タグ別アーカイブ: 電子書籍

角川グループとAmazon.com 電子書籍の配信契約を締結

これでやっと消費者側から動くタイミングが出てきたかな?

角川グループ、Amazon.com(アマゾン)と「Kindle(キンドル)」向け電子書籍の配信契約を締結
http://www.shinbunka.co.jp/news2012/03/120301-01.htm

電子書籍に価格競争?

確固たる日本のコンテンツプラットフォーマーというものが、電子書籍マーケットで出てこないという現状でとうとう角川グループがアマゾンと契約するに至った。以前から交渉は続けていると公の場で発言していた角川会長であるが、詳細な契約内容は不明ながら記事中には「価格決定権」はアマゾン川が持つと明確に書いてある。この価格決定権について、苦渋の思いで契約に至ったのかは不明であるが、これによって価格破壊が起きそうな雰囲気は出ているのではないかと感じる次第。

ここで疑問に思わなければならないのが、角川がサービスしているBOOKWALKERとの兼ね合いだろう。BOOKWALKERは国内サービスとしては、かなりいいせんをいっていると個人的には思うのだが、価格面で言えばそれほどのインパクトはない。同じ商品(厳密に言えば違うのだろうが)が同じ価格で販売されるのか、価格競争が行われるようになるのか、ここに注目をしたい。

Kindleでの価格決定権をアマゾン側が持つとなると、私の想像ではKindle側のほうが安く価格設定がされると思う。そうなると、BOOKWALKER側で対抗措置として価格改定が行われる可能性も十分出てくる。

正直、大丈夫なのか?という印象を拭いきれない。

あまりの落差によってBOOKWALKERがサービス中止になる事も視野に入ってきてしまう。そこまでBOOKWALKERの状況がひどくなれば、Kindle向けの契約を破棄するという選択肢も出てきてしまうかもしれない。

端末はどうする?

アマゾン側からすると、日本でKindleの正式サービスはまだ行っていないが、どの段階でKindleのサービスを始めるかに注目したい。

そのときのサービスの展開の仕方だが、Kindle Fireのようなアマゾン謹製端末を中心に攻めていくのかという、必ずしもそうではないのではないかという思いも拭いきれない。日本ではサービスの遅れ、代替となる端末がえらく急速に普及している現状で、わざわざKindle Fireのような端末を購入することになるだろうか?それは苦戦するのだろうと予測する。むしろ、Kindleをスマホやタブレットのアプリとして、そちらをメインにサービスを展開していくのではないかと思うのだが、どうだろうか。

他の出版社はどうなる?

角川グループはこのあたりは迅速に動いている印象はあるが、他の出版社はどうだろうか。もちろん、他の大手出版社とアマゾン側との交渉は行われているという話は漏れ聞こえてくるが、この発表により他の大手出版社も流れ込むような動きにはならないのではないか。そんな気がしている。

もちろん、アマゾンが日本での正式サービスを開始するにあたり、「角川グループだけです」ということにはならないだろうが、小規模出版社がいくつか参加という具合で、不十分なボリュームでの見切り発車になるのではないか。というのが、私の予測。この予測は是非外れてもらいたいものである。

クラウド時代と< クール革命> (角川oneテーマ21)
クラウド時代と<クール革命/> (角川oneテーマ21)” /></a></td>
<td valign=角川 歴彦 片方 善治

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-03-10
売り上げランキング : 159021

Amazonで詳しく見る by G-Tools

自炊代行提訴についての雑感の雑感

 先日7人の作家が自炊代行業者に対する提訴の会見を行なっていて、ニコ生でも中継されていたわけですが、タイミングが合わなくてタイムシフトでもまだ見ていない状況な私です。こんにちは。

 twitterの私のタイムラインでは、どちらかというと作家さんの方に否定的な意見が多かったように見受けられます。このブログでも何度か電子書籍周りの話は書きました。twitterでもたまにそんなことつぶやいてました。ですが、今回の提訴にあたり特にツイートをするわけでもなく、ブログになんか書くという事をしておりません。なにせ、会見見てないから、何を行ったのか伝聞で伝わってくるだけで、正確なところを把握してませんので。なので今回の提訴については、特にコメント無しを貫こうかと思います。(今さら会見見ても、タイミングがズレてるよね感が強いので)

 そんな私ですが、なんでまたこのタイミングで自炊代行の話を書こうと思ったかというと、アゴラに面白い記事が出ていたからなんです。それがコチラ

自炊代行提訴についての雑感 — 玉井克哉
http://agora-web.jp/archives/1416605.html

そんなに長い文章でもないし、要約する必要もないので、各自アゴラに見に行って下さい。
感想としては「なるほどな」という感じ。

法的な部分の問題点は福井先生が仰っている通りで、そこに反論の余地はないでしょう。
権利者が正当な権利として、権利を主張するのも間違いではないでしょう。
(会見の中で、装丁がどうのこうの言った人がいるらしいが、自炊代行業者の問題の本質はそこではないし、会見見てないからどういう流れで言ったのかよくわからんから、その点はスルー)

さて問題は(法的な部分を抜きにして)自炊代行業者がビジネスになるとふんだと言う事は、そこに需要があるからとふんだわけです。その需要を支えている欲求はつまるところ、「読者が制約なく本を読みたい」というもので、ここで言う誓約とは読む際に端末が固定されていたり、引用したいのにコピペ出来ないとか、そういう類のものと考えて下さい。

今年は電子書籍元年と言うことになっていますが、蓋を開けてみると「始まる前から終わってた」「で、いつはじまるの?」という状況じゃないかと思います。つまり、品揃えとか、制約が厳しいとかと言った消費者の要求するレベルに、出版社を始めとするコンテンツホルダー側が答えられなかったという現実があるわけです。

消費者欲求として、「PCでもiPadでもiPhoneでもandroid端末でも端末に依存せずに購入したコンテンツを見たい読みたい」というのは決してなくならないでしょう。そして現実として端末依存を避ける最適な解が自炊という事になってるわけです。

「違法な自炊代行業者を無くすには?」の問の答えは「消費者が満足するサービスをコンテンツホルダーが提供する」になります。

では、私が満足するレベルの電子書籍サービスとはどの程度のものでしょうか。ここからは個人的なサービスレベルの話ですので、一般の人との乖離が見られるかもしれませんがあしからず。
※ 雑誌といわゆる書籍では、求めるレベルが異なりますので、ここはいわゆる書籍に限った話になります。雑誌のほうは求めるサービスレベルがぐっと下がります。

1.端末非依存は必須
 iPhoneアプリ形式とかもってのほかで、馬鹿じゃなかろうかと思うわけです。購入した端末でしか読めませんなどとほざくサービスもうんこ過ぎます。PC→androidへの移行は有料ですとか言われると、靴を脱いで投げつけたくなります。PC→PCへの移行が有料という例もありましたね。あほかと。

2.サービスの続く限り再ダウンロード保証
 購入したコンテンツのダウンロードに期間設定されていると、なんだかなーって思うわけです。再ダウンロードが必要な場合を想定したとき、端末のデータが吹っ飛んだとか、端末が壊れたとかそういう事態に陥ってたりするわけですが、それはすぐにやって来るわけではなく、忘れた頃にやってくるわけです。

3.サービス停止の心配をしなくていい
 これはちょっと語弊があるかもしれませんが、どんなサービスでもいつかは終わるものです。それが近い将来なのか遠い将来なのかという話で、遠い将来の話はとりあえず置いておきます。
 一方で今年立ち上がってきたサービスの潜在的利用者を見ていると、「いつ終わってもおかしくない」と感じている人がほとんどに見受けられます。私も同意見です。そんなサービスにお金を払うのはリスクが高すぎます。

このあたりがクリア出来てくると、始めて電子書籍元年が始まるのではないでしょうか。

GALAPAGOSが終わる日(2)

シャープ担当役員、「GALAPAGOSは決して撤退しない」
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1109/16/news150.html

でも終わってると皆感じている。いや、始まる前から終わってると感じている。

まだまだ、新製品を出す気持ちでいっぱいのようだが、サービス側が良くならない限り、苦戦は必死だろう。

前のエントリーで(時間的都合で)かけなかった部分を今日は書いていきたい。

始まる前から終わっていたと思っているのは、ガジェット好きが中心だと感じるのだが、そのガジェット好きがGALAPAGOS購入に動いたかというと、首を捻る。一部のガジェットマニアは、コレクション目的か、応援の気持ちなのかわからないが、購入したという話を聞くが、そんなに数が出ていったという話でもない。

GALAPAGOSは、あくまでGALAPAGOSのストアから購入した書籍を見るだけの端末としてスタートした。
その後、Androidの汎用Tabletになったわけだが、事遅かったとも言える。
それ以外のことを言えば、汎用tabletはiPadの一人勝ち状態が、日本だけではなくて全世界的な傾向であり、tablet市場でシェアを獲得するのは、かなり難しい。
さらに日本独自端末であるから、当然ながら世界的な市場に比べるとマーケットボリュームは小さくなり、開発コストがその分端末価格に厚く乗ってしまう。

ここまで書いてきて、なぜか腹がたってきたので、ここいらで終わりにするが、GALAPAGOS事業を続けるのであれば、入れ物である端末に力を注ぐよりも、ソフトであるサービス側の改善を強く求めたい。

GALAPAGOSが終わる日(1)

 シャープがGALAPAGOS端末の販売を中止するそうだ。

「ガラパゴス」進化せず シャープ、9月末で販売終了 「iPad」に対抗できず
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110915/biz11091510310007-n1.htm

 始まる前から終わってたとも言えるGALAPAGOSであるが、最近はすっかり存在を忘れていてニュースを見て「ああ、やっぱりね」というのが最初の印象であろうか。
 一応、他の販売ルートは残ってるようであるが、近い将来他の販売ルートも終わるであろうし、新たに端末が出てくることもないだろう。

 現時点で、GALAPAGOSは失敗であったと言えるだろう。では、なぜ失敗したのか。このあたりを考えてみたい。

 思い当たる節を列挙してみるとこんな感じだろうか。

  • 紙から端末へのシフト需要を創りだせなかった
  • 電子書籍としてのインセンティブがなかった
  • ガジェット好きが食いつかなかった
  • コンテンツ不足と流通の問題
  • ユーザー独自コンテンツが作れなかった

多くの人は本を紙で読む

 まとまった文量のテキストを読むのは、紙の本で読むのが当たり前。という大前提があり、多くの人は子供の頃からそういう訓練を意識しなくても受けてきている。
 ネットの発達した現在では、ウェブでテキストを読むという行為は一般的になってはいるが、200ページを超えるような新書のような文量のテキストをウェブで読みたいという人は、あまりいないだろう。
 目が疲れるし、栞のような機能があればよいが、ウェブの1ページに本一冊分のテキストが書かれていたら、さぞ読むのは大変であろう。

 PDFといった紙に近いフォーマットを持った形式であろうとも、紙の本に慣れている人からすると、PDFですら長文は厳しい物がある。

 電子端末で長文テキストを読むという行為自体が、「本をよく読む人=本をよく買う人」にとって苦痛なのだ。

 ちなみに私はどちらでもいい派であるが、夜は部屋の明かりをつけたくない性分で、夜間だと端末の光だけで読書が出来るという点で、電子書籍のほうが読みやすかったりするのだが、私の場合ははっきり言って異端であろう。

 GALAPAGOSのような電子端末のターゲットは本をよく読む人であり、そもそも本をあまり読まない人にとって、メリットがあまりない。むしろ端末代の負担が大きくのしかかる。一方で、本をよく読む人には電子化はあまりありがたみがない。
 そもそも需要がなかったのだと言ってしまっていいだろう。

電子書籍のインセンティブとは

 電子書籍が登場しだした頃言われていたのが、電子書籍なら本では実現しなかった事が出来る。例えば、音声ガイドを載せるなり、動画をつけることが出来るとか。目次からチャプターへのジャンプだとか。
 後者は便利であると言えるが、前者ははっきり言って需要がない。

 本の未来をテーマに語るといったカンファレンスを見ていても、本そのものの形態が変わっていくという考えを示したのは、出版業界の先進的な人たちであった。が、実際には変わっていくというムーブメントも作り出せなかった。
 これは、読者がついていけてないとも言える。本を読みたい読者はあくまで「本が読みたい」のであって、音声がついてるとか正直どうでもいい。

 では代わりに別のインセンティブを与えるにはどうしたら良いか。安直ではあるが、価格面で普及を促すという方法が挙げられる。

 現在流通している電子書籍の価格は、同じ紙の本と価格を比較するに、同額もしくは若干安い程度。ほとんどは、若干安い程度になるだろうか。整理すると

紙の本(新品)≧ 電子書籍 > 古本

という具合。古本で手に入るなら、古本のほうが安いわけだ。

 電子書籍の価格設定については、ちと難しい所がある。海外に比べ、日本の(紙の)本は価格が低めに設定されている。これは昔からそうで、業界全体での企業努力と業界のシステムによる所が大きい。
 海外での電子書籍と紙の本の価格比率と日本での価格比率を比べると、海外に比べ日本での価格比率に差が少ないのは、日本では紙の本が安いからというのが理由の1つである。このあたりは以前にも書いた。

 もう1つ理由を上げるとすれば、意外と電子書籍にまつわるコストが掛かっているという点。本を出版するコストを考えると、紙の本では印刷する数に応じてコスト全体が変動するが(印刷費が)、電子書籍の場合ほとんどが固定費である(編集費用)。だが、その固定費があまりに大きく掛かっているそうだ。このあたりは伝聞であるし、なんでそんなに掛かっているのか不思議でならないのだが、そういう事らしい。
 このあたりはまたの機会に再度整理したいと思う。

 この節で何が言いたいかというと、ユーザー側は電子書籍になれば、同じ本でも電子書籍ならば価格面で有利になるだろうと思っていたが、実際にはそうではなかった。ユーザー側のガッカリ感はわかってもらえるだろうか?

コンテンツ不足感に対する訴求力の弱さ

 GALAPAGOSに限らず、他の電子書籍マーケットでも同じであるのだが、「この本屋に行けば、なんでもある」という場所が存在しない。あの本はどこで売っているのだろう?それを自分で探し当てなければならないという残念さ。マーケットが乱立したら、まーそうなるよね。ということだ。

 電子書籍を購入するという行為を考えるに、決算の問題からクレジットカードが必要だったりして、若干の敷居が高くなるのは事実である。だいたい同じような操作で、紙の本をネットで購入することだって出来る。むしろ、ネットで紙の本を探したほうが早いという現実もあるわけで、電子書籍マーケット全体の本の数とamazonが抱える本の数を比較するに、amazonのほうが多いであろうという現実には代わりがない。

 結局のところ、amazonにしてやられるという状態になってしまっている。

 エントリーがまとまっていないが、ちょっと時間がなくなってきたので、続きを近日中に書くとして、今日はここまでとさせてもらいます。

JUMP SQ.Dエディションが思いの外ヒドイ方向に進んでしまった件について

最近になってなのか、いつから開始したのかよく分かっていないのだけども、JUMP SQという漫画雑誌がある。まー分厚い月刊誌なので電車の中で読むわけにもいかず、購入する気力さえ失われるような雑誌なのだけども、集英社の中では電子化が進みつつある雑誌ではある。

昨年の秋ぐらいだったか、姉妹誌にあたるJUMP SQ 19のデジタル版というのが、iPhone/iPad版で登場した。おそらく試験的な配信であるのだが、ビューアーはそれまでに出されたものよりはマシで、概ね評価を得られたわけであるが、昨年末に装いも新たにJUMP SQ.Dというアプリで再登場した。

大きな違いは、アプリ内課金で、書籍を追加していけるというところだろう。
現時点では、JUMP SQ 19春号と夏号は無料で配信されている(ただし一部の漫画は配信されておらず抜かれているのだが)。
そしてJUMP SQ 19秋号が450円という価格設定である。
まぁーここまではいい。

問題はJUMP SQ 19秋号である。

これは、アプリを起動してストア画面を開いたときのスクリーンショットであるが、秋号の注意書きをよくみるとこうある。

※「迷い猫オーバーラン!」「帝一の國」「1/11 じゅういちぶんのいち」「モテ虫王者カブトキング」は掲載されておりません。あらかじめご了承ください。

画面全体を見ると、迷い猫オーバーラン!は掲載されていて当然だと思われるのだが、なんと掲載されていないのだ。
看板タイトルであるはずの迷い猫オーバーラン!が掲載されていないという、どうしょもなくやる気のない集英社に幻滅しつつ思う。
これはないだろう・・・

どうしてこうなってしまったのか、理由を考えることにしよう。予め断っておくが、ここで導きだされる結論は、当然ながら集英社のコメントとかを参照していない。大人の事情を勝手に妄想しているだけなので、まったく間違っている可能性が十分にあるという前提で読んでもらいたい。

1. Appleコードに引っかかるのを恐れて自主規制、もしくは引っかかったら掲載取りやめ
 Appleはエロに厳しいと言われている。というか実際厳しい態度で出てくるわけで、アプリの申請をしてもあっさりリジェクトするのがアップルである。実のところAppleの前にはエロの表現の自由はない。
 で、迷い猫オーバーラン!であるが、作者の矢吹健太朗の描く絵はやはりエロ要素が強い。しかし不可解なことに、夏号ではOKだったものが秋号ではNGとは納得のいかないところである。まぁー秋号は読んでいないのだから、正確なところはよくわからないのだが。
 他の削られたタイトルはエロ要素のため削られたとは思えず、可能性は0ではないにしろ、要因としては薄いと思う。

2. 紙媒体へのインセンティブ
 Appleコード問題よりは、こちらのほうが比重が高いと思う。出版社として紙媒体は守りたいのだ。大きな出版社には部署として印刷局というのがある。そこに人員がいるため、どうしても紙媒体は守らなければならないという思惑が働く。
 そうなると、電子版にはないインセンティブを紙媒体へ与える必要が出てくる。しかし、そう簡単にインセンティブを与えることは難しい。であるならば、電子版は不完全版として配信し、紙媒体を完全版とすることで、相対的にインセンティブを与えるという方針を取ったのではないか。

というのが私の考えである。

おそらくこの傾向は、大きな出版社ほど強い傾向になると推測する。逆に小さな出版社は、印刷コストを下げる事のほうが重要になるように思える。例えば、コミックゼノンはほぼ全部配信している。もちろん紙媒体へのインセンティブは存在していて、付録としてDVDが付いてきたりするのだが、こちらはオマケが付属しているのであって、本体のほうはほぼ全部配信しているので、読者としては不快感はない。一方で不完全版を出されても、不満が募るばかりである。

まだ今年も始まったばかりであるが、電子書籍の明るい未来は今年中に見れるのか不安である。

角川 BOOK☆WALKER始まったが…

 12月3日付けで角川の電子書籍プロジェクトがオープンしたわけだが、グランドオープンは来年の7月。すなわち現時点ではβバージョンという事で、「こんな感じで行きますよー」というメッセージをユーザーに投げ掛けている段階と個人的に思っているわけだ。
 というわけで、iTunes Storeに登場したアプリをインストールして、感じを掴んでみた。

BOOK☆WALKER(iTunes Store)
 http://itunes.apple.com/jp/app/bookwalker/id404123731?mt=8

 現状では、コンテンツはさほど充実しているわけではなくて、約50作品程度に収まっている。今後、コンテンツは拡充していく予定であり、そのあたりは期待しよう。(ローンチコンテンツはコチラで確認)

 さて、iPadのアプリでこのアプリをチェックしてみた。
 まず、気づいたことは、VOYAGERのシステムを組み込んでいることがわかる。iPhone/iPad向けの書籍系アプリでは定番となってるシステムである。

読書の感じ

無料で確認ができるコンテンツがいくつか用意されているので、それで動作を確認してみることにした。

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱


無料の立ち読み版では、プロローグと第1章の自己紹介をする手前までと、ほんの触りのところまでだが、どのような感じで読めるのかを確認するには、十分である。

(長くなるので続き)
続きを読む