タグ別アーカイブ: 西武ライオンズ

我が埼玉西武ライオンズが単独最下位な件について

GWに入ったところで、セ・リーグの順位を確認すると、横浜ベイスターズは安心の定位置につけていて、今年も横浜界隈は無事平穏に過ごせそうであると感じる今日この頃、みなさんお元気でしょうか。

我が埼玉西武ライオンズは、首位を独走!している予定だったのだが・・・なんと14試合消化時で4勝10敗で最下位。勝率は286パーミルである。なんとも嘆かわしい。

原因は点が取れていないこと、点を取られているということ。
ってか野球で敗因考えると、このどっちかに行き着くわけなんだけど、今は両方が怪しい。

点が取れないのは、打線につながりがない事が大きいよね。
点が取られるのは、やはり後ろのメンバーが踏ん張れないよねっていう今までの弱点そのまま。

点を取るときは、点を取られまくれて、点を抑えるときは、点が取れない。
なんというか悪循環っぽ。

まー若いチームだから、勢いがつけばドカーっと行けるだろうと考えているけど、どうかなぁー。頑張って欲しいんだけどなぁー。

今年の大物ルーキーである大石は、故障で2軍へ。
去年の大物ルーキーである菊池は、未だ登板なし。
そんな中、ルーキーの牧田が素晴らしい。

ルーキーと言っても、社会人出身で今27歳。さほど若くはないが、十分の即戦力として活躍中だ。アンダースローで、ロッテの渡辺俊介に近いタイプ。球は早くはないが、低めのコントロールがいい。まだ初勝利こそ挙げていないが、どの試合も打線の援護がなかった。(3試合目は初回の1点止まり)
安定感もあるし、ローテーションメンバーとして外せないでしょう。
この調子なら、いつでも初勝利は狙えるはずだ。
それどころか、二桁勝利も十分狙える。

GW明けたら、我が埼玉西武ライオンズの順位がどのようになっているか、注目です。

今年は我が西武ライオンズが日本一そしてアジアNo1を頂いてしまいそうです

本日開幕いたしました、プロ野球パ・リーグ。
西武 対 ロッチ

先発は涌井くんと成瀬。
横浜高校の先輩後輩という間柄。

結果から言うと、我が西武ライオンズが2対1で勝利
涌井くんが8回を1失点とエースの貫禄とも言うべき好投。
ホームラン2発で成瀬から勝利をもぎ取ったわけだけど、ヒットは3本しか出なくて(うち2本がホームラン)。
一発攻勢なのは、一昨年のシーズンを思い起こす。

まだ一試合だけだからあれなんだけど、1番2番にヒットがでてないのが気がかり。
でも押さえにシコースキーが使えそうだということがわかったのは、大きな収穫。

このまま、我が西武ライオンズは勝ちまくるぞおおおお。

秋の優勝セールの準備しておかなきゃ

我が白にゃんこに、花巻東の菊池君が

今日はドラフトの日だったんだな、すっかり忘れてた
今年の目玉は花巻東の菊池君ぐらいなもので、巨人を前から熱望していたホンダの長野君は、巨人1位指名確定だから、あんまり話題にもならないわな。
で、結論から書いてしまうと、我が西武ライオンズが6球団の競合のなか、見事くじを引き当てましたとさ。
すんなり西武入りするもとして、松坂のように初年度からバンバン投げさせるのだろうか?

個人的には、松坂ほどの大型新人だとは思っていなくて、1年か2年はきっちり体を作ったほうがいいと思ってるんだけど、どうだろう?
貴重な左の存在であるからして、大事に育ててもらいたい。

左で思い出したけど、工藤ちゃんが西部に復帰するかも?って話が出てるね。
おっさん、幾つだよ・・・と思いつつも、1987年の日本シリーズを覚えている身としては、やはり47番は工藤ちゃんなんだな
帆足には悪いけど。

来年が楽しみになってきたわぁー