投稿者「rico」のアーカイブ

Fishing Planet – Day 6

ども、私です。

PS4でFishing Planetをプレイするときは、必然的にコントローラで操作することになるんですが、餌釣りでもルアー釣りでもコントローラが振動するので、インジゲーターとにらめっこしなくていいので、非常に助かります。

PC版でも出来ないかな?って思ったんですが、手元のmacOSだとコントローラを認識してくれなかった……。

と言うわけで、今日は前回予告した、Oregon Falcon Lakeについてです。

Rainbow Troutを中心としたお金が稼ぎやすいマップ

Oregonはレベル14から行くことが出来ます。

私が使ったtackleはこんな感じ

  • Rod : FeatherLight 215
  • Reel : Prima 2500
  • Line : Braid 0.18mm
  • Lure : Narrow Spoon 7g,#1/0

ルアーは、Narrow Spoon 7g,#1/0を3色用意して、当たりが少なくなったなと思ったらローテーションする感じです。ラインはBraid系統を使ってしまいましたが、ルアーならFlouro系統を使った方がよかった気もします。

スタート地点をTrout Lairにすると、正面に滝が見えるので、その方向にルアーを投げて、底を探すようにStop&Goをすると、いい具合にRainbow Troutがかかります。

他に釣れるのは、少し右を狙うとRedband Trout。Redband TroutはRainbow Troutに比べ小さめですが、1kgあたりの価格はRainbow Troutに比べ高めに設定されています。Common級で1kgあたり200 creditsです。

滝の左側に見える崖付近は、Brown Troutが生息しており、こちらも悪くありません。ただし、本当に崖付近にしかいないので、少々狙いづらいところです。

餌釣りも試してみたんですが、どうやら魚は底の方にいるようなので、ウキ下を最大の250cmにしてもまだ足りないのか、あたりが少なかったです。ちなみに餌釣りのtackleは、walleyeの時とほぼ同じ。ここはあまり餌釣りに向かないのかもしれません。探せば餌釣りに向くところもあるかと思いますが、私にはわかりません。

レベル15だと20kg入るkeepnetを使えるので、Common級のRainbow Troutが1kgあたり170 creditsなので期待値としては、1日あたり3,400 creditsになります。Travel Feeが4,000 credit、fishing feeが1日当たり 900 creditsなので、2日以上で黒字になります。

私の場合は、レベル15からレベル22になるまでに、ゲーム内で10日かかりました。本当はレベル23まで引っ張りたかったんですが、ライセンスが切れてしまったので、HOMEへ帰ってしまいましたが、そのまま居座ればよかったと後悔してます。それぐらいこのレベル帯では、このマップが稼ぎやすいです。

と言った所で今日はここまで。次回は、Florida Evergaldesでのバス釣りに行きたいと思います。

謎のPS4コントローラを買いました

どうも私です。

先々週ぐらいですか、HITMAN2にDLCが来ていたので、プレイしていたのですが、どうにもPS4コントローラの調子が悪い。具体的にはL1ボタンの反応が悪い。HITMAN2ではL1ボタンを押しながら移動で、走ることが出来るんですが、反応が悪いものだから、走ったり止まったりで変な挙動をする47(HITMANシリーズの禿主人公です)で気持ち悪かったので、新しいコントローラを買いました。

それがこちら

QtuoとかいうメーカーのPS4コントローラです。いったいどこのメーカーだよ……。まー中華でしょうね。届いた箱にはMade in Chinaって書いてありますし。

さてなんでこのコントローラを選んだかというと、いくつか理由があります。

  1. ボタンレイアウトがXbox 360のコントローラとほぼ同じ
  2. 有線なので充電とか気にしなくて平気
  3. お値段安め
  4. 連射機能あり
  5. PS4の他に、PC/PS3/Androidに対応
  6. 安心の18ヶ月保証

ってな感じです。PS3やAndroid対応はどうでもいいんですが、ボタンレイアウトが360コントローラとほぼ同じってのは私的にポイント高いです。360コントローラを5個とか持ってる私が言います。

実際に手に取ってみると、ほぼ有線360コントローラです。重さもほぼ一緒。ただUSBのケーブルは私にとって短い(たぶん1.8mぐらい)ので、3mの延長USBケーブルを使って接続しています。

3Dジャイロ機能はないようですが、あんなのなくてもたいして困りません。あの機能を使うタイトルってほとんどありませんし。

アマゾンのレビューでは、いくつか不具合的なものが報告されていますが、私の個体では発生していないので、品質のバラツキがあるのだと思います。

ただ困ったことが3点ほどあります。

1つめの困ったこと。それは、L2/R2トリガーに遊びがほとんどないこと。Borderlands 2をプレイしたとき、押しているつもりはなくても、難度も誤射をしてしまうぐらい敏感に反応してくれます。指の置き場に困る〜。

2つめの困ったこと。LEDがちょっと眩しい。純正のPS4コントローラって、光るじゃないですか。このコントローラも同じで光ります。さらに□△×○(XYAB)ボタンも光ります。なお配色はXBOX系列の色の模様。で、この光がちょっと眩しいです。夜中に部屋を暗くして遊んでいると、結構邪魔な光に見えます。

3つめに困ったこと。有線コントローラの宿命なんでしょうけど、PSボタンに相当するHOMEボタンを押しても、PS4の電源入りません。サスペンドからも復帰しません。なので、純正のPS4コントローラで電源入れてから、このコントローラでサインインするという事をしています。純正コントローラは退役できなかった。

まー現状では致命的な欠点は出てきていないので、PS5が出るまでこれで戦おうかと思います。

と言った所で、今日はここまで。

Fishing Planet – Day 5

PS4でFishing Planetを再開した私です、ども。

いや、なんとなくプレイしようかなーと思ったんですけど、PS4版が存在することに気づいて、北米アカウントでダウンロードしてしまいました。また最初からなんですけど、2度目だし今度は効率的に出来るかなーって、思ったんですが、いろいろと覚えていないもんですね。

さらに休眠している1年半の間で、いろいろと変更もあったみたいで、ヨーロッパ地域が追加されていたり、Bottom Fishingなる釣法が追加されていたり、無課金プレイヤーには結構厳しいバランス調整が入っているらしいのです。詳しくは調べていないのでよくわかりませんが、PS4版は国内アカウントでゲームを始めてしまったので、課金が難しいのです。仕方ないので、無課金でいけるところまで行こうと思っています。

PS4で再開して、3日目ですけど、とりあえずOregon Falcon LakeでTrout釣りが出来るまでにはなったので、その模様をダイジェストで。

Texas Lone Star Lakeでバス釣り

このゲーム、チュートリアルでBait Fishingの説明はあったんですが、Lure Fishingの説明がないんですよね。なんとなく覚えていたので、問題はなかったんですが。

最初のマップは、旅費が発生しない救済エリアの要素を兼ね備えていて、とりあえずここでお金と経験値を稼ぐしかありません。

で、このマップで効率的に稼ぐとなると、バス釣りだろうと言うことで、Bait Fishingでお金をちょっと貯めつつ、Lure Fishingの準備です。

と言っても、初心者向けのルアーセットなんて高くもないし、橋からルアーを投げるだけなんで、特に問題なく……。

レベル4からMissouri Mudwater Riverに行けますが、調べた範囲だとあまり稼げないようなので、結局レベル10ぐらいまで、ずーっとSpotted Bassを釣ってました。はい。

New York Emerald LakeでWalleye釣り

1年半の時を経て記憶をほじくり返すと、walleyeでお金を稼いだ気がするんです。ググってみると、自分のサイトが出てきました。。。そして、そのときのtackleをちゃんと書いてない。なんてこった。

どうやら、以前はLureでやっていたみたいですけど、Bait Fishingで挑戦する事にしました。いや、仕事の合間にゲームしてると放置する時間が必要になるんですよ、ええ。

用意したtackle
  • Rod : OmniFloat 450
  • Reel : WinCast 2500
  • Line : Fluoro 0.2 mm
  • Float : Chubby Bobber
  • Hook : Hook #1/0
  • Bait: Small Minnows

Steamの掲示板で紹介されていた、Cheap Gearっつーことで、レベル9で全部揃います。

ウキ下は165cmを設定しました。

最初にEmerald Lakeに行ったさいに、OmniFloat 450とTeleFloat 450を間違えて持っていってしまい、もの凄い勢いでRodの耐久値が下がったのは内緒です。

ポイントと時間帯

以前は桟橋から右側に向いてルアーを投げていたようですけど、全然ヒットしなかったのでポイントを変えました。

Midland Charmのスタート地点から、左側に水草の生えたあたりがあります。その奥を狙って40mほどキャストするといいです。

walleyeは雨の日と夜間に活性化するとのことなので、雨の日以外は夜に釣りをすることを考えます。ただ、夜でも活性が低い時間帯は、食いつきが悪いので、活性の高い時間を狙った方がいいです。

5日分と思って、Small Minnowsを5セット(50匹)持っていったんですが、足りませんでした。結局、現地で割高とわかっていますが、餌のSmall Minnowsを何度か購入する羽目に。

そして途中で寝落ちしてしまった関係で、Advanced Licenseが切れてしまい、追加購入する羽目に。痛い出費です。

walleyeはこのエリアでは大きい方の魚で、Kgあたりの価格も高いので、金策およびレベリングには最適です。

と言うわけで、なんだかんだでレベルも15に到達。Oregonに向かう資金も出来たので、次回はOregonの話を書こうかと思います。

と言ったところで、今日はここまで。

Farming Simulator 19 序盤のTIPS

ファーミングシミュレーター19 PS4版(以下FS19)をポチりました。なんでPC版じゃないの?って思われるかもしれませんが、ゲーム用PCが壊れてしまっているので。あとデスクに向かってPC作業が辛い。主に腰の問題で。

と言うわけでFS19なんですが、序盤は資金面でかなり辛いです。そこで、序盤の金策について考えます。

経済性難易度を変更する

ゲーム設定で経済性難易度をいつでも変更可能です。(パッチ1.2からだそうで)

経済性難易度は、イージー、ノーマル、ハードと3つありますが、マゾの方以外はハードを選ばない方がいいです。

作物の売却価格についてなのですが、それぞれの作物においてベースとなる価格が設定されています。

経済性難易度は、このベース価格に影響を及ぼします。難易度ハードを100%とすると、難易度ノーマルでは180%、難易度イージーでは300%となります。

ここはお好みで変更して下さい。

要らない器具を売ってしまう

スタート時の選択にもよりますが、最初に持っている器具は性能が低いです。なので、上位のものに置き換えていきたい所ですが、上位の農具はお高い。そこで、まず最初に持っている器具は売却します。そして、まとまった資金を確保しましょう。

必要な農機具はレンタルしてしまえばいいのです。ただし、不必要になったら返却するのを忘れずに。

契約をしてトラクターなどを格安でレンタルする

以前はバイトなんて呼ばれていたと思いますが、今回は契約です。

今回の契約では、直接畑まで行く必要はなくて、メニューから請け負うことが出来ます。

ここで重要なのは、アイテムを借りる事です。

間違っても必要な器具を買ってバイトをしようとしてはいけません。(すでに持っているなら構いませが)

また、ここでアイテムを借りた場合、契約が終了になるまで利用可能です。契約終了は契約条件を満たすか、契約をキャンセルする場合なので、借りたトラクターなどは契約をわざと終了させずに、そのまま利用してもいいと思います。コンバインやカルティベーターなどは自分の畑には使えませんので、諦めましょう。

契約でのレンタルは、通常のレンタルに比べ遙かに格安で利用可能ですので、お得です。

収穫間近の土地を買い、収穫したら土地を売る

土地の価格は育成されている作物に影響を受けないので、序盤の農機具不足に悩む農家諸兄は、コンバインとカッター、トレーラーにトラックさえあれば、とりあえずのお金を稼ぐ事が可能になると思います。

レンタルする場合は、タイムスケールを実時間に

リース費用もバカになりません。タイムスケールを120倍にしていると、作業が終わらずにリース費用がかさむなんてことも。なので、リースをして作業をする場合は、なるべく実時間に設定しましょう。

HITMAN2 Second Impression

どうも私です。HITMAN2が昨日から正式にリリースになりましたね。

私の方は、一応全ステージをストーリーはクリアしておりますが、このゲームはリプレイを重ねるタイプのゲームですんで、まだまだプレイしていきます。

さて、前回はいろいろと書きましたが、今回はストーリーを一通り見た感想と、現時点での不満点、世間の評価と言ったところを書きたいと思います。

続きを読む

Gems of Warが面白いんだが

先月ゲームを買いすぎた私です、ども。

ブログにも書こうと思ったんですけど、積みゲーが増えてしまっては元も子もないので、ざっくりとポチったゲームを書くと…

  • Assassin’s Creed Odyssey (Xbox One)
  • Fallout 4 (Xbox One)
  • Hitman Season 1 (Xbox One)
  • Titan Quest (Xbox One Disc)
  • Valkyria Revolution (Xbox One Disc)

って感じですか。

あ、Shadow of the Tomb RaiderとGhost Recon: Wildlandsの先月か。やばいな。

Assassin’s Creed OdysseyとFallout 4はクリア済み。どちらもボリュームがヤバい。hitmanもクリア済みですが、全実績解除とまでは行かず。

と、仕事をほっぽり出して、ゲームの消化でヤバいことになってますが、気にしない。もしかすると上記タイトルも、そのうち何か書くかも。

さて、今日の本題です。

Xbox Oneは本体設定を変えると、簡単に北米のタイトルを入手できるのでいいんですが、無料タイトルは煩わしい北米ゲイツポイントとか要らないので、本当に嬉しい。

で、どんな無料タイトルがあるか調べていたら、Gems of Warなるタイトルを発見。これ、steamでも見たなーって思ったんですけど、スクリーンショットを見てカードゲームだと勘違いしていたみたいで、実はPuzzle Questの流れをくむ3 match puzzleゲームでした。

わい氏、3 match puzzleゲームは好物です。Puzzle Quest好きだったし。

と言うわけで、早速ダウンロードしてプレイしてみたんですが、プレイフィールはまんまPuzzle Questですね。1ゲームの長さも1分〜3分程度で終わる感じです。

プレイの感じは500以上あるTroopと200以上ある武器から4つ選んでデッキを組み、スキルを活用しながら3 match puzzleするって感じです。Troopも武器も育成が可能で、そこはPuzzle Quest的なRPG要素が含まれます。

ただし育成はマゾイ

1ゲームが短いとは言え、Troopを強化していくには、相当の根気が要ります。最大強化まで育成するには、いったいどれだけの時間を持って行かれるのか。。。

戦闘は3 match puzzleなので、単調とは言いませんが、farmingは相当必要なようで、精神的にかなり厳しいものがあります。

おそらく毎日ちょこちょことプレイ出来る人じゃないと、長続きしないと思います。

面白いんだけどさ……。

Troopや武器を手に入れる方法はもちろんガチャ。

欧州のloot box問題は大丈夫なんでしょうか。loot boxは何種類もありますが、有料じゃないと開けられないっていうのはないみたい、ゲームをプレイしていけばloot boxを開ける鍵を入手出来ます。ま、必要数は相当な数みたいなんで、厳しいですが。

と言うわけで、ちょいちょいプレイしていこうかとは思いますが、一体いつまで続けることが出来るやら。

と言ったところで、今日はここまで

Shadow of the Tomb Raiderの感想でも

Shadow of the Tomb Raider

いきなり画像を張り付けてみた私です、ども。

Tomb Raiderシリーズの最新作Shadow of the Tomb Raiderをクリアしましたので、その感想でも書こうかと思います。

続きを読む

Ghost Recon: Wildlandsをクリアしたので感想でも

ガッツリとゲームをプレイするのは久しぶりな私です、ども。
あ、ちょっとウソ。少し前に、Dragon Age: Inquisitionを結構ガッツリ再プレイしてた。

久々のゲームは、Ghost Recon: Wildlandsです。ええ、UBIから出ている、Tom Clancy関連のやつです。まー新作というわけでもなく、xbox one版がセールで安くなっていたので、購入したに過ぎないのです。

リリースから時間が経っている事もあって、今更感想書いても仕方ないかなーと思いつつも、自分が忘れないために感想を書いておこうかと思います。

続きを読む

リポップなる単語を使わないで頂きたい件について

どうも私です。

ここ1年以上、小説家になろうを毎日のようにチェックしている私ですが、最も人気のあるジャンルが、ハイファンタジー、次いでローファンタジーでしょうか。主にハイファンタジーを主体にチェックしていて、ローファンタジーに関しては、あまりチェックはしていないのですが、VRゲーム(SF)っつージャンルに関しては、ちょいちょいチェックを入れております。

VRゲーム(SF)ジャンルに属する小説は、主にVRMMORPGっつー現時点では実際にはないよねっていう架空の舞台を主とした物語で、言ってしまえばMMORPGってジャンルをプレイヤー視点で描いた物です。VRはおまけみたいなもの。

このジャンルで一番有名な作品は、商用作品になりますがソードアートオンラインになるでしょうか。ま、私は読んでないんですけど。

さて、本日の本題なんですが。小説家になろうに限った話ではなく、MMORPGに限った話でもなく、どっちかっつーとゲーム全般における用語の使い方に関する苦言と言いましょうか、愚痴と言いましょうか、不満がもっともなところなんですが、最も言いたいことは1つ。

「リポップなる単語を使わないで頂きたい」ということです。

まー、昔にも同じような事書いたと思いますが、また書きます。

恐らく私が初めてポップ/リポップなる単語を目にしたのは、2000年代初め頃だと思います。それまでは見たことがなかったと記憶しています。ポップ/リポップなる単語が登場したのは、いったいどこでどいつらが使い始めたのかわかりませんが、少なくともFinal Fantasy XIでは当初から使われていた単語であると思います。

MMORPG用語を解説するサイトでも、ポップ/リポップという単語は解説されています。まー内容は、敵キャラなどがフィールドに出現する事をポップ。一度倒した敵キャラなどが再度フィールドに登場する事をリポップ。なんて説明されています。

まーゲーマーなら、一度は聞いたことあるでしょう。日本語表現だと、「湧く」っていう言い方もされますが、それはここではどうでも良いです。

問題なのは、ポップ/リポップなる単語が英単語だと思ってる輩が多すぎ。そして、それを表現の場で使ってしまう。それがあたかも正しいかのように。

ポップ/リポップのスペルは、pop/repopであると説明されていますが、ちょっと待って欲しい。少なくとも私が使っている英字書には、モンスターが配置されるような意味を持つ説明は存在しません。すなわちこれ、和製英語と言えます。なもんで、オンラインで外人にpop / repopなんて言っても、通じません。まぁーあまりにも多くの日本人が使うものだから、一部の日本人プレイヤーとよく遊ぶ外人さんは、なんとなく意味が通じてしまうのかもしれませんが。

いいですか。ポップ/リポップに対応する英単語はちゃんと存在します。それがspawn/respawnです。カタカナ表記であれば、スポーン/リスポーンです。本当に、こっちの言葉をちゃんと使って欲しいと前々から思っています。

と言ったところで、きょはここまで。