タグ別アーカイブ: FPS

Wolfenstein: The Old Bloodの感想的なもの

なんか久々にPCゲームをしている気がする私です、ども。

ようやく日本リージョンでも、Wolfenstein: The Old Bloodが配信されました。あ、Steamの話です。他のプラットフォームは知りません。

今日はその感想的なものを書いていこうと思います。

続きを読む

Wolfenstein: The New Orderの感想的なもの

Single FPSは久しぶりな気がする私です、ども。

とりあえず全実績解除しました

このゲーム、オールドスクールな印象を受けるシングル専用FPSなんですが、こういうゲーム好きです。個人的な採点をすれば75点ぐらいですかね。80点あげてもいいけど。

ゲームは全16チャプターに分かれてますが、各チャプターの長さに統一感はなく、長いところもあれば、短いところもある感じです。

ストーリー的なものは、個人的にどうでもいいですけど、ちょっとダークな感じで、「毎日ナチスをぶっ殺そうぜ」的なものと解釈してます。いや、ぜんぜん違うけど。

難易度は高くない

このゲーム、さほど難易度は高くない印象です。事、全実績解除も難しくはないと思います。

最も効率的に全実績解除するには、

  1. 優し目の難易度で1周目をクリア(ファーガス生存ルートが望ましい)しつつ、コレクタブルアイテムを回収
  2. 難易度不問で、ワイアット生存の実績を取得(1周目でワイアット生存ルートをとっていた場合、ファーガス生存の実績を取得)
  3. エニグマコードを解読
  4. ボーナスモードの999でクリア(ベリーハード実績解除)

こんな感じで、2周+αでクリア可能です。999モードは、難易度がベリーハードに固定されますが、体力が999スタートなうえに、無限弾のモードなので、ヘタするとノーマルよりも簡単にクリア可能です。

一種のチートモード的なものですが、それでも実績が解除できるのは、何とも。

ゲーム性について

このゲームは、ステルスプレイ、アサルトプレイどちらも可能なんですが、場面場面によっては、アサルトプレイを強いられるところもあり、どっちつかずの印象。ステルスプレイに関しても、奥深さはほとんどなく、そのへんは残念な感じです。このあたりが、私の評価を落としているところ。

近くで殺されてるのに、気づかない敵さん。。。

アサルトプレイに関しては、ショットガン両手持ちなどが出来て、結構爽快。ただ、敵はガッポイにしか見えない。ガッポイ。

個人的にはオススメ

最初の方にも書きましたが、オールドスクールな印象を受けるこのゲーム、もうひと頑張りしてもらいたいという気持ちもありますが、古いデザインのFPSで、真新しさはありません。それ故、安心してプレイ出来るシングルFPSとしてまとまっていると思います。

正直、興味が無い人にフルプライスではオススメできませんが、安くなったらプレイしてみるのもいいかと思います。

Sniper: Ghost Warrior 2 ~後編~

昨日のエントリーで、ACT4まであるって書いたけど、あれ嘘だ、ども私です。

いやー、どっかのサイトでwalkthrouwでACT4まで書いてあった気がするんだけど、もしかすると前作のwalkthrouwを見ていたのかもしれない。くっそ。

やっぱValue Gameだったわ

というわけで、ACT4まであると思っていたので、ボリューム面では一昨日は満足だと書いたけど、間違いでした。

ノーマル難易度でプレイ時間は約5時間。まぁープレイしている間、ストーリー的にまだ先があるのか?と疑問に思っていたわけですけど、すんなり終わりました。

さて、このゲームですが奥深さという面では、物足りない感じを受けます。まぁー1週プレイしただけなので、少し外しているかもしれませんが、基本的に「この場面では、この順番で敵を仕留めていく」というのが、味方により指示されるので、その通りにプレイしていけばいいのです。

場面場面で臨機応変さを求められることは、ほとんどありません。つまり、攻略方法は基本的に用意に判明するっつーことです。

このゲームの難しさについては、ちょっとだけ難しいと一昨日書きましたが、その難しさの1つは、狙撃の難しさにあります。

初級スナイパーに送るTIPSなど

ま、偉そうに書くつもりはありませんが、リアル寄りのFPSを経験していないと、「なんで敵に弾が当たらないのだ?」と感じる方がいるかもしれません。スコープのクロスヘア中心に、敵の頭をセットし撃ったはずが、敵に当たらない?そりゃそうです。狙いを定めるのはそこじゃないからです。

このゲームは、弾丸が風と重力の影響を受けます。これが重要。風が強ければ、弾は風下のほうに流れていきますし、敵までの距離があると重力により、弾丸が自由落下で下の方に着弾します。

昨今では、この手の影響をシミュレートするFPSは少なくなってきており、今となっては珍しい部類に入るかもしれません。PCゲーな人であれば、OFPやらRainbow SixやらArmaやらで、感覚的にわかるかと思いますが、家ゲーの人でPS3/XBox360からFPS始めましたーなんて人には、とっつきにくいかもしれませんね。

で、長々と書いてしまいましたが、じゃーどうするのか?って事ですが、このゲームはスコープを覗いていると、着弾地点が小さい赤い○で表示されます。その赤い○を敵の頭に合わせる必要があるんですね。実際の射撃で、着弾点が自動的にスコープに表示されるって事はないと思いますが(さすがにそんな世界にはなってないよね?)、スナイパーの緻密な計算が本能で「ここを狙え!」と教えてくれると脳内補完しましょう。

それと、弾丸は即着ではありません。距離があれば、それだけ着弾に時間がかかります。距離が1kmと離れていれば、当然着弾までに1秒以上かかります。そこも計算して狙撃をする必要があります。

もうひとつのポイントとしては、手ブレの強さがキーになります。

手ブレの強さは、Standing(立射) > Keening(膝射) > Prone(伏射)となっており、特に遠距離狙撃の場合は、可能な限り伏射することが望ましいです。

また、呼吸を止める事で一時的に手ブレが大きく収まりますので、有効に使っていくべきだと思います。

まとめると、射撃姿勢、着弾地による狙い、呼吸を止める、この3点に気をつければ、どうってことはありません。

日本語版って?

私はSteamで売られているPC版を購入したわけですが、日本から見るSteamでは

お知らせ: Japanese and English are the only languages available in Japan.

ってお知らせが表示されており、日本語と英語しか選べないやつになってるんですね。

日本以外の地域では、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポーランド語、チェコ語が選べるようです。

ま、一般的な日本人であれば、英語と日本語があれば問題ないでしょう。PCゲーマーなら最悪、英語だけでもプレイしますから。かわいそうなのは、日本に住むドイツ人とかフランス人でしょうね。可哀想に。あと、日本の基地にいる在日米軍の人も割を食うという話もあり、誰も喜ばないリージョンコントロールだったりしますね。このことは、別途そのうちしたいと思います。

で、PC版では日本語版は現時点で用意に入手可能ですが、長らくSteamを使っている私としては、直感として、いつ日本語が削除されてもおかしくないし、買えなくなってもおかしくない。と感じ取って、さっさと購入に至りました。じゃなかったらセール待ちしてたかもしれない。

それでですね、サイバーフロントからPS3/XBOX360/PC向けに日本語版が出るらしいんです。

サイバーフロント
スナイパーゴーストウォリアー2公式サイト
http://www.cyberfront.co.jp/title/sniper_gw2/

2013年発売予定!っていつ出るんだよ・・・。Steamではもう売ってるぞ・・・。ばりばり日本語だったぞ・・・。

で、サイバーフロントのトップページをみてみると、8,190円って書いてあるじゃないですか。8190円・・・?え??

Steamだと$29.99なのに、サイバーフロント経由すると8,190円になるの?もう一度書くけど、サイバーフロント経由すると、ドル換算($1=100円計算)で$82になるの?意味がわかりませんね。

私はこのゲームをバリューゲームだと言いました。実際にバリューゲームの価格帯で販売されてるものですから。開発元のCity Interactiveってそういう微妙な価格の微妙なゲームを出すところですから。それが、サイバーフロントにかかると、なんとフルプライスなゲームに早変わり。AAA級タイトルと変わらないお値段。

いい加減にせーよ、サイバーフロントよ。

Sniper: Ghost Warrior 2 ~前編~

シングルFPSは久々な気がする私です、ども。

FPSとしては、Crysis3とか出てますが、ちとお高いのと、微妙そうな感じだったのでここは一旦スルーを決め込んでいます。ま、シムシティがあるし。

で、表題のSniper: Ghost Warrior 2なんですが、Steamで売ってます。現在$29.99で、所謂Value Gameと呼ばれる価格帯のゲームですね。前作もそうでした。

予約はしていなかったのですが、このタイトルがアンロック後、日本からSteamを見ると(日英版:日本語と英語リソースだけがある版)になっており、予約者は日本語なしの版のようで、予め教えておいてくれよーと言いたくなるような事になっています。どうにかならんもんでしょうか。

2013-03-16_00002

というわけで、日本語でプレイです。箱○パッドを挿していると、UIがそれ用に表示されます。もちろんパッドでプレイ出来るわけですが、FPSをパッドでプレイする馬鹿はいないと思うので、箱○パッドは外してプレイしたほうがいいと思います。挿したままでもマウス/キーボードでプレイできますが、ゲーム中の「このボタン押せ」的な指示が全てパッド仕様になるので、注意です。

どんなゲームか

チェックポイント型のストレートなFPSですが、スナイパーに焦点を当てて、主に潜入ミッションをこなしていくゲームです。

ACT1~4まであり、それぞれのACTは細かくMissionに分かれており、さらに結構な数のチェックポイントに分かれています。

スナイパーのゲームなので、敵に見つからず敵を仕留めて、先に進む。そんなゲームなんですが、芋砂な方は気に入ってくれるんじゃないかと思います。

2013-03-16_00004

暗視ゴーグルをつけて狙撃するの図

難易度はちょっとだけ高め

ACT2まで終わらせた感じだと、前作にあった理不尽な死に方、ミッションの失敗の仕方ってのは、今のところ遭遇しておりません。

ただ、敵に補足されると、めった打ちに合う可能性が高く、近づかれてもこちらはスナイパーライフルとハンドガンしか持ち合わせていないため、接近戦には弱いです。したがって、敵に見つからないように進めていくのがポイント。敵の集団に発見されると、あっという間に死ねます。

2013-03-16_00005

もちろん、ステルスキルもありますよと。静かに敵を葬り去るのだ。

そういうこともあって、シーンごとに攻略方法を間違えると、一気に難易度が跳ね上がります。そういうプレイもできなくはないでしょうが、相当難しいでしょうね。

2013-03-16_00007

敵に見つからずに進むのです。ミッションによっては、敵に見つかると即終了になることもあるでしょうね。

今のところ悪くない

中間地点まで進めた印象では、出来は悪くないと感じてます。

まぁー前作がバグだったり雑だったりでアレでしたから、それと比較するのもなんですが、Value Gameとしてはまずまずな感じでしょうか。

プレイ時間も前半だけで3時間ほどでしたので、そのまま後半の時間を考えれば、所見1週6時間ってところでしょうか。昨今のシングルFPSとしては、並な感じでしょうかね。値段を考えれば、納得のいく出来と言えるでしょうかね。

60ドルや50ドルでこれだったら、不満も出てきますが。

頃合いを見つけて、続きをプレイしようかと思います。

Far Cry 3 その5

また現実逃避中な私です、ども。

いつのまにか日本語化

FC3をクリアしてからというもの、FC3の情報をとりに行っていなかったんですが、日本語版の発売日はいつなんだぜ?ってことを調べたら、PC版の日本語化ってのが出来るようになってたんですね。

というわけで、2chからのコピペ

■unpack/packツール
http://svn.gib.me/builds/dunia2/

■日本語化の手順(改訂)
1)UbisoftFarCry 3data_win32 内のcommon.datをunpack
2)UbisoftFarCry 3data_win32 内のpatch.datをunpack
3)patch.datをアンパックして出来たフォルダ内にlanguagesenglish と uicommonfontsfire という階層を作っておく
4)commonアンパックフォルダlanguagesjapanese にある oasisstrings_compressed.bin と speechlength.bin を上記のpatchアンパックフォルダのenglish内にコピー
5)commonアンパックフォルダuicommonfontsfire にあるtradegothic_lt_bold_japaneseset.ffdのコピーを2つ作成しtrade_gothic_neurotic_default.ffd と tradegothic_lt_bold_default.ffd にそれぞれリネーム。
これらをpatchアンパックフォルダのuicommonfontsfireへ上書きコピー
6)以上の作業を終えたアンパックpatchフォルダをリパックし生成されたpatch.datとpatch.fatの2つのファイルを元のファイルと置き換える
7)HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREWow6432NodeUbisoftFar Cry 3のLanguageの値をEnglishにする
8)GamerProfile.xmlのLanguage=japaneseをEnglishに、UseSubtitles=0を1 に変更する

jp01

jp02

jp03

jp04

従来の簡易的な日本語化方法だと、UI部分は日本語化されましたが、字幕が出てこないので、ストーリーを把握することは難しかったのですが、これで字幕部分も日本語化されるので、ストーリーも把握できるかなと。

Far Cry 3 その4

クリアしてしまいました、ども私です。

やっぱりエンドゲームコンテンツは不足していた

予想通りともうしますか、メインストーリークリア後には、エンドゲームモードに突入するわけなんですけど、2週目ってのはなさげのようです。ちと残念。

敵の拠点を全部潰したら、ほんとやることがなくなってしまいました。コレクションアイテム探しとか、めんどくさいだけだし・・・。

ゲリラ戦が楽しいのに、もうゲリラ戦を楽しめないなんて・・・。

拠点関連については、このゲームの根幹部分に関わるので、DLCでどうのこうの出来るって話にはならんかと思うわけで、1回プレイすれば十分かなってなってしまいますね。

ストーリー的な話

うーん、ラストはあれっすねぇ。あまりストーリーは盛り上がらないというか、これで終わっちゃうのというか、不完全燃焼というか。微妙でした。

攻略へのヒント

その1のエントリーでも書きましたが、クリアして気づいた事を追加していく形で記述していきます。

クラフティングを優先すべし

動物の皮を剥いで、クラフティングは優先して行った方がいい。ゲームの中盤までで、すべてのクラフティングが可能になる。最上位のクラフティングは、ハンターミッションをしないといけないが、それも中盤までのエリアで終わる。

クラフティングで全ての皮を手に入れたら、動物狩りは一旦終わり

動物を狩って、皮を剥いで、それを店に売ることは可能だが、小銭程度にしかならない。はっきり言って、稼ぎにはなりにくい。またクラフティングに使うことももうない。それなら、さっさと別のことをしたほうがお得。

敵拠点の犬とヘビーさんについて

犬は、近づくと厄介だが、遠目からサイレンサー付のスナイパーライフルで仕留めれば、敵に気づかれることなく排除できる。

敵のヘビーさんは、非常に硬いがスナイパーライフルでヘッドショットをキメれば、1ショットで仕留められる。周囲に敵がいないか確認した上で、仕留めるといい。またストーリーを終盤近くまで進めると、ヘビーさんもステルスキル出来るようになるスキルがアンロックされる。南の島のヘビーさんをステルスキルすると、経験値500とかもらえるので、かなり美味しい。

シグニチャーウェポンは高性能、ぜひとも入手したい

シグニチャーウェポンのアンロック条件だが、詳しいことはわかっていないが、サブミッションとかコレクションアイテム集め、ストーリーの進行具合によって、アンロックされていくようだ。

使っていて、これは便利だなと思ったのが、スナイパーライフルとショットガン。

スナイパーライフルは、単発式だが高威力で、車を1発で破壊するだけの威力がある。(当たりどころがよろしくないと2発必要だけど)サイレンサーはついていないので、拠点制圧には使いづらいが、ヘビーさんも1発で仕留められる。

もうひとつ、ショットガンもかなり有力な武器になる。こちらも、かなり威力が高い。対ヘビーさんには向かないが、熊やコモドドラゴンといったちょっと固めの動物に対して、有効な武器になる。

また普通の敵兵士なら、1発で数体まとめて仕留めることも可能。こちらもサイレンサーはついていないので、乱戦状態になったら使うことを考えよう。

変装後は経験値稼ぎが捗る

ストーリーが南の島にたどり着くと、敵兵士と同じ格好になるまで進めると、ストーリークリアまで敵に気づかれにくくなる(完全ではないみたい)。そこらへんにいる兵士を楽にステルスキルするチャンス到来である。普通の兵士をステルスキルすると、経験値60になるので、がんがん殺していこう。

PC版購入予定の方へ

このゲーム、かなり重いから注意すべし。

DX9環境なら、グラフィックの質は落ちると思うが、それなりに遊べるとは思う。
DX11環境だと、GF460あたりじゃ話にならんっぽい。私はGF670SLIですが、これぐらいなら最高設定で40~60FPSぐらい。AA外せば60以上で安定する感じ。

現状だと、vsyncまわりになんかしらの問題を抱えているらしく、CTDの原因に一役買っているっぽい。ティアリングは気になるだろうけども、vsyncは切ったほうがよいかもしれない。私は、vsync切ってますが、CTDは一度もありませんでした。

ひとまず終わり

スクリーンショットを貼ろうと思ったけど、おっぱいしかなかった。というわけで、スクリーンショットはなしの方向で。

クリアしたし、積みゲーいっぱいあるしで、エンドゲームはそこそこに、次のゲームに移っていこうと思ってます。

次は、MaxPayne3あたりかな。

Far Cry 3 その3

チキンプレイ上等なわたしです、ども。

なかなかおもしろい件について

Far Cry 3に関しては、あまりマークしていなかったわけなんですけど、少なくともCoD: BO2よりも面白いと個人的には思ってます。

いやー、オープンワールドはよいね。

前の前のエントリーで、原点回帰という言葉を使いましたが、本当に原点に帰ってる気がします。まぁーミュータントの類は出て来ませんけど。

初代Far Cryの攻略は、ステルス状態で敵を倒していくというスタイルが基本にあるんですが、これは強制されているわけでなく、自然とスニーキングで攻略するというスタイルになっているんですね。バランス面では問題を抱えていましたが。

Far Cry 3は、より明示的にスニーキングがメリットを受けるという方法をとっています。お陰で、初代と感覚が近いっつーわけなんですね。下手に正面突破しようものなら、蜂の巣にされて終わるわけなんですけど、全然不愉快じゃないんです。

初代Far Cryも、あのステルス性が高いゲーム性が好きだったので、今作もステルス性を生かしたゲームで、非常に好感がもてます。

まぁー、初代Far CryはCrysisでお馴染みのCrytekの開発で、これはUBI Montrealなんですがね。

2012-12-02_00001

緑がいっぱいである。

リプレイ性とエンドゲームコンテンツは微妙

初代Far Cryはオープンワールドではなかったものの、1つのマップはかなり広く、ミッションを攻略するためのルートが複数あったんです。このおかげで、リプレイ性が高かったわけなんですが、今作に関してはそこまでのリプレイ性があるわけではないですね。

また、私は現在ゲーム終盤にきていますが、敵の拠点を潰してしまうと、そのエリアで敵が殆ど出てこなくなってしまうため、メインストーリーが終わって、敵の拠点をすべて制圧してしまうと、本当にやることがなくなってしまうんですね。強いて挙げれば、コレクションアイテム集めぐらい。2週目とかあるのかしらん?でも、やらないだろうな・・・。

そしてよく燃える

前作のFar Cry 2は非常に残念な出来だったわけなんですけど、売り文句の1つに火炎放射器でオブジェクトを燃やしたら、燃え広がりをシミュレートするよー的なのがあったわけなんですが、今回も似たような感じのことが出来ます。

2012-12-02_00002

畑に潜む敵をあぶり出しですわ。このスクリーンショットはちょっと違うけど。

終わりに

明日にはクリアできそうですけど、どうでしょう。2週目は・・・プレイするのかなぁー。。。

Far Cry 3 その2

オフラインモードについて訂正

機能の記述が間違っていたので、訂正しますわ。

現在、UBIで障害が起きていて、通常の状態だと遊べないわけなんですけど、これはオフラインモードでプレイすることで回避することが出来ます。

設定方法は、Uplayクライアントの「設定」項目で、「常にオフラインモードでUplayをスタートする」にチェックを入れて、Uplayを再起動してください。これでオフラインモードでプレイ可能です。

FarCry 3 その1

シングルFPSが好物な私です、ども。

今日は夜勤さんなので、日中にFarCry3でも遊ぼうと思っていたら、UBIのFarCry3関連サーバが落ちていて遊べないで御座る。。。糞が。。。

まったくもって成長しないな、UBIは。

先祖返りか原点回帰か

2012-11-29_00002

シリーズ前作は、アフリカな感じでしたけど、今回は南の島に戻った感じですね。

まぁーストーリー的なつながりはないので、なんとなく戻ったって話です。

グラフィックは言うほど、、、綺麗じゃないかな。汚くはありませんけど。

今作の攻略について

箇条書きにしていくと

  • レベルアップで、スキルポイントを獲得
  • スキルポイントを使って、スキルを獲得
  • スキルはすべてパッシブスキル
  • 獲得できるスキルは、ストーリーが進むにつれてアンロックされていく仕組み
  • マップは、ラジオタワーを有効化しないと、そのエリアのマップが見れない
  • 敵の拠点を制圧すると、そこへファストトラベルできるようになる
  • 敵の拠点を制圧するとき、すべてステルスキルすると経験値1500のボーナスが入る
  • アラームが鳴らされると経験値500、アラームが鳴らされないなら経験値1000のボーナス
  • 序盤はアイテムやらお金やら武器、弾薬がほとんど持てない
  • ワールドの動物をハントして、皮を剥ぐ事で弾薬入れなどのアイテムを作っていく
  • 最上位のクラフトアイテムは、クエスト・ミッションじゃないと手に入らないらしい
  • 回復薬やブースト薬は、草を採集して作成する必要がある
  • 回復薬はワールドに落ちていることもある
  • コレクションアイテムは結構な数があるが、お店でマップが売っているので、面倒だが集めやすいかも

というわけで、ストーリーを進めながら、動物を狩り、ラジオタワーを有効化し、敵の拠点を潰していくってのが王道のススメ方なのかなと。

プチ日本語化とオフラインモードについて

このゲーム、UPlayに常時接続するので、UPlayのサーバに障害が起きると、シングルプレイだろうが問題が発生します。うちの環境だとこんなかんじになって

2012-11-29_00003

うわwwwHDR効き過ぎwwww

といわけでなく、単純にバグってるだけだったと。

さてこれの回避策ですが、オフラインモードで起動することで、ひとまずUPlayに接続せずにシングルプレイが可能になります。オフラインモードのやり方はこちら。

ショートカットまたは起動設定に

-offline

のオプションを付加

これだけで行けます。Steamなら、プロパティから起動設定で、-offlineって書くだけですね。

もうひとつ、プチ日本語化についてですが、レジストリをイジる方法もありますが、簡単なのは上記と同じように

ショートカットまたは起動設定に

-language japanese

のオプションを付加

するだけでいいです。これでUIまわりは日本語化されます。ただし、字幕が出なくなるので、ストーリーを理解しようとすると、ヒアリングに頼ることになります。

2012-11-30_00001

なもんですから、私はこの中途半端な日本語化については、やらないです。ヒアリングに自信がなく、結構なスラングでお喋りしてくちゃったりするので、話の内容追うのが大変なんで。UI部分の英語は大して難しいものではないので、この中途半端な日本語化はお勧めしません。