カテゴリー別アーカイブ: 読書感想文

角川 BOOK☆WALKER始まったが…

 12月3日付けで角川の電子書籍プロジェクトがオープンしたわけだが、グランドオープンは来年の7月。すなわち現時点ではβバージョンという事で、「こんな感じで行きますよー」というメッセージをユーザーに投げ掛けている段階と個人的に思っているわけだ。
 というわけで、iTunes Storeに登場したアプリをインストールして、感じを掴んでみた。

BOOK☆WALKER(iTunes Store)
 http://itunes.apple.com/jp/app/bookwalker/id404123731?mt=8

 現状では、コンテンツはさほど充実しているわけではなくて、約50作品程度に収まっている。今後、コンテンツは拡充していく予定であり、そのあたりは期待しよう。(ローンチコンテンツはコチラで確認)

 さて、iPadのアプリでこのアプリをチェックしてみた。
 まず、気づいたことは、VOYAGERのシステムを組み込んでいることがわかる。iPhone/iPad向けの書籍系アプリでは定番となってるシステムである。

読書の感じ

無料で確認ができるコンテンツがいくつか用意されているので、それで動作を確認してみることにした。

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱


無料の立ち読み版では、プロローグと第1章の自己紹介をする手前までと、ほんの触りのところまでだが、どのような感じで読めるのかを確認するには、十分である。

(長くなるので続き)
続きを読む

まんがタイム きらら 2010/10 (けいおん!最終回)読みました

”まんがタイムきらら”って雑誌は購読しているわけではないのですが、”けいおん!”の最終話ということで買ってきました。
てっきりコンビニでも売ってるのかと思いきや、本屋まで行かないと売っていないという現実に気付かされるまでに、コンビニ3件はしごするという目にあわされてしまい、汗全開で散歩を強要されてしまった次第。

まんがタイムきらら 2010年 10月号 [雑誌]
まんがタイムきらら 2010年 10月号 [雑誌]

アニメの最終回(その後、おまけが2本)が来週に控えているので、ネタバレとなるような事は控えますが、新曲発表があるかもしれない雰囲気は漂わせておきます。

原作の漫画の方はアニメ以上に盛り上がりも盛り下がりもない、ある意味安定しているというか、クライマックスという言葉が似合わないフラットな日常に仕上がっているため、非常に人を選ぶ作品と言えるでしょう。つまらないと感じる人には、本当につまらないと思います。それでも現実の日常に疲れきっているおっさんにとっては、ふんわりとしたその世界にはまり込んでしまう理由となるのです。現にわたしのまわりのおっさんにも、はまってしまっているのがおります。Yahoo!のコメント欄にもあるように、「いい歳こいた”けいおん”にはまってるおっさんは最高にキモイ」と思われようが、現実から逃避したいわけであります。

おそらく、原作の漫画の方と、アニメのほうで最終回のすり合わせが行われていると思いますので、アニメのほうは”イイハナシダナー”と思える仕上がりに期待します。

以上、けいおん!最終話でした。

のぼうの城 第一話

スピリッツ新創刊2号の目玉らしい新連載「のぼうの城」を読んだ感想です。

まずこの「のぼうの城」は、和田竜という人のベストセラー小説がもととなっているそうです。
私はこの和田竜という人は知らないし、当然原作となる小説も読んでいません。
したがってあらすじ的なものも知らないし、ストーリー展開も知らないわけです。
なのであまり話の内容については触れません。

作画は、花咲アキラ。「美味しんぼ」の人と言えばわかるでしょうか。あの人です。

このお話は、戦国時代後期の武将の話のようです。
1話では、秀吉の小田原攻め直前あたりから始まります。
主人公は、”のぼう”こと成田長親。成田家の家系で、成田家は北条配下にある家系です。
小田原攻めを敢行する秀吉の勢力に対抗し忍城(おしじょう)の戦いでは、主人公が秀吉の軍勢を跳ね返すというお話らしいです。

さて、この手の戦記モノは一般的に固有名詞をもった登場人物が多く登場するわけですが、この物語も登場人物が多そうです。
しかし残念ながら、作画の花咲アキラの絵では登場人物の書き分けが不十分で、誰が誰だかわかりづらいところが多々見受けられます。登場人物が多いため、これは致命的な混乱をもたらすと思います。

ファンタジーなお話ではないので、衣服での書き分けは難しく、基本的には顔で書き分けなければなりませんが、花咲アキラの絵ではそれは難しそうです。

今後これは改善されるのか(おそらくはされないと思いますが)注目してみたいと思います。

ヤンサンが本日で休刊 連載の行先についてまとめてみる

表題のとおり、ヤンサンが本日をもって休刊となりました。

掲載作品の行先については、以下のようになるそうな

クロサギ
イキガミ
鉄腕バーディー
土竜の唄
とめはねっ!
以上がビックコミックスピリッツ41号から連載再開

逃亡弁護士 成田 誠
LOST MAN
以上がビックコミックスピリッツ42号から連載再開

おやすみプンプン
は、ビックコミックスピリッツ紙上で10月頃連載再開予定

RAINBOW
ビックコミックスピリッツ紙上で来春連載再開予定

Dr.コトー診療所
ビックコミックオリジナルにて連載

魔Qケン
IKKI11月号にて連載再開

さくらんぼシンドローム
GO-ON
超無気力戦隊ジャパファイブ
ドライブ・ア・ライブ
タナトス
花の都
都立水商!
美晴 ライジング
あんころ。
暁のイージス
Odds
ビーチスターズ
以上はビックコミックスピリッツ増刊号「YSスペシャル」にて作品の続きが掲載される予定(その後は未定か?)

アオイホノウ
は、10月下旬の増刊号「YSスペシャル」にて掲載

「絶望に効く薬」は打ち切り

その他未定

思いのほか、ターゲットがかぶるビックコミックスピリッツに移籍が多かった印象を受ける。
スピリッツ読者の私個人としては、「とめはねっ!」「鉄腕バーディー」がスピリッツに移籍するのはうれしい。
Dr.コトー診療所がビックコミックオリジナル(あぶさんが載ってるやつだっけ?)なのはちょっと悲しいけどさ(見てないから)

しかし一気に掲載数が増えるとなると、スピリッツのほうでリストラが始まってもおかしくない気がするけどどうなるんでしょ?

ヤンサンが休刊な件

マンガ雑誌はどうにも数が多くなってきて、パイの奪い合いのような状態に陥ってるようで、小学館は経営判断のもとヤンサンの休刊を決めましたが、、、
ヤンサンに好きな作家が結構いるので、困ったものです。

この件には、あたしが好きな作家さんの”ゆうきまさみ”氏も怒ってるそうです。
http://www.yukimasami.com/sketchbook/
そりゃ。。怒るよねぇ。。。

で、休刊という文言にはなってるけど、実質的にはそのままフェードアウトして廃刊ってのが正しいんだろうなぁー。
河合克敏とかも好きなのに。

Dr.コトーとかどうなるんだろ。
まさか少年サンデーにはいかんだろうしねー。

同じ小学館ってことで、ビックコミック系に流れたり、、、しないか。

古細菌はすでに我々の体内に潜んでいるんだよ!!

な・・・・なんだってーーーー!!

というわけで、MMRを久しぶりに見たわけです。
今週のマガジンと先々週のマガジンとで掲載されたんですかね。
今週のマガジンを電車の中で読んでて、このセリフが出てきたとき、あのAAが頭の中を埋め尽くし、かなりやばかったw
できることなら、見開き2ページを使って、このセリフで紙面を埋め尽くしてほしかったな