カテゴリー別アーカイブ: 読書感想文

[読書感想文] 小説家になろう 「異世界料理道」を読んで

どうも私です。相変わらず読書に勤しんでいます。

今日は、小説家になろうで連載されている「異世界料理道」について書こうかと思います。書籍化もされて現在11巻まで出ていますが、私が読んでいるのはWeb版になります。iBooks最高です。

細かい描写で長い

あらすじとしては、高校生が異世界に飛ばされて、街の人から忌諱される森の人々の仲間になり、1.料理を作って → 2.うまい → 3.仲良くなる → 4.ループ

ってな具合で、話は進んでいきます。もの凄く、説明を端折りましたが。

ハーレム要素はありかけましたが、ありません。そして神様からチートな贈り物はありません。強いて挙げれば、料理知識を持っているので、知識チートに分類されるぐらいでしょうか。食材に関しては、異世界の食材を扱う事になり、地球と同じではないですが、だいたい類似するものがあったりで、知識チートが有効に働いているという感じでしょうか。

現時点でまだ連載中ですが、400万字を超える長編になっており、すげー長いです。ただし、物語進行は遅いです。

どうも作者は細かく日常を描写するのがお好きなようで、1日の描写を朝、昼、晩とがっつり書く傾向にあり、もっと省いてもいいんじゃないかと思うところです。正直、冗長かなと感じます。

大まかな粗筋としては、わりと好きなんですけどね。

終わりの見えないループの苦しさ

大きな区切りとして、街での商売の開始、族長の交代、敵対する貴族の没落があるんですけども、敵対する貴族が没落後の流れは、前段で挙げたループが顕著であり、終わりが見えません。作者はいったいどこへ向かおうとしているのか。

iBooksで読むと1万ページ強の長さで、全体の7割ぐらいまでは読みましたが、大きな話が停滞していることもあり、読むのが辛く感じてきました。

もっとあっさりと出来ないモノでしょうかね。

途中までは確実に面白い

と否定的な事を書いてしまいましたが、冗長な部分は多々ありますが、概ね途中までは面白いです。人気上位なだけはあります。

ただ、出版されてる本はあまり売れてないっぽいですね。より淡々とさっくり話が進むと、より私好みになるんですけどねー。

と言ったところで、今日はここまで。

[読書感想文] 現代知識チートマニュアル 著:山北 篤

ゲームより読書の時間が長い私です、ども。

たぶんここ一月の割合は、9:1で読書です。まじで。でも、積んでる本が減らないのはなぜなんだぜ?

というわけで、今日読んだ本はラノベの種本に属するといっていいんでしょうか、「現代知識チートマニュアル」という本です。

最近何かと多い、異世界転生もので、現代知識(チート知識)を用いて無双するっていうあれね、そういうタイトルのサポートをするする知識本って位置づけですかね。

内容としては、科学だけに収まらず、政治、軍事、化学など14のジャンルで、「中世ファンタジー」の世界で、どこまで通用するかというのを、真面目に考察している本になります。

読み進めていくと、各ジャンルで技術がどのように変遷していったのか、そして中世ではどのようなレベルだったのかが、大まかにわかるようになってます。誰もがわかるように、広く浅くという感じで技術の紹介程度に収まっていますが、各ジャンルを細かく記述してたら、分厚い専門書シリーズになってしまうのでしょう。それを元にした、専門書のごとき小説など誰が読みたいと思うものか。

そして、暗に書かれていることですが、現代人が中世に記憶を伴って、転生しても大したことで大したこと出来ないよねって、筆者は言ってます。まぁーまったくその通りなんですが。

その理由は、科学技術は1つの技術で完結しているものではなく、様々な技術の組み合わせで発展してきたものであって、隣接する技術が伴わなければ技術の変遷スキップも出来ないわけです。

ゲームで例えれば、Civilizationの技術ツリーのように、前段階の技術がなければ、次の技術は取れない。そういうことです。

大抵の異世界転生ものなラノベだと、技術的に困難な部分は「魔法」という形でスキップしてしまうわけですね。魔法って便利なツールですね。

著者はどうやらゲーム畑のお方のようで、ほかにもゲームの世界観・設定などの種本になるような著書を出しています。いくつか気になるのがあるので、気が向けば読んでみようかなと思います。

と言ったところで、今日はここまで。

小説家になろう 「無職転生」を読んで

最近ゲームをまったくしていない私です、ども。
じゃー何してるかというと、本を読んでます。小説(ラノベ)を読んでいます。

最近読んだ小説だと、「ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」ですが、面白かったですね。そもそもアニメ版が好きで、原作も読もうと思ったわけ何ですけど、よかったです。

このゲートの感想を書こうとも思ったんですが、まぁー長いこと長いこと。アニメは2クールだったんですが、原作で言うところの3巻まで(文庫版だと6巻?)が映像化されています。原作は本編5巻+外伝5巻の計10巻で、文庫は倍。そりゃ長いよねってもんです。

あらすじなんかはwikiなり調べてもらうとして、特徴的なのは

  • 異世界と現代日本が接続される
  • 異世界はいわゆる中世ファンタジー
  • 異世界の帝国を自衛隊がボコボコにする

っつーところですけども、重要なのは最後の部分。中世レベルの軍隊相と自衛隊が交戦するというところで、ほぼ一方的に自衛隊が勝利を収めます。これがゲートの導入部分になるわけなんですけども。これが昨今にある、異世界モノ+チート属性の走りなんじゃないかなんて言われていたり、言われてなかったり。

あ、今日のエントリーは、まだ前段です。前置きです。

でですね、いわゆる異世界転生・異世界転送モノでも読もうかなと思ったところで、「なろう系」の存在を思い出したんですね。

小説家になろう
http://syosetu.com/

このサイトで、本編完結している「無職転生 - 異世界行ったら本気だす -」をepub形式に変換して読んだんですが、なかなかよかったです。流石にランキング1位ってだけはあります。なお、加筆・修正されているのがISBNついてる本として、リリースされてるようです。そっちは読んでませんけど。

あらすじとしては、34歳無職ひきこもりが、家を追い出されて、途方に暮れたところで、事故に遭い、異世界に転生するところから始まり、優秀な魔術師となって、一生を終えるという感じなんです。いわゆるラスボスを倒して、グッドエンドっていうのではなく、あくまで主人公の一生がメインで描かれています。(と言っても、一生のうち半分。ぐらいまでしか描かれませんが)

主人公は優秀な魔術師とはなりますが、いわゆるチート属性成分は少なめです。そして、転生による知識チートは特段あるわけでもなく、転生によって2回目の人生を歩むことで、1回目の人生を後悔するぐらいです。

ハーレム要素はありますが、まぁーそれはいいでしょう。

ざっくり行ってしまえば、「死んだら、異世界に転生しちゃったんで、2回目の人生がんばります」って事ですかね。
ただ本編の最後を読まないと、「このストーリー、転生って設定いらんのじゃなかろうか」と思うばかり。いや、本編の最後もとってつけたようなものなので、やっぱ転生という設定じゃなくてもよかったんじゃないかと思うところです。

なかなか面白かったので、お暇な方は読んでみるといいです。

なお、Webで読むより、PDFで読んだ方が縦書きだしいいんですけど、非公式サイトでepubに変換して読んだほうが幸せになります。
私は、iBooksで読んでますが、非常に快適ですわ。ありがたや。
「小説家になろうをepubで読む」ってのはググればすぐに見つかります。

と言ったところで、今日はここまで。

夏だし、ラストイニングでも読むか

日中、暑い日が続きますね、ども私です。

世間では、高校野球の夏の大会、そう甲子園大会が始まっていたりしますが、私はこの季節になると毎年のように、あだち充著「タッチ」を一気読みします。

とは言え、さすがに何度も読んでいるので、飽きが来るのも事実。というわけで、今年は別の高校野球モノを読もうと思った次第。

候補はいくつかあったんですが、連載が終わって(ココがポイント)、一気読みしたくなったのがラストイニングです。

以前は、ビッグコミックスピリッツを定期購読しておりましたが、最近は定期購読はしていません。今でも面白いマンガは掲載されておりますが、読みたいと思うマンガが少ないのに加え、コンビニでの入荷数が少ない事もあったりで、必ずしも入手できるというわけでもないのです。

さらに最近は、仕事の関係で毎日決まった時間に出社するという生活ではないので、家から出ない事もあったりするので、スピリッツに限らず雑誌類は現在購読していないんですね。

少々話はそれましたが、ラストイニングは定期購読していた頃は、好きだったマンガの1つです。それが完結したということで、一気読みすることにしました。

監督視点の戦略的野球漫画

かつての名門野球部も毎年1、2回戦での敗退続きの弱小野球部。1年後に甲子園出場が出来なければ廃部という状況下で、野球部の再建を託されたのが、13年前の部員で悪徳セールスマンから監督に転身した”ポッポ”こと鳩ヶ谷圭輔。「さわやか・ひたむき・正々堂々」を廃した常識はずれ?な指導で甲子園を目指す。

というのが序盤のあらすじというか、1巻の説明。

ネタバレも含めず説明をするのは辛いんですが、かなりリアル路線なマンガです。

最近は、ただのスポ根路線から、戦略を重視したリアル路線なマンガが増えているかと思いますが、このマンガはその先駆け的なものと捉えて問題ないでしょう。野球の楽しさというものは、戦略性が高いところにあると私は思っているので、このマンガはドンピシャなところにはまっています。

未読の部分も含めて、一気読みしましたが、非常に面白かった。重要な場面では1球1球の意味を細かく描写していて、臨場感にあふれています。

完結まで44巻ありますが、中だるみもなく約1年間を描き切っており、非常にオススメです。野球ファンなら、絶対に読むべき作品だと思います。

エロマンガ先生 第1巻を読んだ

どもライトノベルリーダーな私です、ども。

というわけで(どういうわけだ)、「伏見つかさ×かんざきひろ」の俺芋コンビによる新作を読みました。
また、兄妹ですかそうですか。今度は血は繋がっていないけど、義妹ですかそうですか。

とまぁー、また兄妹のラブコメっぽい感じではあるんですけど、どうなんでしょうね。

また設定が設定で、高校生のライトノベル作家な兄と、中学生のイラストレータ(引きこもり)という設定なんです。なんつーか、リアリティの欠片もないような。でも、なきにしもあらずな現代かな。

ライバル作家の超売れっ子作家がまた中学生(女子)とあっては、嗚呼出来過ぎな設定ですねという印象を拭えません。もうすこしなんとかならんのでしょうか?

とまぁー、特別面白かったという感想もないんですが、ぼちぼち読めるかなーという印象です。
今後の展開の仕方によっては、楽しくなってくるかもですが、いまいち期待は持てないかなぁーと。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12巻読了

とうとう最終刊になってしまいました、ども私です。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない、最終刊を発売日に読み、一晩明けた早朝に感想を書こうとしています。

感想ですが、「酷い終わり方で、受け入れがたい」
以上、感想終わり。

いや、なんて言うかね。ギャルゲー的な言い方をすれば、全てのヒロインのフラグをへし折りつつ、桐乃ルートで結婚式エンドって感じなわけですが、どうなのそれってわけです。

桐乃ルートはまぁいい。言い換えると妹ルートだが、それでも許容できる。
が、恋愛感情を含めた兄妹愛ってどうよって話です。ここで、嫌悪感を覚えてしまいます。

さらに輪をかけてまずいのが、クリスマスから学校卒業までの3ヶ月弱の恋人関係であり、卒業後は恋人関係から普通の兄妹関係に戻ることが約束されているというわけのわからない事に。
なんなんでしょうか、これは。

現実的な落としどころって事なんでしょうが、最悪に近い結末にもの凄い期待外れ感を覚えます。

アニメ2期のBD/DVDの初回特典?だかに、原作者伏見つかさ書き下ろしの小冊子がつくみたいですが、楽しく読めるかわかりません。。。。

やっぱ物語は、終わりが重要ですね。

【本当は怖い昭和30年代 ~ALWAYS地獄の三丁目~】 読了

本当は怖い昭和30年代 〜ALWAYS地獄の三丁目〜
本当は怖い昭和30年代 〜ALWAYS地獄の三丁目〜
鉄人社 2012-07-24
売り上げランキング : 85

Amazonで詳しく見る by G-Tools

twitterのタイムラインにこの本の事が流れていて、非常に気になったのでamazonで注文してみました。

どうも結構売れているらしく、注文から1週間程度で到着。大手出版社ではなく、鉄人社という小さな?出版社から出ている、いわゆるコンビニ本の類ですが、中身はぼちぼち興味がそそられる出来じゃないかと思います。

前書きを引用しますと

暴力とカネが全て
日本の暗黒時代へ、ようこそ!

ここ数年、『古き良き昭和』を懐かしむのがちょっとしたブームになっています。
そして、そのノスタルジィを一番感じさせるのが昭和30年代だそうです。

往時を知る人たちからすると、昭和30年代は『みんな貧乏だったけど』『人情が
あって』『夢も希望もあった』そうで、今の日本人が失ってしまった大切なもの
が残っていた時代だったとのこと。
当時を舞台にして大ヒットした映画『always 三丁目の夕日』シリーズもそう
いったイメージを下敷きにストーリーが作られていました。

しかし、そんなノスタルジィが極端に美化されたものだということは、ちょっと
調べればすぐに分かります。
当時の日本、もとい日本人はまだ成長途中で、明らかな非常識が常識としてまかり
通り、モラルもへったくれもない時代でした。毎日がサバイバルであり、一歩外に
出ればそこに広がるのはカオス。貧富の差は激しく、ドロドロした人間関係は人々
をがんじがらめにしていたのです。

もちろん、娯楽映画の中のいい時代を批判するつもりは毛頭無いし、真実を描
いていない! などと高説をたれるつもりもありません。ただ、あまりにもキレイ
すぎると、ウラ側にある汚い部分も覗いてみたくなるもの。

本書を昭和懐古ブームのネガティブな解説本として楽しんで頂ければ幸いです。

こういう本です。簡単に言ってしまえば、「なんか昭和30年代が古き良き時代として語られてるけど、実際はそうでもなかったじゃん」というお話ですね。

全体を通して見ると、昭和30年代が「いかにモラルが低く、法整備も追いついていない、いい加減な時代だったか」というのがわかります。

記載されている多くは、すでに私の知識の範疇にある事柄ばかりでしたが、一部は新たな知識とあいなりました。例えば、昭和38年まで、全国の自治体には救急車の配備が義務化されておらず、救急車が普及していなかったそうで。考えてみれば、電話自体さほど復旧しておらず(電話の加入権も高かった)、救急車呼べるような体制でもなかったよねって話です。

全体的にデータ(数値)を掲載していますが、表にまとめたようなものではなく、本文中に記載する程度で、もう少しデータを細かく掲載してもらいたかった。そこは残念です。

この本は、6部構成になっており、

  • 日常編
  • 社会編
  • 学校生活編
  • 交通編
  • 犯罪編
  • その他なんでもあり編

という構成です。私がこの本を手にとって、一番興味を示していたのは、犯罪編です。

交通編では、かつては車も、電車も、飛行機も事故が多かったって話が掲載されているわけですが、昭和の歴史を事故というくくりで見ていくと、大まかに「いっぱい大規模な事故あったし、大勢の人が事故で亡くなったね」というのがすぐにわかります。学校生活編も、「昔の教師は体罰は当たり前」というなかば常識の範疇であり、新鮮味がある話が載っているわけではないのです。日常編、社会編もしかり。

一方で、犯罪に関してはいわゆる凶悪事件とされる有名な事件はたくさんありますし、そこそこ知られていると思います。ですが、あまり有名ではないが、凶悪な事件だったり、猟奇的な事件も多数あって、忘れ去られている事件も多くあるわけです。さらに事、少年犯罪ともなると、現在では扱いづらい事象であるため、多くが忘れ去れているのではないかなと思うわけです。

で、期待していた犯罪編ですが、私の期待には応えてくれませんでした。残念。

昭和の少年犯罪に関しては、こちらのサイトが詳しいです。

少年犯罪データベース
http://kangaeru.s59.xrea.com/

全体を通して見れば、興味をそそられる昭和の負の部分を再認識できる。良書だと思います。

個人的にへぇーって思ったことは、先に挙げた救急車以外の話もあります。いくつか挙げると

  • 昭和30年代にはすでに援交という言葉があった
  • 私は援交という言葉は90年代からのものだと思っていた
  • プライバシーのない相互監視社会だった
    • いわゆる村社会の話とリンクするお話です
    • おとなりさんの年収なんて把握していて当然って世界
    • ひろみちゅならなんて言うだろう
  • 子供がナイフを持ち歩くのは当たり前
    • 鉛筆削り用に、玩具自作道具として
    • とうぜん、トラブルがあればそれでぶっさす
  • テロは頻繁に起こっていた
    • 平成の日本でテロはほんと少なくなりましたね
    • 平成で特筆すべきは地下鉄サリン事件とかオウム関連のテロぐらい
  • ヒロポンは普通に流通していた
    • 合法だった戦後間もない頃はわかるけど30年代も流通していたのか
    • もちろん非合法で、いわゆるドヤ街を中心に流通していたとか
    • 昭和40年頃になるとヒロポンからシンナーに移っていったそうな

    と挙げていたらきりがないので、このへんにしておきますが、550円の本ですが暇つぶしにはよい本かなと思います。

    俺の妹がこんなに可愛いわけがない 11巻 読了の巻

    革製ブックカバーを手に入れて、電車の中でじっくりラノベを堪能できるような体制が整った私です、ども。

    いやー、2,000円弱の革のブックカバーですが、硬いですね。。。ってか、本革って書いてあるけど、これ本当に革?っていうぐらい、結構チープなんですが。。。

    お、よさげだなと思ったブックカバーは、1万円弱しました。長く使えるんでしょうが、お手入れも大変そうで・・・。将来的な課題でしょうかね。

    さて、本題です。俺妹の最新刊が出ましたね。と

    今回は、京介と桐乃の仲が悪くなった3年前の話を回顧しながら、話が進んでいくわけですけど、既刊に比べるとまた毛色が違った感じですね。感想としては、「伏線を回収しといて、次につなげたねー」ってところでしょうか。

    で、次巻が最終巻になるそうで。

    そうか、終わっちゃうのか。次巻がいつ出るのかわかりませんが、アニメ2期に合わせるかたちをとるんでしょうね。

    主人公の京介の高校卒業ってか、受験あたりで一区切りというところで、話をまとめたいのでしょうね。薄々とは最後の匂いを感じ取ってはいましたが、いやー悲しみよりも、最後どうなるんだろう?との期待感が強いですね。非常に楽しみです。

    さて、アニメ2期も決まり、時期は冬?ちゃんとチェックしてませんが、どうせいろんなサイトでから2期情報出てくることだろうし、BDもアマゾンがお薦めしてくれると信じているので、楽観視しています。また搾取されてしまうわー。

    と、今日はこのへんで

    俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10巻読了

    このブログには長いタイトルが合わないなと、つくづく思う私です。ども。

    今月発売になりました、俺の妹がこんなに可愛いわけがない の10巻をようやく読めました。このところ、読書に時間がとれなくてねぇ-。

    俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈10〉 (電撃文庫)
    伏見 つかさ かんざき ひろ

    俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈10〉 (電撃文庫)
    アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫) 魔法科高校の劣等生〈5〉夏休み編+1 (電撃文庫) さくら荘のペットな彼女〈7〉 (電撃文庫) 魔王なあの娘と村人A〈3〉ロボ娘は今日も空を飛べない (電撃文庫) 竜と勇者と可愛げのない私〈6〉 (電撃文庫)
    by G-Tools

    ここからネタバレ

    続きを読む

    JUMP SQ.Dエディションが思いの外ヒドイ方向に進んでしまった件について

    最近になってなのか、いつから開始したのかよく分かっていないのだけども、JUMP SQという漫画雑誌がある。まー分厚い月刊誌なので電車の中で読むわけにもいかず、購入する気力さえ失われるような雑誌なのだけども、集英社の中では電子化が進みつつある雑誌ではある。

    昨年の秋ぐらいだったか、姉妹誌にあたるJUMP SQ 19のデジタル版というのが、iPhone/iPad版で登場した。おそらく試験的な配信であるのだが、ビューアーはそれまでに出されたものよりはマシで、概ね評価を得られたわけであるが、昨年末に装いも新たにJUMP SQ.Dというアプリで再登場した。

    大きな違いは、アプリ内課金で、書籍を追加していけるというところだろう。
    現時点では、JUMP SQ 19春号と夏号は無料で配信されている(ただし一部の漫画は配信されておらず抜かれているのだが)。
    そしてJUMP SQ 19秋号が450円という価格設定である。
    まぁーここまではいい。

    問題はJUMP SQ 19秋号である。

    これは、アプリを起動してストア画面を開いたときのスクリーンショットであるが、秋号の注意書きをよくみるとこうある。

    ※「迷い猫オーバーラン!」「帝一の國」「1/11 じゅういちぶんのいち」「モテ虫王者カブトキング」は掲載されておりません。あらかじめご了承ください。

    画面全体を見ると、迷い猫オーバーラン!は掲載されていて当然だと思われるのだが、なんと掲載されていないのだ。
    看板タイトルであるはずの迷い猫オーバーラン!が掲載されていないという、どうしょもなくやる気のない集英社に幻滅しつつ思う。
    これはないだろう・・・

    どうしてこうなってしまったのか、理由を考えることにしよう。予め断っておくが、ここで導きだされる結論は、当然ながら集英社のコメントとかを参照していない。大人の事情を勝手に妄想しているだけなので、まったく間違っている可能性が十分にあるという前提で読んでもらいたい。

    1. Appleコードに引っかかるのを恐れて自主規制、もしくは引っかかったら掲載取りやめ
     Appleはエロに厳しいと言われている。というか実際厳しい態度で出てくるわけで、アプリの申請をしてもあっさりリジェクトするのがアップルである。実のところAppleの前にはエロの表現の自由はない。
     で、迷い猫オーバーラン!であるが、作者の矢吹健太朗の描く絵はやはりエロ要素が強い。しかし不可解なことに、夏号ではOKだったものが秋号ではNGとは納得のいかないところである。まぁー秋号は読んでいないのだから、正確なところはよくわからないのだが。
     他の削られたタイトルはエロ要素のため削られたとは思えず、可能性は0ではないにしろ、要因としては薄いと思う。

    2. 紙媒体へのインセンティブ
     Appleコード問題よりは、こちらのほうが比重が高いと思う。出版社として紙媒体は守りたいのだ。大きな出版社には部署として印刷局というのがある。そこに人員がいるため、どうしても紙媒体は守らなければならないという思惑が働く。
     そうなると、電子版にはないインセンティブを紙媒体へ与える必要が出てくる。しかし、そう簡単にインセンティブを与えることは難しい。であるならば、電子版は不完全版として配信し、紙媒体を完全版とすることで、相対的にインセンティブを与えるという方針を取ったのではないか。

    というのが私の考えである。

    おそらくこの傾向は、大きな出版社ほど強い傾向になると推測する。逆に小さな出版社は、印刷コストを下げる事のほうが重要になるように思える。例えば、コミックゼノンはほぼ全部配信している。もちろん紙媒体へのインセンティブは存在していて、付録としてDVDが付いてきたりするのだが、こちらはオマケが付属しているのであって、本体のほうはほぼ全部配信しているので、読者としては不快感はない。一方で不完全版を出されても、不満が募るばかりである。

    まだ今年も始まったばかりであるが、電子書籍の明るい未来は今年中に見れるのか不安である。