カテゴリー別アーカイブ: CMS

WordPressにDisqusを導入してみた

台風ですって奥様、でも雨降ってなくて、蒸し暑いんだけど?とか思ってる私です、ども。

ちょっと前から、静的HTMLを出力するCMSについて調べているのですが、ブログなどのコメントなどは、どうしても動的に処理する必要があります。ここが、静的HTMLだけではどうにもならないところではあるのですが、昨今の個人ブログ界隈を見てると、wordpress標準のコメント機能じゃなくて、別のシステムを使っているサイトが増えてまいりました。

ソーシャル系のアカウントを使って、コメントが出来るやつですね。wordpress標準のコメント機能では、メールアドレスの入力が必須となっていて、コメントをする側としてはこれが非常に面倒くさい。

ソーシャル系のアカウントが使えれば、コメントする気になるか?と言われると、それはそれでまた微妙なところですが、とりあえず定番どころのDISQUSを導入してみることにしました。

続きを読む

Hugoの導入について考える

以前からゲーム関係のメモを整理して、公開して後悔したいと考えている私です、ども。

巷には、ゲーム攻略に関するwikiが多々あって、多くが記事が集まっていないというさんざんな状況にあるわけですが、そういう私もゲーム関係のメモを公開したいなとは考えているものの、それをうまく管理する方法が未だに見いだせないという長年の課題を抱えています。

あ、コンテンツを更新する気力がないとかそういうのは、課題にしていません。ええ。

やはりそういうのは、wikiが望ましいと思うんですが、現在このサイトが動いているサーバでwikiを動かしたくはないと考えています。サーバーサイドのwikiって結構重いんですよね・・・。

で、考えている(探している)のが、ローカルでwikiを動かし、静的HTMLを出力して、出力されたHTMLファイルをアップロードするかたちです。

なので基本的なコンセプトとしては、公開サーバサイドでは、プログラム類はひとつも動かしたくはありません。

かといって、ローカルでMySQLのようなDBを動かしたいとも思いません。邪魔くさいし。Webサーバだって動かしたくありません。邪魔だし。

静的HTML出力を基準にいろいろと探していたら、Hugoというプログラムがわりかしやりたい事に近いかなという印象を受けたので、今日はHugoについて考えます。

本題に入るまで長かったなー。 続きを読む

MarsEditで画像のリンクを挿入する

最近Macからblogを編集する際に、MarsEditを使っています、ども私です。

世間的には、Macからwordpress等のblogを記事編集するのには、MarsEditが定番って事になってるんですが、私も先月末からMarsEditを使用しています。

1ヶ月ほど使用してみて、気づいたことはMarsEditは設定をカスタマイズしていってこそ使い勝手が向上するアプリケーションだと言うことです。

というわけで、今日はMarsEditの画像周りの設定を変えていこうと思います。
続きを読む

wordpressのテンプレートをいじってみたり

このところbloodborneばかりプレイしていて、まともに仕事が出来ていない私です。

大変申し訳ありません。

さて今日はうって変わって、wordpressの話というか、このサイトの話です。
 

公式テーマのカスタマイズは子テーマを作るのが推奨されるんだって

このブログも10年以上経過しており、MTからWPに移行してから、はや・・・何年だろ?

その間、サーバも引越したりなんだりで、デザイン面で度々変更をかけてきましたが、最近はtwentytwelveというwordpress公式のテーマをそのまま使っています。たぶん、いじってない。いじった記憶がない。

プラグインも必要最低限にしてますので、ほぼデフォルトの状態に近いかたちで運用しております。

古い記事など知ったことか・・・。

ただ、最近どうもデザイン面が気にくわない事が多くて、無性にいじりたくなってきたわけです。

かといって、1からテンプレートを起こすなんて事は私には無理なので、既存のテンプレートをカスタマイズするかたちでデザイン面を修正していく方針です。

で、調べていくと公式テーマを修正する場合、アップデートに備え子テーマを作り、そちらを修正していくのが正しいらしい。という記事を目のあたりにして、目から鱗状態でした。結構、公式テーマってアップデートが入るんですよね。

子テーマの作り方は、wordpress codex日本語版のページに解説があったので、その通りに作ってみました。

が、ここで問題が。いきなり本番サーバでデザイン調整するのか?私は。

ちゃんと開発検証環境を作るべきだろう、常識的に。

Ubuntu 14.04 LTSにwordpressをインストールする

まずubuntu 14.04 ltsをVMware Playerにインストールするところからスタートです。

ここで、インストール手順とか一切説明しませんが、簡易インストールだと上手くいかなかったので、手動でインストールしました。ええ。

さっくり、LAMPパッケージを導入して、いざsshでつなごうとすると、connection refuse

openssh-serverが入ってなかったでござる。

開発環境なので、ディレクトリ構成もいい加減。apacheのDocumentRootを/home/user/webに設定。phpinfo()を書いたindex.phpを設置し、中身を確認。

403 Forbidden

とりあえずわかったことは、apacheは2.2系じゃなくて2.4系なのね。設定ファイルを修正。

/etc/apache2/site-enable/000-default.conf を以下のように修正。

<Directory "/home/user/web/">
	AllowOverride All
	Require all granted
</Directory>

wordpressの引越にdupulicatorプラグインを使ってみる

引越っつーか、データを持ってくる話なんですけども。

こちらのサイトを参考にさせてもらいました。

プラグインでWordPressを楽々お引っ越し!duplicatorならサーバー移転も簡単。
http://websae.net/wordpress-plugin-duplicator-20140905/

ま、一部上手くいかなかったんですけどね。

上手くいかなかったのは、パッケージとインストーラーをダウンロードするところ。どうやら私が契約しているサーバだと大きいファイルはダウンロード出来ないみたいで。糞ですね。引越も考えようかしら・・・。

ブラウザからダウンロード出来なかったので、FTPでつないで生成されたファイルをダウンロードすることに。

パッケージは、wordpressがインストールされたディレクトリ直下に、wp-snapshotsというディレクトリがあるので、このうちファイル名がarchive.zipで終わるファイルと、installer.phpで終わるファイルをダウンロードし、あたらし環境にftpでアップロードすればOK。

installer.phpとかにリネームして、アクセスすれば移築作業が始まります。

ちなみに、アーカイブは400MBとかありました。

で、早速アクセス。本番環境と相違ありません。画像類もちゃんと持ってきてくれてます。今回はDBの入れ物を用意してから移築したけど、DB用意しなくても作ってくれるらしい?試してないからよくわからん。

各ページを確認していくと、404 Not Found

はい、mod_rewriteが効いてませんね。

$ sudo a2enmod rewrite
$ sudo service apache2 restart

これで、mod_rewrite有効化してようやく、カスタマイズの準備完了。ここまで長かったですね。文章で書くと。実際には、文章各時間よりも、短い作業時間です。いったい私は何やってんだか。

ちょっとだけいじってみる

まず一番気に入らない箇所である、見出しについて修正。コンテンツ内の見出しは、昔からh4ダグを使っています。なので、h4の修正を施してみた。こんな感じで。

でいろいろいじりたいけど、仕事も進めないとなので、今日はここまで。ほぼ準備に費やしましたね。

サイトは徐々に修正していくつもりです。

うっかりWordPressをアップデート そして ちょっとはてなの話

WordPress 3.3.1のアップデートが来ていることは重々承知だったのですが、プラグインの関係上WordPress本体のアップデートはスルーしておりました。正確には、プラグイン関係の適合バージョン調べるのめんどくせーから放置していた、、、というわけなんですけど、さきほどうっかりミスで、WordPress本体のアップデートを走らせてしまいました。

WordPress本体も、適切に設定されていればWeb上からアップデートが可能なわけなんですけど、かつては推奨されてはいなかった行為でしたが、最近はどうなんでしょう?私は昔からWeb Browserからアップデートを走らせてましたけど、痛い目に遭ったことはないです。

さて、今回のアップデートで何が変ったのか。管理画面のツールバーが変ったとかあるみたいですが、Windows Live Writer使うようになって、管理画面を開く理由がほとんどなくなったので、正直アップデートに興味が持てませぬ・・・

まぁーなんですかね、weblogをという枯れたサービスを提供するためのweb applicationとして、WordPressもこなれてきたし、coreな部分はこれ以上発展していかないと思うわけですけど、今後はどうなっていくんですかねー?

で、ブログで思い出したのですが、最近はてな周りが騒がしかったようで。私個人は、はてな関連のサービスを一切使っていない人なので、はてなって結局なんなん?みたいな状態なんですけど、はてなブックマーク、はてなダイアリーあたりが主力サービスって事になるんでしょうか。

ブログサービスとして、はてなブログなるものがあるわけですけど、これ評判わるいですね。私は使っていないから具体的なことはわかりませんが、使っている方の記事を見ると、どうもブログという枯れたサービスの実装のはずなのに、必要な機能がそろっていない、と。どういうことなんでしょうかね?

ブログを始めるに当たり、とりうる選択肢は大きく2つ。自前でサーバを用意してブログ用アプリケーションを導入・運用していくケース。もうひとつはlivedoorなどブログサービスを提供しているところを利用する。個人レベルでは、多くの人は後者を選択するものと思います。選択肢も豊富にあり、一長一短あるようですが、わざわざ「はてなブログ」を選ぶというのはなかなかないのかな、と。

ってか、ここまで書いて「はてなダイアリー」と「はてなブログ」の違いがよく見いだせないのですが。ググってみたら、「はてなダイアリー」を作り直したのが「はてなブログ」という事らしい。

作り直しに至った動機はなんだろか? よくある、「コードが美しくない→機能拡張しづらい→スクラッチビルドだっ!」って考えでしょうかね?

WordPressのテーマを変えてみた

今回のテーマは特に有りません。
いやあれか、Windows Live Writerでしっかりプレビュー出来るテンプレートって事をテーマに探したのか。

んでまーいろいろと探したわけですけど、いくらか試してこれに落ち着きました。
MovableType時代に使っていた、小粋空間さんのテンプレートを試そうとしたんですが、何やら配布されてるzipがおかしいのか、WordPressがちゃんと食べてくれず・・・

というわけでTheme4PressというサイトのEvoLveってやつで、フリー版のやつです。有料のほうはなにやら高機能らしいんですが、何が違うのかと・・・。特に有料版を使う理由も無いので、無料の方で弄ってます。

まーこれで、ブログの更新頻度が上がればいいんですけどね。。。

Windows Live WriterでWordPressに投稿す

筆不精です、こんにちは。
近年は、Blogの更新頻度が月に1回や2回といった限られた投稿ペースになってますが、これではいかん!もっと更新頻度を上げねばという思いに駆られるわけですが、如何せん更新が面倒でしかたありません。

本当は、遊んでいるゲームのこととかしっかり書いていきたいのですが、如何せん面倒であります。特にゲームのスクリーンショットを使って編集してーとか、非常に面倒でたまりません。たまにゲームのこと書きますが、やはりスクリーンショットはほとんど入らないケースが多いです。

理由:面倒である

つまり、そういう事です。
なもんですから、まずはツール類から整理していこうと思うわけです。

従来は、以下の2パターンによって編集していました。

  • WordPressの編集画面にHTML直書き
  • テキストエディタでHTML直書きしつつ、WordPressにコピペ

なんつーか、えー今時タグ書きとかありえなくなーい?みたいな話です。ごもっともな話であります。以前からどうにかしたいとは思っていたわけですけど、編集を簡素化するためにWordPressからWiki化するかとか、いろいろ思案はあったのですが、それもそれで面倒だよねっつー事でPendingしてたわけです。

で、ふと思い立ったわけです。WordPress投稿用のアプリケーションがあればいいじゃないか。Word感覚で編集できればよいじゃないか。と。で、調査を5分だけ重ねた結果、Windows Live Writerを使って見ることにしました。名前からして、Microsoft謹製であることはわかるとおもいます。で、ついでに言うと無料で使えると。つまり、そういうことです。

今、テストを兼ねてこのエントリーを編集しているわけですけど、少々の不満はあります。テンプレートとWYSIWYGとの相性がよろしくないのか、なんなのか、プレビュー画面と(編集画面も)と実際の見え方に相違が見られます。それもかなり大きく。ただ、これはブログのテンプレートを変えることで解決しそうな感じでもあるので、そこは調整していくつもりです。このデザインに愛は持ってないしな。

IIS7.5で遊ぶための下準備

数年前は自前のCMS開発してやろうと息を荒くしていた事もあったわけですけど、世の中には素晴らしいCMSがたくさんあるわけで、自分で作る必要性がまったく感じられないという状況において、やる気が0に収束しておるわけです。特にWordpressは素晴らしいわけで、このblogで満足してしまっているわけです。

で、ひょんなことから手に入れたWindows 2008 Server R2 Foundationでありますが、IIS7.5が当然ながら搭載されております。ま、何かしらの制限がかけられているわけなんですけど。IIS7.5でなにか遊べないか?というのが今週の課題であります。

ま、特にやりたいことが現状見つからないわけで、やりたいことを見つけるのが課題であるわけです。
もしかすると、ずーっと見つからないかもしれないわけなんですが…
なにかネタがあれば、おいらに投げてくださいな

WP LaTeX

なんとなく頭の片隅にTeXの事が浮かんできたので、wordpress -> texなるものを探していたが、まぁーそんな需要はあるわけなく途方に暮れてしまうところだったが、逆の発送でwordpressへTeX形式の数式を挿入する仕掛けを導入してみた。

WP LaTeX
http://wordpress.org/extend/plugins/wp-latex/

例:
e^{i pi} + 1 = 0
このサイトのスタイルシートの関係で、数式に枠が表示されるが、スタイルシートをいじればまぁーなんとかなるだろう。

デフォルトの設定だと、wordpress.comのTeXサーバにリクエストを送信して、wordpress.comからの出力となる。
これはデフォルト設定であって、自前のサーバでTeXの処理を行うことも可能だ。

例:ガウス分布
f(x) = frac {1}{sqrt{2pi}sigma} exp left(frac{-(x-mu)^2}{2sigma^2} right)

WP Tweetbox入れてみたけど、これはなんなんだ?

Twitter Toolsが動かないので、代わりにWP Tweetboxなるものを入れてみたわけだけど、これはいったいなんだ。
Blogにエントリーしたら、更新情報をtweetしてくれるという代物ではないのか。。。

で、先程エントリーしてみた記事を確認したら、ああなるほど。記事にTweetできるtextbox置いてくれるのね。あまりいらん機能だな。。。とりあえずしばらく置いてみようかな