タグ別アーカイブ: TV

2011年5回目の朝生の感想というかメモ

放送中にメモをとっていたが、放送後にゲームして、寝て起きて、またゲームとかしてたら、内容が頭の中からだいぶ吹き飛んだ感があるので、雑なメモ程度ということで。

今回のテーマは「激論!東日本大震災50日! ~今、何をすべきなのか?~」

まずは原発の話。
だが、夜食作っていて冒頭の部分は見ていない。
どうも、福島第一原発の原子炉の現状は誰もわかってないという話をしていたようだ。
これは細かく調査しにいけてないからという事らしい。
やっぱりそうだよねって話ではあるのだけど、マスコミはそういう話はしないから、「現状がどうなってるかわからない」という事がわかってよかったねという結論に至る。

原発対応のマネージメントがダメだねって話。
現在は東電が保安院の監視のもとで作業を行っているが、権限がないから出来ることも出来ないとかなんとか。だから権限を持った専属の政治家とかがちゃんとコントロール出来るようにしないとねって話だったけど、これは他でもいろんな所で言われてる話なので割愛。

ここで緊急地震速報が入る。渡辺さんが緊急地震速報のメッセージを読み上げるが、ここで田原総一朗が”ちゃちゃ”を入れる。「スタジオのみんなは机の下に潜れってこと?」
すると渡辺さん「今、テレビに向かってしゃべってますから、田原さん話しかけないで」と軽くキレる。
まぁースタジオは天井にライトとか吊るしてるから、大きい地震でライトが落ちてくると危ないから、田原さんの疑問は正しい。ただ、その時には既にスタジオは少しだけ揺れていたのだが、田原さんは揺れに気づかなかったようだ。まぁー歳だしね。

規制値20mSv/yに関する質問
そもそも低量放射線被曝に関する研究は行われているが、よくわかっていないところが多い。そのため、専門家の間でも意見が分かれるから、結論が出ないね。

脱原発か推進するのか?
原発は原則40年で廃炉にするが、原子力推進の立場の石川さん曰く「原子炉は40年と言わず、今後は50年、60年、100年と持つようになる。それぐらい耐久性が高い。だから40年で廃炉にしなくてよいだろう」的な話。

原発は震災以降、精神的負担が大きくなっていて、原発欝と呼んだほうがいいような患者が増えている。
香山リカ「ウクライナではチェルノブイリ事故以来、自殺率が年々高くなっている。」
俺の反応。ウクライナ・・・のデータとか・・・。安易に考えられる他の要因が大きすぎて、核不安と自殺率の関連性を指摘は出来ないだろう。

自民党小野寺さん。保健所の指導が入って、現在では炊出しが出来ない。なので、カップラーメンとオニギリ2個。
俺の反応、保健所・・・馬鹿だのぅ。
さらに、雇用保険で研修という形で保証が行われているが、「現場ではビジネスマナーの研修が行われてる。研修をしてるほうも、うけてるほうも、「なんで俺はこんな事をしているんだろう」という状況がある。一言、研修メニューに現地復興という文言を入れてくれれば、現地作業が出来る」

仮設住宅入居が進まない理由
・阪神大震災の時と違って、仮設住宅のメーカーが在庫をあまり持ってない
・抽選が行われたが2割が辞退したという話があり、コミュニティーまるごとどこかに移す事を考えないと難しいね
・土地がない

復興会議の話
学者ばっかで、官僚出身、財界の人がいない。
復興の話とは産業を復興するという話であるby小野寺さん
今回の復興会議のメンバーじゃどうにもならん
復興会議で最初に出てきた話が増税。復興会議を動かしているのは財務省。
復興会議のメンバーは二桁人数。多すぎて、事務方が会議のすべてを動かす。だから増税の話が出てくる。
復興会議の他に似たようなのが20個以上ある。なんなんだそれは。

復興のお財布はという話
当面は国債ということになるだろう。額はまだ不確定だが年間5兆円とかが数年。だが国債は償還しないといけないから、そのうち増税という話になる。by政治家
日銀引受でもいいじゃない、コンソール債という方法もあるじゃない、増税しないでやりようはいくらでもあるじゃないby高橋洋一

総括
小野寺さんが居たおかげで、いつもよりも建設的な話が出来ていた印象。
直近の課題というものが見えてきた。と、同時に現政権がいかにマネージメントが出来ていないかという結論に至ってしまう。

2011年初の朝生が久しぶりに活性だった件

いつもより長い放送時間(約4時間)で、やってた朝生を全部見ましたが、新たな試みもあり、新たな発見もあり、なかなか楽しめるものでした。今回は、「激論!萎縮する日本~行き詰まりからの脱却~」をテーマに議論がされたわけだけど、記憶の範囲で感想を書くとにします。
続きを読む