコーヒー。
なんでこんなん作っちゃったんだろw
なぞだ、チバラギ・・・・

で、なんだかんだで自宅に到着したのは午前10時。
総走行距離 490kmですた。
今回、出発時にガソリンを満タンにして出たわけですけど、おそらく50L使ってないです。
そうすると、燃費換算するとリッターあたり10kmほど走ってる計算になりますね。
やはりドライブは深夜に限る!

秩父ドライブ’06秋

最近、ガソリン価格が下落傾向で、近所のGSではとうとうハイオク134円まで下がってきました。

こりゃ、ドライブに行くしかない!

つーわけで、ドライブに行ってきました。

今回のドライブの目標は、もう極寒であろう秩父であったかいコーヒーを飲む。以上。

その他の目標もなく、ルートも適当デス

出発したのが午前0時過ぎ。真夜中の出発ですね。

秩父へ行くルートは、そんなに多くはなく、下道を通るなら保土ヶ谷バイパスからR16で八王子へ向かって、R299を目指し、R299に乗ったらそのまま直進。R140にぶつかったら、そこが秩父。
これが一番わかりやすいか。
つーわけで、このようなルートを通ったわけですけどっ

八王子を過ぎたら、もうそこは田舎のようなものです。
夜中の交通量なんて、極少です。

つーわけで、R140をぬわんkm/hで駆け抜けてみました

タイヤの性能が追いついてません・・・まぢで

以前に秩父へドライブしたとき、中津川の看板を見つけて進入を試みたけども、通行止めの看板の前に屈辱を味わったわけですが、今回はというと
中津川の手前になんとか林道って看板を発見。
ナビの地図を確認すると、飯盛峠のルートらしく、R299にまた戻るっつー迂回ルート
気になったので、その林道に突っ込んでみました

当然のことながら、あたりを照らす街灯は皆無で、とても真っ暗。
林道っつーから、未舗装路を想像してましたが、そんなことはなく道路は舗装されていますが、コンディションはかなり悪い。
道幅も狭く、路肩には落ち葉や石ころがわんさか転がっている状態。
離合ポイントも少なく、ガードレールもあったりなかったりと、けっこう危険な香りのする道でした。
林道、林っつーことですが、見える木は杉杉杉。杉大杉。
登りの勾配もけっこうあって、カーブもきついので、ここは飛ばさずに安全運転
するつもりでしたが、けっこう踏んでました(;´Д`)

R299に戻りカーブでキュイキュイとタイヤを鳴らしながら、真っ暗な夜道をひた走り、3時過ぎに西武秩父駅に到着。

あたしの記憶だと、その近くにファミリーマートがあったような覚えがあるんだけど、見当たらず。
ナビの地図にも、近くにはセブンが表示されてるだけ。

むー、ファミリーマートでジョージアオリジナル(あったかい)を買うつもりだったんだけどぅー
仕方ないから、セブンへ・・・行ってみたらそのセブンもなかった(;´Д`)

しゃーないので、R140を山梨方面にちょっといったところの別のセブンでジョージアをゲット

コーヒー片手に一服したら。もう目標の100%を達成してしまったわけで、あとは帰るのみ。

帰りのルートはまったくもって考えていないのは、いつもの行き当たりばったりな件

来た道を帰るルートと、山梨に抜けるルートと選択を迫られるわけだけど、来た道を戻るのはどうも好きじゃないので、山梨方面へ抜けてみる。
R140を山梨方面に進むと、雁坂トンネル(有料道路)を通って、石和温泉に出る。そこからR20や中央道に出れるんだけど、R20で帰るのはバカらしいっつーか、トラック多すぎなので、石和温泉からR20をちょっと行って、富士吉田方面にさらに抜ける。
R139で河口湖を目指す。ここはバイパスになってるので、信号もなくすーぅっと進めてGood
河口湖から山中湖へ行って、いつもなら山中湖から道志みちでコーラ休憩をするところだけど
さすがに寒いので、山中湖から素直に御殿場へ

須走を通って、御殿場に到着。
ここいらで、ガソリンが心もとなくなってきたので、給油タイム。

給油をしながら、その先のルートを考える。

R246、東名、乙女峠経由で箱根越えの3ルートあるわけだけど、腰もちょっと痛くなってきたので、高速を使ってさっさと帰ることに。

東名御殿場ICで颯爽とETCレーンに突入すると、、、、バーが開かない!
急ブレーキをかけて、ひやっとする。
ETC車載機と連動しているナビの画面を見ると、ETCカードを認識できないどうのこーの抜かしてやがる・・・
で、スピーカーで「チケット出します、それ取ってください」とのアナウンスが・・・・
ETC割引の時間帯なのに、現金払いです・・・・orz

なんか最近、ETCの調子がわるいのね。
どうもETC車載機のほうが悪さしてるような気がするんだけど、、、、どうだろか?
ネット通販で買ったから、修理・点検に出すのも面倒だし
そもそも、はずすのからして大変だし
どうしたもんかなぁー

そんなこんなで自宅到着は午前7時半。約7時間の行程ですた。

総走行距離は300~400kmぐらい?よくわからん

仁Dごっこ

昨日はWoWのメンテの日。

メンテ中なにをするか、WoWしながら考えつつ、GuildメンにQだしてみたら、仁Dごっこなるお答えが。

赤城のほうは行ったことあるけど、榛名のほうは行ったことないな~と思ったら、もう行くしかない。
いざ、榛名へ。

湾岸から首都高のって、外環から関越ってコースになるはずだったんだけど、ナビはなぜか大宮で降りろという。。。WHY?
ナビの指示通りに、大宮で降りると、、、、深夜なのに渋滞にはまる(;´Д`)
R17で工事してたおかげで、渋滞にみごとはまりますた。

夜10時に家を出て、榛名近辺に到着したのが午前2時半。
4時間半もかかっちゃったよぅ~

榛名町のほうから、榛名湖へ行くルートがあるんだけど(イニDとは関係なさげ)、そこがまた舗装状況がわるく、落石注意の看板だらけ。
けっこう上りの勾配がきつくて、カーブもけっこうきついので、2速キープでずんずんと進んでいく。
落ち葉の状況から、あまり人は通ってなさ感じ。
当然街灯もなく、人気もなく、出会うのはタヌキのみ。

素敵なほど、田舎です。

榛名湖まで出ると、道路が広くなってるけど、やはり街灯はないので、まっくら。

そこから、伊香保温泉を抜けて渋川のほうへ行く。
どうやら、イニDの設定で秋名はこのあたりっぽいかんじ。
真夜中で、まっくらだから、まわりがよく見えないのでなんとも言えないんだけど・・・

33巻に登場する神奈川県H市なら、どこ走ってるかすぐわかるんだけど、さすがに群馬ともなるとよーわからん。
(ちなみに、神奈川H市のコースは、表ヤビツと呼ばれるところだな)

ここで言っておくけど、なにも猛スピードでぶっとばしてきたわけじゃないぞ。
ゆったりとしたスピードでツーリング気分を味わってきただけだ!
(ちょっとスピードは出てるかもしれませんが)

で、渋川に出たところで、もう午前4時。

いいかげん眠くなってきたので、高速で帰還。
フル高速で帰れるはずだけど、やはりナビはまた変なルートを・・・

関越練馬を降りて、環7~R246~環8~第三京浜っつールート
値段は安くつくけど、早朝にもかかわらずR246は混んでるし・・・・

結局家についたのが朝7時半。

もう若くないのだから、無理はいけない。
毎回思う事だけど、なかなか実践できない、あたしバカwwwwww

榛名周辺所感

思いのほか道は楽しくない。まだ、道志みちとかのほうが楽しい気がする。
遠いので、通う気にもならない。
道路状況がクリアならという条件付きだと、箱根のほうがたのすぃな

突撃、蕎麦紀行

日曜日の早朝から、まずはとち君を拾いに横浜市内の駅へ
とち君は、ついこの間までインプレッサSti(改造8ナンバー)に乗っていたので、あたしの車ぐらいなら難なく運転できるだろう、と助手席に座って集合場所で待ってますた。
そしたら、ひょこひょこと現れるとち君。なぜかスーツ姿です・・・
日曜日のはずですが・・・
とち君曰く、「(着替えるのが)めんどくさい」らしい
スーツはビジネスマンのジャージみたいなものと脳内変換して、とりあえず納得しましたが・・・まーどうだろう

とち君運転でいざ出発!
と思いきや、ドンっって振動とともに、いきなりエンスト・・・
マニュアル車は3ヶ月ぶりの運転だとかなんとかで、結局今回の突撃もあたしの運転です

横浜新道-保土ヶ谷バイパスーR16と移動して、ゆ。を拾うんですが、朝9時過ぎ。。。。
とうてい、ゆ。が起きてるとは思えません。
ゆ。の家の近くまで行って、携帯を鳴らしますが、聞こえてくるのは
「お客様の都合により電話に出ることができません」というメッセージ
電話に出る気がありませんの間違いだろうと思いつつ、何度も携帯を鳴らしますが、出ません。

こうなったら最終手段
家の電話のほうへかけて、親御さんに起こしてもらうしかない
つーわけで、家のほうにかけて起こしてもらい、ようやく”ゆ。”と合流です

さて目的地は長野は白樺湖
高速で行くのなら、八王子から中央道に乗って、南諏訪あたりで降りて白樺湖に向かうのですが、そこはケチってみてR20コースを選択。
よく使うルートなので、どこが渋滞するかとか十分把握してるんで、道に迷うこともありません。
ナビに目的地入力しなくてもある程度(南諏訪までは)道もわかってるので、ナビに目的地を入力せずに出発です。

日曜日のお昼前ってことで、サンデードライバーが多いこと多いこと
そしてなぜか、若葉マークをつけた車が多いこと
もうちょっと速度上げてほしいなぁーと思うような巡航速度で、まったりとR20を進む
このときけっこうストレスがたまってます・・・
登山車線を使って、前の車をパスしたりしましたが、すぐに前方の車列に引っかかってペースダウン

結局、目的地に到着したのは午後3時前

やっと蕎麦の話

この蕎麦屋、蕎麦も美味しいのですが、かつては天丼が有名だったお店。
今ではその天丼はメニューからはずされてますが、その理由は”作るの大変だから”です
そう、サイズがでかい。いわゆる大食い系のお店に分類されがちなんですね
その流れを組んでるメニューが、掻揚げ。直径10cmぐらい高さにして20cmぐらいの円筒形に作られた掻揚げのボリュームは圧巻です。

※デジカメもって行き忘れたので、今回も写真なしです
※11ヶ月前にも行ってるので、そちらの写真で我慢してLINK

さてオーダーですが、
あたし:秋の定食10割蕎麦セット+二八蕎麦追加一枚
ゆ:黒天婦羅蕎麦セット+十割蕎麦追加一枚
とち君:掻揚げ丼 蕎麦付き

このとき、とち君には掻揚げのサイズを秘密にしてあります。
道中、おにぎりやら、じゃがりこやらいろいろ食べてましたが、食べきることができるのか・・・

さて、新蕎麦のお味ですが、相変わらず美味しいのですが、去年食べたときほどのインパクトまではありませんでした。
(去年のインパクトが大きすぎたってのもありますが)
ほのかに香る、蕎麦の香り、十割なのに細く切られた蕎麦、なのにボソボソ感はなくコシもしっかりあり、歯ごたえも十分。もちろんノドで味わうことのできる美味しい蕎麦です。
やはり来てよかったわぁー

さて、問題のとち君ですが。。。。
大食い系の鉄則を無視した食べ方をしてしまったため、掻揚げを1/3ぐらい食べたところで、もうぐったり。
しかたないので、元気玉投入です。
あたしと、ゆ。のヘルプでなんとか完食

ごちそうさまでしたっ

さてさて帰りのコースですが、サンデードライバーが多いんで、中央道でさくっと帰ることに

諏訪南ICまでは、いらいらしつつも、中央道に乗ってからはすんなり、そしてまったりと八王子方面へ・・・いくつもりでしたが、日曜の夕方のぼり方面は、小仏トンネルで渋滞するんよねぇ

そこでとった行動は、迂回

大月JCTから河口湖方面に抜けて、山中湖からR413(道志みち)、R412で橋本まで出る作戦

この作戦は、ピタリとはまったのか、山中湖まではすんなり勧めました
が、道志みちはどうしてもスローペース
いつも道志みちは深夜に走ることが多いので、そこそこのスピードで走りますが、そこはサンデードライバー。。。すげー遅い。。。
いらいらしつつ、道志みちを厚木方面に進むんですが、、、、途中で道間違えたっ!

宮ヶ瀬あたりを迷走して、ようやく八王子へ

中央道をそのまま進んでいれば、おそらく8時過ぎに八王子IC到着してたはずなんですが、道志みち経由で行って到着したのは結局8時頃
あんまかわってねぇーw

道間違えなければ、もう少し早くついたと思いますが、まーどうなんでしょうこの迂回ルートは。
厚木方面だったり、我が家の方向だと十分ありなルートっぽいですね

初シオヤ

オートパーラーシオヤ、千葉県下総にある無人の自販機コーナー

そこに行ってきました。

が、先に断わっておく。写真撮り忘れたwwwwwww
というわけで、写真なしでレポートをお届け

2chでも単独スレが出来るほど、人気になってしまったスポットですが、初突撃です。

場所が場所なだけに、高速を使って一気に目的地へ。
湾岸-東関道を通り成田で降りて、県道を一気に。
高速を降りてすぐのところは、ジャスコとかあって栄えてる感じはするんだけど、ちょっと裏に入るとそこはもう田舎。
延々と広がる、畑。ぽつんぽつんとある、民家と寂れた工場。田舎だなぁー。
こういう田舎は好きです。虫がいなければ最高なんですが、まーそれは欲張りな話ではありますね。

深夜ということもあり、県道の交通量は皆無に近い状態。
がんがんアクセル踏めるよぅ~
というわけで、思いのほか早く到着。

写真とか見たい人は、山田屋さんとこのHPで見れるぽ 

で、いただいたもの。
チバラギではおなじみの、ジョージア MAXコーヒー。通称:マッカン、マッ甘
すげー甘ったるい、コーヒーです。黄色のカンが目印。
それから、天そば。冷凍されたソバを急速過熱して、出してくれる自販機のソバです。
けっこう、SAとかにあるあれです。

それから、チーズバーガー。
これまた加熱して出してくれる、自販機のものですが、話によるとここのハンバーガーは、自販機モノとしては、日本で一番美味しいという。
で、食してみると・・・アチーーーーーーィ。アツイ。熱しすぎじゃないかと思える暑さ。ちょっと時間をおけば自然に熱が逃げていくので、食べられる熱さにおちつく。
食してみると、レベル=マックぐらい。ちょっぴりしっとりしてるけど、ちゃんと食せるレベル。

真夜中にハンバーガーが食べたくなったら・・・シオヤへと言いたいところだけど、最近のマックは24時間開いてるところもあるんだよなーw
あたしの家の近所のマックも24時間開いてるし。

到着したのが午前4時半頃。30分ほどいたけど、さっさと帰らないと渋滞に巻き込まれる恐れが。
高速で帰るか、した道で帰るか。

した道で帰ることにしました。

失敗でした・・・_| ̄|○

R51、R357で帰るのですが、R357が朝6時の時点で渋滞。
嵌りました。
平日のR357は朝6時でもうだめだね。
朝6時の時点では、湾岸線はまだすいてるようだったから、東関道から湾岸入ればよかったわ。

まとめ

オートパーラーシオヤですが、昭和の雰囲気(わたしは変換できる)がかもし出される、グッドなスポット。(ただし虫が多い。これはいただけない)
でもまた行きたいな、ここは。

またまた深夜のドライブ

ついこないだ、富士五湖のほうを回ってきたばっかりだけど、またまたドライブに行ってしまったぉ

いくあてもなかったんで、とりあえず首都高湾岸大黒PAで休憩。

21時ごろ大黒にいたんだけど、昨日の晩は早くからお巡りさんが動いてましたね。
ズンドコ系やスポコンは数える程度でしたが、みなとみらいの方にいってるのかな?そっち系は

とりあえず目的地を決めようと、カーナビとにらめっこ。

で決定したのが、、、「雁坂トンネル」

秩父と山梨中心部を結ぶ有料トンネルですね。
長さ6625mと、かなり長いトンネルです。

まずは、秩父まで行かないといけないわけですが、秩父までのルートは
大黒PA~第三京浜玉川IC~環八~よくわかんない道路を通ってR299を通るわけだけど

まず環八の渋滞がひどい・・・
なにやら道路工事やってたみたいで、えらいめにあったわぁ

所沢を過ぎたあたりから、車の量も減ってきて、快適に
適度にくねくねして、なかなかいい道路だっ

R299を通ってると、交通案内の看板に「中津川」って見えたんで、弱い脳味噌フル活用して、どっかで聞いたことあるなぁー
つーことで、中津川方面に寄り道

10kmぐらい進むと、謎が解けた
中津川林道があるところだ!
入ってみたい行ってみたい走ってみたい、とは思ったものの「夜間通行止め」と書いてあるじゃありませんか・・・
しかたなく断念。つーか、この中津川林道、長野県につながってるらしく・・・予定コースから大きく外れますw
来た道を戻ってR299へ。そして秩父へ

ほどなくして秩父に到着したんだけど、そろそろガソリンが怪しいっつーことで、開いてるGSを探すと、駅前のGSが開いてた。
セルフではあるけれどハイオク136円さらに2円引きで134円と、、、神奈川から比べるとかなり安い。
田舎のくせにやるな・・・・

ガソリン注入して、秩父から40kmぐらい離れてるのかな、雁坂トンネル方面へR140をひたすら進む
緩やかな山道って感じで、がんがん進んでいくんだけど、まわりに車がほとんど走ってない
こりゃ快適じゃ

午前3時ごろだったか、雁坂トンネルについたんだけど、通行料710円。ETCは使えない。
ほぼ直線のトンネルなので、飽きるw
感じとしては車線が少ない海ほたるって感じだね

雁坂トンネルを抜けて、石和温泉のほうに出て、そこから帰ろうとコンビニに停車して、帰りのルートを考える。

富士吉田の方に抜けて帰るパターン
R20を使って八王子に出るパターン
R411を使って八王子に出るパターン

この3つが考えられるけど、富士吉田はこのあいだ走ったばっかりだからパス
R20はけっこう通ってるけど、トラックが多いだけなのでパス
というわけでR411経由で八王子を目指す

石和温泉のほうからだと、勝沼あたりからR411に入って、柳沢峠ってところを通るんだけど、この柳沢峠っつーのが、かなりの曲者。
傾斜もけっこうあるうえ、すごくクネクネしてるんですよ

以前にも走ったことあるけど、そのときは「もうおなかいっぱい」つーぐらいで
さらに柳沢峠を抜けると、奥多摩地域になるんだけど、ここでもクネクネと下り道

ホント、おなかいっぱいです・・・

奥多摩湖まで出て、本当は奥多摩周遊道路から桧原村のほうに出たかったんだけど、奥多摩周遊道路って夜間通行止めとかになってるのね・・・
しかたないので、R411をそのまま青梅方面に、青梅からは八王子方面、八王子からR16で帰ってまいりました

21時スタートで帰宅が6時ぐらい
総走行距離450kmぐらい

ちょっとやりすぎたかな・・・