NieR:Automata をXbox GamePassでプレイしてみて

どうも私です。久々にblogを更新しようと思い立った出来事があったので、更新してみることにします。

本題はXbox GamePassではなく、NieR:Automataとなります。発売から3年以上経過しているので、未だに遊んでいる人はほぼいないでしょうが、NieRシリーズの新作も出るようですし、少しはいると思いたいところです。

と言うわけで、本題のNieR:Automataについて。

続きを読む

黒い砂漠 – day 17

PS4の砂漠で一週間、どうも私です。

プレイ開始から一週間経ちましたが、現在レベル59です。って言うか、レベルキャップがよくわかっていません。いったいどこまで実装されているのかわかってないんですよね。

と言うわけで、レベル59までの話と、今後の予定について

続きを読む

Borderlands 3 (3) FL4KとMozeで2周しました

どうも私です。ボーダーランズ3もリリースから2週間ほど経ちましたが、若干ボーダーランズ熱は下がってきているものの、依然としてプレイしております。

この間にアップデートが1回、ホットフィックスが2回でており、バランス調整が行われていて、FL4K最強じゃね?からFL4K弱くね?に格下げされてしまった感がありますが、現在の私のメインキャラはMozeです。

ええ、グレポンです。と言うわけで、今日はFL4KとMozeについて書いていきます。

続きを読む

Fishing Planet – Day 6

ども、私です。

PS4でFishing Planetをプレイするときは、必然的にコントローラで操作することになるんですが、餌釣りでもルアー釣りでもコントローラが振動するので、インジゲーターとにらめっこしなくていいので、非常に助かります。

PC版でも出来ないかな?って思ったんですが、手元のmacOSだとコントローラを認識してくれなかった……。

と言うわけで、今日は前回予告した、Oregon Falcon Lakeについてです。

Rainbow Troutを中心としたお金が稼ぎやすいマップ

Oregonはレベル14から行くことが出来ます。

私が使ったtackleはこんな感じ

  • Rod : FeatherLight 215
  • Reel : Prima 2500
  • Line : Braid 0.18mm
  • Lure : Narrow Spoon 7g,#1/0

ルアーは、Narrow Spoon 7g,#1/0を3色用意して、当たりが少なくなったなと思ったらローテーションする感じです。ラインはBraid系統を使ってしまいましたが、ルアーならFlouro系統を使った方がよかった気もします。

スタート地点をTrout Lairにすると、正面に滝が見えるので、その方向にルアーを投げて、底を探すようにStop&Goをすると、いい具合にRainbow Troutがかかります。

他に釣れるのは、少し右を狙うとRedband Trout。Redband TroutはRainbow Troutに比べ小さめですが、1kgあたりの価格はRainbow Troutに比べ高めに設定されています。Common級で1kgあたり200 creditsです。

滝の左側に見える崖付近は、Brown Troutが生息しており、こちらも悪くありません。ただし、本当に崖付近にしかいないので、少々狙いづらいところです。

餌釣りも試してみたんですが、どうやら魚は底の方にいるようなので、ウキ下を最大の250cmにしてもまだ足りないのか、あたりが少なかったです。ちなみに餌釣りのtackleは、walleyeの時とほぼ同じ。ここはあまり餌釣りに向かないのかもしれません。探せば餌釣りに向くところもあるかと思いますが、私にはわかりません。

レベル15だと20kg入るkeepnetを使えるので、Common級のRainbow Troutが1kgあたり170 creditsなので期待値としては、1日あたり3,400 creditsになります。Travel Feeが4,000 credit、fishing feeが1日当たり 900 creditsなので、2日以上で黒字になります。

私の場合は、レベル15からレベル22になるまでに、ゲーム内で10日かかりました。本当はレベル23まで引っ張りたかったんですが、ライセンスが切れてしまったので、HOMEへ帰ってしまいましたが、そのまま居座ればよかったと後悔してます。それぐらいこのレベル帯では、このマップが稼ぎやすいです。

と言った所で今日はここまで。次回は、Florida Evergaldesでのバス釣りに行きたいと思います。

謎のPS4コントローラを買いました

どうも私です。

先々週ぐらいですか、HITMAN2にDLCが来ていたので、プレイしていたのですが、どうにもPS4コントローラの調子が悪い。具体的にはL1ボタンの反応が悪い。HITMAN2ではL1ボタンを押しながら移動で、走ることが出来るんですが、反応が悪いものだから、走ったり止まったりで変な挙動をする47(HITMANシリーズの禿主人公です)で気持ち悪かったので、新しいコントローラを買いました。

それがこちら

QtuoとかいうメーカーのPS4コントローラです。いったいどこのメーカーだよ……。まー中華でしょうね。届いた箱にはMade in Chinaって書いてありますし。

さてなんでこのコントローラを選んだかというと、いくつか理由があります。

  1. ボタンレイアウトがXbox 360のコントローラとほぼ同じ
  2. 有線なので充電とか気にしなくて平気
  3. お値段安め
  4. 連射機能あり
  5. PS4の他に、PC/PS3/Androidに対応
  6. 安心の18ヶ月保証

ってな感じです。PS3やAndroid対応はどうでもいいんですが、ボタンレイアウトが360コントローラとほぼ同じってのは私的にポイント高いです。360コントローラを5個とか持ってる私が言います。

実際に手に取ってみると、ほぼ有線360コントローラです。重さもほぼ一緒。ただUSBのケーブルは私にとって短い(たぶん1.8mぐらい)ので、3mの延長USBケーブルを使って接続しています。

3Dジャイロ機能はないようですが、あんなのなくてもたいして困りません。あの機能を使うタイトルってほとんどありませんし。

アマゾンのレビューでは、いくつか不具合的なものが報告されていますが、私の個体では発生していないので、品質のバラツキがあるのだと思います。

ただ困ったことが3点ほどあります。

1つめの困ったこと。それは、L2/R2トリガーに遊びがほとんどないこと。Borderlands 2をプレイしたとき、押しているつもりはなくても、難度も誤射をしてしまうぐらい敏感に反応してくれます。指の置き場に困る〜。

2つめの困ったこと。LEDがちょっと眩しい。純正のPS4コントローラって、光るじゃないですか。このコントローラも同じで光ります。さらに□△×○(XYAB)ボタンも光ります。なお配色はXBOX系列の色の模様。で、この光がちょっと眩しいです。夜中に部屋を暗くして遊んでいると、結構邪魔な光に見えます。

3つめに困ったこと。有線コントローラの宿命なんでしょうけど、PSボタンに相当するHOMEボタンを押しても、PS4の電源入りません。サスペンドからも復帰しません。なので、純正のPS4コントローラで電源入れてから、このコントローラでサインインするという事をしています。純正コントローラは退役できなかった。

まー現状では致命的な欠点は出てきていないので、PS5が出るまでこれで戦おうかと思います。

と言った所で、今日はここまで。

Fishing Planet – Day 5

PS4でFishing Planetを再開した私です、ども。

いや、なんとなくプレイしようかなーと思ったんですけど、PS4版が存在することに気づいて、北米アカウントでダウンロードしてしまいました。また最初からなんですけど、2度目だし今度は効率的に出来るかなーって、思ったんですが、いろいろと覚えていないもんですね。

さらに休眠している1年半の間で、いろいろと変更もあったみたいで、ヨーロッパ地域が追加されていたり、Bottom Fishingなる釣法が追加されていたり、無課金プレイヤーには結構厳しいバランス調整が入っているらしいのです。詳しくは調べていないのでよくわかりませんが、PS4版は国内アカウントでゲームを始めてしまったので、課金が難しいのです。仕方ないので、無課金でいけるところまで行こうと思っています。

PS4で再開して、3日目ですけど、とりあえずOregon Falcon LakeでTrout釣りが出来るまでにはなったので、その模様をダイジェストで。

Texas Lone Star Lakeでバス釣り

このゲーム、チュートリアルでBait Fishingの説明はあったんですが、Lure Fishingの説明がないんですよね。なんとなく覚えていたので、問題はなかったんですが。

最初のマップは、旅費が発生しない救済エリアの要素を兼ね備えていて、とりあえずここでお金と経験値を稼ぐしかありません。

で、このマップで効率的に稼ぐとなると、バス釣りだろうと言うことで、Bait Fishingでお金をちょっと貯めつつ、Lure Fishingの準備です。

と言っても、初心者向けのルアーセットなんて高くもないし、橋からルアーを投げるだけなんで、特に問題なく……。

レベル4からMissouri Mudwater Riverに行けますが、調べた範囲だとあまり稼げないようなので、結局レベル10ぐらいまで、ずーっとSpotted Bassを釣ってました。はい。

New York Emerald LakeでWalleye釣り

1年半の時を経て記憶をほじくり返すと、walleyeでお金を稼いだ気がするんです。ググってみると、自分のサイトが出てきました。。。そして、そのときのtackleをちゃんと書いてない。なんてこった。

どうやら、以前はLureでやっていたみたいですけど、Bait Fishingで挑戦する事にしました。いや、仕事の合間にゲームしてると放置する時間が必要になるんですよ、ええ。

用意したtackle
  • Rod : OmniFloat 450
  • Reel : WinCast 2500
  • Line : Fluoro 0.2 mm
  • Float : Chubby Bobber
  • Hook : Hook #1/0
  • Bait: Small Minnows

Steamの掲示板で紹介されていた、Cheap Gearっつーことで、レベル9で全部揃います。

ウキ下は165cmを設定しました。

最初にEmerald Lakeに行ったさいに、OmniFloat 450とTeleFloat 450を間違えて持っていってしまい、もの凄い勢いでRodの耐久値が下がったのは内緒です。

ポイントと時間帯

以前は桟橋から右側に向いてルアーを投げていたようですけど、全然ヒットしなかったのでポイントを変えました。

Midland Charmのスタート地点から、左側に水草の生えたあたりがあります。その奥を狙って40mほどキャストするといいです。

walleyeは雨の日と夜間に活性化するとのことなので、雨の日以外は夜に釣りをすることを考えます。ただ、夜でも活性が低い時間帯は、食いつきが悪いので、活性の高い時間を狙った方がいいです。

5日分と思って、Small Minnowsを5セット(50匹)持っていったんですが、足りませんでした。結局、現地で割高とわかっていますが、餌のSmall Minnowsを何度か購入する羽目に。

そして途中で寝落ちしてしまった関係で、Advanced Licenseが切れてしまい、追加購入する羽目に。痛い出費です。

walleyeはこのエリアでは大きい方の魚で、Kgあたりの価格も高いので、金策およびレベリングには最適です。

と言うわけで、なんだかんだでレベルも15に到達。Oregonに向かう資金も出来たので、次回はOregonの話を書こうかと思います。

と言ったところで、今日はここまで。