タグ別アーカイブ: server

新しいファイルサーバについて考える (2016)

積みゲー消化に忙しい私です、ども。

さて、今日の話題はPC関係のお話で、ファイルサーバについてです。

我が家のファイルサーバがどうも調子悪くなってきたので、そろそろリプレイスを考えないといけないかなと思う次第。

よくよく考えてみると、現在のファイルサーバを構築したのって、結構以前の話で、振り返ってみると2011年。今から5年前にさかのぼります。 続きを読む

サーバの移転を検討中です

ども、サーバ屋な私です。

要件?

仕事で、いろいろなサーバを管理してはおりますが、なんでプライベートでも管理せにゃならんのかと思い始めた今日此頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

現在このブログが動いてるサーバってのは、NECの安鯖を改造したものだったりするんですが、なんつーかH/Wのメンテナンスコストが高いんですよね。

不慮の事故で一ヶ月間ほどブログが停止したこともあるし。

というわけで、面倒な管理は外部にまかせて、サービスを享受しようかなと。

所謂、自宅サーバってのは、自由にできるという意味では実に魅力的なんですが、じゃーそんな細かいことするの?って言われると、大したことしないってなっちゃうんですよね。

現在メインで利用しているサービスってブログだけです。私はね。他の人はメールも使っていたりしますが、私はメールも利用してません。

というわけで、wordpressが動けばいいんですよ。

記事の移行について

このブログもなんだかんだで長く続いており、2004年の11月からの記録が残っています。実に長い。

初期は、tDiaryで管理しておりましたが、その後わりとすぐにMovable Typeに移行。
Movable Typeのサイト再構築にイライラが募ったところで、wordpressに移行、それから6年ほど経過。

さすがに記事の数も多くなってきて、右に配置してあるサイドバーのArchivesが長いこと・・・。

ここらで区切りをつけて、新規に始めようかと思い始めたところです。とは言え、古い記事自体は残しておきたいので、それはそれで古いコンテンツとして別のURLでアクセス出来るようにしておこうかなと。

共有レンタルサーバを探す

要件としては、

  • wordpress最新版が動く
  • マルチドメイン可
  • メールもそれなりに使える

ぐらいなので、大した要求ではないですね。

現在の候補としては、

  • お名前.com 共有サーバ SD-11
  • さくらインターネット レンタルサーバ スタンダード

で考えてます。

DTIのServerman @VPS も候補ではあるんですが、root権限とか面倒くさいからいらないんで・・・。

ただ、上記のレンタルサーバは、サポートが酷いっぽいんですよね。。。どうしたもんかな?

PRIMERGY MX130 S2を衝動買いした

後悔はしていない、ども私です。

旧メインPCはサブ機になったわけなんですけど、これがうるさくてかないません。メインPC用途としては、すでにリプレイス済みでありますが、サブPCとして絶賛稼働中なわけです。

どれぐらいうるさいかというと、睡眠に障害が出るんじゃないかと不安になるぐらいうるさいです。

また、常時動かしているプログラム類がまたヘビーで、CPU使用率も偉いことになっているし、メモリもカツカツな状態なので、これは本気でやばいかなと。ディスク周りも不安が残るので、これもリプレイスしないとなーと考えていたわけです。ま、予算の関係で先延ばしになっていたわけなんですけど。

で、ふとNTT-Xを見るじゃないですか、MX130 S2が安いじゃないですか、衝動買いしてしまいました。12,980円也。いちおうサーバ機の触れ込みです。

ですが、デフォの構成だと非力すぎるので、パーツを追加注文しました。祖父で。

CPU: AMD FX-8120
Mem: 8GB x 4
SSD: Plextor PX-128M5S
HDD: WD30EZRX-1TBP

追加パーツは4万円ほどです。CPUは換装、メモリは換装、SSDとHDDは増設って感じですね。

LinuxとWindowsをVMwareで動かす(予定)

まぁーものは届いていないんですけど、LinuxとWindowsを1台づつ稼働させる予定です。物理的には1台のマシンですから、当然仮想化環境を構築することになります。

最初はXenかなーなんて思ってたりしましたが、Windows動かすならVMwareのほうがよいだろうねって結論に達しました。XenはいちおうWindowsも動きますが、いろいろとアレっぽいし、LinuxのほうもXen Kernelとか面倒だしっつー結論です。

で、VMWareですけど、無料で使えるESXiを導入しようと思ってたら、なんか名前変わってたりするの・・・?とりあえず、VMware vSphere Hypervisorってやつを導入しようと考えています。

※有償版っていうか、有償のライセンスを購入すると、いろいろな機能が使えるようになりますが、個人ではとてもお高くて買えません。はい。私の記憶によると100万円からスタートみたいな感じだったかなと。個人レベルでは、無償版で十分です。

問題は、LinuxとWindowsの共有領域

導入するLinuxとWindowsはデータのやり取りをする予定なので、それぞれの仮想端末からアクセス可能な領域が必要になるわけなんですけど、これをどう実現しようか悩んでいます。

一番手っ取り早いのは、Linux側からSambaを動かして、Windows側はそれを参照するという具合ですね。この時のファイルシステムは、ま、なんでもいいですね。無難にext4とかにするかと思います。

共有領域用にSamba用のホストを動かそうかとも思いましたが、それはそれで面倒くさいし、リソース食われるしということで、おそらくは上記の構成で行く事になりそうです。

とりあえず

物が来ないと作業ができないので、物が来てからですかね。初めての作業も結構あるので、試行錯誤しながらの構築になるのかなと。

HP ProLiant ML110 G6がウルサクなってきた件

今日は夏日だったそうで、急に暑くなりすぎだろ・・・

お陰さまでML110G6のファンが高速状態になり、けっこうウルサクて困っていたり。

CPUやらシステムボード(PC自作erはマザーボードと言ったりするやつ)の温度センサーを、HPの管理ツールで確認すると外気温27度で各センサーは30度~42度となっていて、比較的低温。
ファンの回転数はシステムボード側で自動制御であるので、ファン自体を交換しないと制御が出来ないようだ。

安くてもサーバ製品ということで、セッティングは温度を低めに抑える方向になっているので、そのかわりファンは高速回転と・・・

うーん、これからしばらくはうるさいサーバと同居かぁー・・・

ファイルサーバのHDD充填 セットアップの巻き

先月末にセンチュリーの裸族シリーズ、裸族のインテリジェントビル5Bay USB3.0 eSATAコンボ CRIB535EU3を買ったわけですけど、まだHDDを突っ込んでませんでした。はい。んで、そろそろローカルHDDの容量も逼迫してきたということもあって、昨日HDDを5本買ってきたわけです。

3TBのHDDも初出から値段は下がってきているものの、まだまだバイト単価で2TBに及ばない価格なので、まーとりあえず2TBを5本でいっかなーなんて思ったしだい。バックアップのことも考えると、あまりボリュームをでかくしても困ってしまうかなーなんて。

で、HDD選定なんですが、結局WD20EARSを買ってしまいました。。。
今回はSeagateも選択肢に入っていたのですが、向かった店に置いてなかったり。
日立も考えましたが、あれうるさいし、速度は求めていないので。
というわけで、またWD20EARSです。WD20EARS何本買ってるんだ・・・。やっぱ日立がよかったかな・・・

さっそくHDDをケースに収納するわけなんですけど、これがまた「はまりがよろしくない」。
ちゃんとHDDがはまって電源を投入すると、そのスロットのLEDが点灯するんですけど、初回2つだけ点灯。
もう一度トライして、1番~4番まで点灯。5番目のスロットが点灯しない。
で、何度かトライしてたら、状況が悪化してHDDがものすごくはまりにくい事に。
半ば強引にはめたらなんとか5番目のLEDも点灯しました。
非常に作りが怪しいなぁ。まぁー安いものだししかたないのかな。。。

たぶんこのへんはバッファローとかのNASとかのほうが作りはしっかりしてるかと思います。

RAIDの設定はディップスイッチで行うか、専用のユーティリティソフトで出来るのですが、今回は専用ユーティリティで行うことにしました。
Linux環境とかで使う場合は、ディップスイッチで行うか、いったんWindows環境に接続して専用ユーティリティで行う事になるかと思います。
(マルチポートプライヤを使ってというのであれば、また話は別ですが)


専用ユーティリティソフトから設定していきます。


今回は5本でRAID5です。


RAIDフォーマットにどれだけ時間かかるのか心配でしたが、1分程度で終わりました。


RAIDフォーマットが終わったら再起動しろと言われました。素直に再起動します。

再起動後、Windowsのディスク管理からGPTボリュームとしてフォーマットします。
容量が大きいうえに、すぐデータを移す予定なので(バックアップはとりますが)、HDDにダメージがあると後で困るので、チェックの意味合いもこめてクイックフォーマットはせずに、時間はかかりますが通常フォーマットを行うことにしました。
で、このフォーマットには15時間ほどかかりました。


いちおう、ベンチマークを走らせてみたのがこのイメージ。
まぁーこんなものでしょう。今回は速度を求めていませんから、十分といえば十分です。


というわけで、8TB分の容量を確保しました。

これから、データを移設する作業が始まるお

HP ProLiant ML110 G6 with Windows 2008 Server R2 Foundationのセットアップ開始

安鯖でいいのないかなーとNTT-Xをしばらく見ていたわけですけど、富士通の安鯖は品切れ、通称鼻毛鯖も品切れ、HPのProLiantはいちおう在庫ありという状況でした。まー買うなら、Windows 2008 Server R2 Foundation Editionが付いてるヤツがいいなーと思っていたわけなんですけど、OS付きのやつは売り切れだったので、入荷待ちだったわけです。

で、ProLiantのOS付きが入荷したという連絡を受けたので、速攻でポチッてやりました。送料・税込で29,800円でございます。

簡単にスペックシート

HP ProLiant ML110 G6

CPU Celeron G1101 2.26GHz
メモリ 2GB (1333MHz DDR3 空3スロット 最大16GB)
HDD SATA2 160GB
拡張スロット PCIe x16(1) x4(2) PCI(1)

まーこれは手元にやってきたやつのスペックなので、いろんな構成とりうる製品であるので、詳しいことはHPのサイトを見てください。
ついでに、マウス(光学式じゃなくてボールタイプでしたが)とキーボードも付いてきます。

OSなしの場合は、16,800円なので、クーポンで1万円引きだったとは言え、サーバーOSが13000円で買えたと思うとラッキーなような。

eSATA-SATA変換プラケットを装着して、とりあえずハードウェアのセットアップは終わり。必要なら追加で変更をかけていく次第です。

で、添付されていたDVDからOSをインストールしていくわけですが、特にライセンスキーを入力することもなくあっさり終了。ま、OEMなOSだしね。

値段は安いわけですけど、作りはけっこうしっかりしてます。そこはさすがにサーバ機。
起動音こそ爆音ですが、一度動き出してしまえばなかなかの静音っぷりです。

ファイルサーバ用途なわけですけど、IISで遊んでみてもいいかなーなんて思ってみたり。
ま、ぼちぼち環境を整えていきますです。

自宅ファイルサーバ一歩前進

なんだかんだで、自宅のファイルサーバ計画が全然進んでいない現状があるわけなんですが、ちょっとだけ前進しました。

安鯖に2TB HDD×6でRAID5で、ブートはCFカードとか。
マルチポートプライヤ対応カードとケースで、RAID5やらRAID6とか。
まーいろいろ考えておったわけですけど、メンテナンス性があまりだよなーとも思いつつ以下のような構成に落ち着きそうです。

なんつーか、超普通wwww
eSATAで繋いでるだけじゃん的な。まーおっしゃるとおりです。

HDDケースには、これを選択。

アマゾンは在庫切れだったので、ドスパラWebにて注文。購入時で26000円ほど。
いちおうRAID機能はついていて、3TBのHDDも認識するよって品物ですが、コストパホーマンスの観点から言って2TBで行こうかと思ってます。ま、2TB×5(RAID5)でも8TB確保できるし。
まー耐久性に関して言えば怪しい物がありますがね。。。

とりあえず、HDDケースは購入しましたが、HDDの注文はまだ出していません。ええ。
まずは手持ちのHDDからデータを復旧させることのほうが重要だったりするので。
HDDの発注は月をまたいでからと思っていますが、如何せんどのHDDにしようかお悩み中だったりするわけです。

ここ最近買った実績から言うとWestern DigitalのWD20EARSは初期故障率の高さから今回は遠慮したいところ。何本か購入しましたが、2本ほど壊れてます。初期故障期間を超えたものに関しては、今のところ元気に動いていますが、初期故障率がねぇ。。。高いのですよねぇ。。。
というわけで、今回は別のにしようかなって思っていたり。

用途はファイルサーバで、とりわけ速度が必要なわけではないので、今回はSeagateのST2000DL001あたりを狙っています。まだ出たばかりで、レビューが少ないわけですけど、結構静かということなのは確かなようです。ただ、SATA3対応製品なのに、SATA2でしか接続できないというファームウェアのバグがあるそうですが、どうせ今回のHDDケース内部はSATA2なはずなので、あんまり関係ねーかなーなんて思ってます。

で、とりあえずはHDDケースにHDDつっこんで、メインPCに接続しようと思ってます。この時点で、ファイルシステムはNTFSにほぼ確定なわけです。だって安鯖の調達が間に合わないんだもん。

で、安鯖には何がいいかなーって思っているわけなんですが、通称「鼻毛鯖」は瞬殺されちゃったし、富士通のPRIMERGY MX130S1は売り切れちゃったし、HPのProLiant ML110 G6はちょっとうるさいという話だし、あと出来ればWindows 2008 Server Foundationがついたやつがいいなーなんて思っていたり。
省スペースの観点からは、PRIMERGY MX130がよさげなんですが、Windows 2008 Server Foundationがついたやつ出てこないかなー?あれば即ポチなんだけども。ちなみに、けっこう静からしいっすよ。

で、安鯖導入して安定しだしたら、今度はデータのバックアップも考えないとだめだよねって話になるんだと思うわけです。
一番簡単なところで考えると、HDDケースのセットをもう一つ追加で、定期的にSyncかけてやればいいわけです。

この構成なら、どこかに障害が出ても対応しやすい(金銭的にもダメージが少ない)わけです。

これとは別途、他の拠点にデータバックアップを持つことになるので、データの冗長性という観点から言うと、個人レベルならこれで十分ではないかと。

安鯖の調達が遅れるようだと、そのままメインPCに接続して終わってしまいそうな感じではありますが、ひとまずは8TBのディスクスペースを埋める作業に没頭しようかと思います。

時代はクラウドなんだよ!

と表題に息巻いてみたものの、クラウドの厳密な定義ってちゃんとあったっけ?なんて思いつつも、このブログを始める以前から稼動しているサーバ環境に限界が見えてきたというお話です。

今から何年前でしょうか、もともとは、ゆ。の人他が利用していたwaterblue.netのサーバを自家サーバに切り替えて、その頃から私も管理者側として運用に携わってきたわけなんですが、如何せん毎年のように起こるH/W障害で、人的リソースを投入せざるをえない(まー自分なんですが)という事が定期的に起こるわけです。

如何せん、企業で使っているようなシステムに比べると安い部品を使っていることもあって、毎年どこかが壊れるわけです。とりわけ、HDDの故障はしょっちゅうなんですが、RAIDコントローラーが壊れたり、マザーボードが壊れたりと、いろんなところが壊れたりするわけです。かつては、八王子に自家サーバをおいていたわけですが、その家は頻繁にブレーカーが落ちるという素敵仕様でして、UPS繋いでいないため、これまた故障の原因になっていたわけです。また八王子在住の自宅警備員がちゃんと警備してくれないおかげで、電源が落ちてから起動するまで数日かかるということもざらでした。というわけで、環境改善のために八王子から横浜の自宅警備員の元へ自家サーバは移動し、H/Wのほうも安鯖(改)ですが、リプレイスを行うという事をしてきました。

で、今度の地震。我が家は停電に陥ったわけですが、幸いなことに横浜のほうは停電をまぬがれたようです。しかし、計画停電がやってくるということで、サーバを落とさざるをえないという結論により、シャットダウンさせたわけですが、これがまた正常にシャットダウンが出来なかったそうで、なんとも。お陰さまで、HDDのほうが怪しいという状況で、自家サーバが立ち上がらないという障害により、2週間ほどサーバが停止しておったわけです。

お陰さまでこのブログのアクセス数もダダ下がりです。本当にありがとうございました。

現在、自家サーバで稼働中のサービスは、大きく分けて5つ

  • DNS
  • Web系サービス
  • メールサーバ系サービス
  • 認証系サービス
  • ファイルサーバ系サービス

Web系サービスは、現状ではこのブログを含めて数個のブログが稼働中です。
メールサーバ系サービスは、私はほとんど使っていませんが、waterblue.netドメインでのメールアドレスを使っているのがいることと、MLがいくつか稼動しているようです。
認証系は他のサービスと連携するようにOpenLDAPが稼動しています。
ファイルサーバ系サービスは、CIFSの他にWebDAVやらFTP(secure)やらなんやらが動いていますが、基本的には内向きです。

このうち、ファイルサーバ系サービスを除く他のサービスは、ちょっとデータセンターに移動しちゃわないか?という空気が強くなってきたわけです。最近だと、安いVPSサービスが多くなってきたので、ぐっと現実味が帯びてきた感じがします。本気で。

さすがに、テラバイトクラスのファイルサーバを外に出すのは、金銭的に厳しい物があるので出しませんが、他のサービスはVPSサーバへの移設(特にDNS)を本気で考える時がやってきたと思う次第です。

まわりの反応が薄いので、これまた時間がかかりそうですが、ぼちぼちやっていこうかと思います。

Friio回収 他

どうにも壊れたと思わしきFriioを交換するため、ゆ。のところにFriioをとりに行ってきた。
んで、持ち帰ってPCに新しいFriioをつなげてみると、あっさり動いた。

やっぱり、Friioが逝ってしまわれたようだ。

さて、ゆ。の家でファイル共有サーバが欲しいねなんて話を、ちょっとしていた。
当初、うちに置くかなーなんて考えていたけど、よくよく考えたら、既存サーバにディスク追加でいけそうってことで決着。1TBか1.5TBのディスクを3本で共有領域を作って、WebDAV(https経由でアクセス)で共有をかけるというイメージ。
バックアップの関係上、新しくXenのDom-Uを作ることになると思われる。

ついでにファイルの上げ下げが多発しそうだから、KDDI光(ギガ特)に乗り換える手続きに入っておいた。
そんなところ。

サーバのマザーを変更したでござる

8日のエントリーで、サーバのマザーを交換すると宣言したわけですが、今日交換作業を行いました。(まぁ実際に交換作業をしたのは、ゆ。なんですけどね)

で、結局マザーを何にしたかというと、NEC Express5800/110Geというエントリー向けサーバからマザーを引っこ抜いてやった。
このサーバ機は、NTT-Xストアで12,800円で買ったもの。。。w
もちろん新品。

ま、実際は。
既存サーバからCPUとHDDを引っこ抜いて、この110Geに乗せ変えたらしいが。
電源もそんなうるさくないらしいし。

サーバ機のメモリも8GBまで乗っかってるので、これでサーバ上でWindows動かせるぞっ。
ってことで、Windowsにメモリ2GB割り当てて、動かしてみたけど、、、なんか重い。
どこがボトルネックになっているのか、まだ不明だけどね。。。

そのうちWindows側をチューニングするかな。