タグ別アーカイブ: CMS

RedMine備忘録

RedMineというプロジェクト管理用Webアプリがあるのだが、必要に迫られて水青鯖にRedMineを設置してみたときのメモみたいな感じな何か。

RedMineはRuby on Rails上で構築されるアプリケーションで、Ruby on Railsを入れないといけない。
いままで水青鯖は、Ruby関係はほとんど使われていなかったので、このあたりで環境整備

rubyのバージョンは1.8.7が入ってた。
rubygemsは入れた
railsも入れた

さてRuby on Railsを動かすときは、どのWebサーバ上で動かすかってのが課題にあがるのだが、当然のことながら、WebのサービスなんだからApache上で動かしたいに決まっている。
というわけで、mod_passengerってやつを導入。

ここから長くなるから、続きを見たい人は続きを押すべし
続きを読む

deki wikiというのがよさげなんだけど

waterblue情報共有サイト(っつーかページっつーか)を作ろうという話が昨日のお酒の席で上がったんだけど、CMSには何がいいかなって模索していた。
ま、なんでもいいんだけどさ。

要件としては、以下のことがあげられる。

  • 認証によるアクセス制限
  • メンバ管理が楽なのがいい
  • 簡単な文章管理
  • 高いセキュリティ性

とこんなところ。アクセス制限に関しては、セキュリティ的にどうかという話もあるけど、PAM認証をかけたい。
運用が楽になるし・・・

で、いろいろ調べていたら、deki wikiというのがあるということを知った
http://wiki.opengarden.org/Deki_Wiki

これなんだけど、見た感じwikiの完成系なきがしないでもない。
が、waterblueサーバに導入するとなると、ちょっと厄介だ。

各ディストリビューションパッケージが用意されており、waterblueサーバで使用しているシステム向けのパッケージがないわけじゃないが、waterblueサーバのシステムが若干古いため、大幅なアップデーをしないとだめっぽいんだな。。。

このdekiwikiだけど、PHPだけで書かれているわけではなく、一部C#が使われているようで、Linuxで動かすにはmonoが必要になってくるようだ。

とりえあず、dekiwikiは、、、、導入が面倒っぽいので後回し。
ただ仕事で使えそうではあるので、手持ちノートのUbuntuで実験してみようかな。

WordPressをアップデートす

WordPressをアップデートするとほざいてから、ちょっと時間がたってます。。w
なので、今日はWordPressをアップデートしてみましょう。

手順はさらしますが、はっきり言って普通の人が行うようなレンタルサーバでの手順と異なります。
なにせルート権限までもったサーバで運用してるから・・・w

というわけで、いい加減な手順をさらしてみる。

1.適当なディレクトリにWordPressをダウンロード

$ wget http://ja.wordpress.org/wordpress-2.5.1-ja.zip

2.ダウンロードしたふぃあるを解凍

$ unzip wordpress-2.5.1-ja.zip

3.既存のWordPressのファイルをバックアップを取る、が横着してみる

既存のWordPressのファイルがあるディレクトリに移動して、
$ cp wp-config.php wp-config-bak.php

4.この環境の場合、既存WordPressファイルの所有権がapacheのユーザになっているので、ここでルートで作業

$ su

5.ルートになったら、強引にファイルを上書き
6./wp-admin/upgrade.phpにブラウザからアクセス
7./wp-admin/upgrade.phpを削除
以上

で、アップグレードは完了するんだけど、あれだ
テンプレートがずれる。。。
サイトデザインを変更しようかな、ってのが次の課題

とりえあず、暫定的にbob(だれ?w)のテンプレートをいれこんだ。
自分でつくるかなぁ・・・