タグ別アーカイブ: 朝生

2012年2回目の朝生の感想

昨晩の朝生の感想を書いていこうかと思います。なんか朝生の感想を書くの久しぶりだなー。

激論!絶望の国若者の幸福と夢というテーマ。今回のパネリストは若者中心。一部、若者・・?って人も混じってるが、そのへんは考えないでおこう。

東浩紀(早稲田大学教授、40)
井戸実(エムグラントフードサービス代表、34)
猪子寿之(チームラボ代表取締役社長、34)
荻上チキ(評論家、「シノドスジャーナル」編集長、30)
熊谷俊人(千葉市長、34)
宋文洲(経済評論家、ソフトブレーン創業者、48)
高橋麻帆(ピースボート災害ボランティアセンター、32)
千葉麗子(実業家、元女優、37)
夏野剛(慶応大学特別招聘教授<政策メディア研究> 46)
古市憲寿(東京大学大学院博士課程、27)

全体を通して、番組の構図は田原総一郎が「おまえら若者世代はこのままじゃ今以上に貧乏で不幸になるけど、現状に満足しちゃっていいの?」って提起に、「10年20年先は当然不安だけど、目の前の事考えると、けっこう現状に満足してるし、幸せなのかなって」っつーところ。

絶望の国の幸福な若者たち
絶望の国の幸福な若者たち 古市 憲寿

講談社 2011-09-06
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る by G-Tools

前半は古市憲寿さんのこの本をベースに、議論を進めようとしていたのは見えたが、「幸福の定義って何よ?」「ってか、若者はあきらめてるよ」的な、gdgd感満載でお送りしてしまったこと、非常に残念な事に。なんか古市さんは、朝生呼ばれて出てみたけれど、別に言いたいことそんなにあるわけじゃないしー、幸せと思ってるなそれでらよくね?的な投げやり感が80メートルラインを突破し、メダル確定して安堵の表情がなんとも現代の若者らしい感じに包まれていて、ま、こんなものだよねーなんて思う次第です。

MVP 荻上チキ

今回の朝生でのMVPは間違いなく荻上チキでしょう。四方八方に議論が飛ぶあの朝生で、荻上チキの整理力はとても光るものがあります。過去に荻上チキが朝生に出たことあったか記憶が定かではありませんが(たぶん出たことなかったんじゃなかろうか)、次回以降も確実に若手論壇の代表として呼ばれるでしょう。ただ若干残念な気がしたのは、一回り以上年上になる宋文州さんに対してもタメ口であしらう姿が何度もの見受けられ、今回のように若手中心であればなんとなく許される空気の場ならよいでしょうが、(まず出ないけど)三宅久之や金美麗といった御老体にあれをやってしまうと、言論以前に、礼節がうんたらと説教食らう事請け合い。テレビで見ている私が気になったんだから、その場でアレをやられると、桜島のように噴火してしまうのではないかと心配になってしまいます。素なのか、意図的にやっているのかわかりませんが、素であれば気をつけたほうがいいのかなと思います。

ベストアシスト賞を挙げるとしたら、東浩紀。なんか言う、荻上チキに振る、最後にまとめておいしいところ持って行く的な。どうも番組始まる前からずいぶんとお酒を飲んでいたようで、顔がまず赤い。そしてやる気がない。だが、田原総一郎の無茶ブリに対しても仕事を全うする。すてきです。ってかお酒を飲んで朝生に望むとか、過去に聞いたことがありません・・・。大丈夫なのか?

残念な方向にMVP 千葉麗子

あえてワーストと言わない。番組前にパネリストを見た瞬間から、「あ、これはだめだわ」と思ってしまうほどのインパクトを持つ、(元)我らがインターネットアイドル千葉麗子であります。

インターネット黎明期に、千葉麗子の本でホームページとやらの作り方を学んだ人は多いはず。

4893693662 千葉麗子とつくるインターネットホームページ―世界一やさしいHTML入門
千葉 麗子
ビーエヌエヌ 1995-08

by G-Tools

そうでない人にとっては、ナコルルですかね、南君の恋人ですかね、恐竜戦隊ジュウレンジャーですかね。

そんな千葉麗子ですが、株式会社チェリーベイブの代表であり(まだ存続していたんだな)、最近は山本太郎と同じく反原発活動に忙しいお方であります。

昔の千葉麗子(10代の頃)を知る者にとって、時は残酷であると教えてくれる千葉麗子ですが、なんでまーあんなに酒焼けしたような声になってしまったのでしょうか・・・

そんなことは、まーおいといて。朝生でもいろいろと残念な事になっていました。相槌1つとっても、非常にうざいことこの上なく、急に福島の話をしだしたり、人を指さし笑い出すは、いすの上でくねくねして、じっとしてられんのかと画面に突っ込みたくなる動きをふんだんに見せてくれます。

発言1つとっても、馬鹿さがにじみ出ていて、非常に近寄りがたいオーラを発していることが、画面を通してでもわかります。そのあたり流石に思います。

また胸元の開いた服を着ていたためか、千葉麗子がしゃべっているわけでもないのに、なぜか千葉麗子がカメラに抜かれるという、「スイッチャー仕事だぞ!ちゃんとやれ」と言われんばかりの深夜のショットを披露してくださいました。37歳・・・お引き取りください。

まとめ と 次回の展望

今回素直に見れば、荻上チキ回だったねというところでしょうか。ネット論壇、ラジオ論壇では、ある程度の地位を確立している荻上チキですが、とうとうテレビにも足場を固めていくのかと考えると、感慨深いものがあります。

基地探しの観点で見れば、千葉麗子がぶっちぎりすぎて、他を圧倒してしまいました。ピースボートの人にも期待したのですが、こちらは期待外れもいいところです。別のテーマなら力を発揮出来たかもしれませんが、残念でたまりません。

猪子さんは平常運転。

さて、次回ですが細野原発担当大臣を中心に原発の話をまたやるそうで。山本太郎は高確率で出てくるものと想像しますが、セットで千葉麗子が出てきたらほんとどうしよう。そして福島瑞穂とならんでフィーバーしないことを切に願います。